人気ブログランキング |

「粋」は無理

珍しく2日連続で着た着物、2日目です。


例の「和の習い事」の忘年会が、
毎年、どこの忘年会よりも先に開催されます。
今年も11月の中旬にして、早くも開催。
まだ、全く「年の瀬」って気分ではないのですが(^^;;;


c0206047_22135299.jpg

着ていったのは、銅抜きのゼンマイ紬です。
帯は相楽刺繍のしゃれ袋(from ヤフオク)
いつもと違うのはこの日、帯結びを角出しにしています。
角だしは好きで、いつもしたいなぁと思っているのですが、
私が太いからでしょうけど、お太鼓を大きく膨らませたいのに、
普通の九寸ではこじんまりとしてしまいます。
また柔らかい帯ではふくらみを作れなかったり‥と、
かっこ良く出来る手持ちの帯がなくて、諦めてました。
でもしゃれ袋なら、
なんとか形を作る事ができるか?とチャレンジ。
前の晩、ちょっと特訓しておいたおかげで、
当日スムーズに作る事ができました。



同時に、角出しだと粋な感じになるので、
半襟もグレーの縞に変更。
しかしこれがなんとも居心地悪かった!
だいたい私は「粋」な感じが似合わないようです。
(細くないし、化粧もあまりしないし‥)
顔の傍の部品の変化はもの凄く、
イメージにも、それに自分自身の気持ちにも
変化をきたすようです。
これくらいの色なら大丈夫かな?と思ったのですが!
これから角だしをする場合でも、半襟はいつも通り
白にしておいた方が、私自身はリラックスできそうです。
帯揚げは帯と同じ色の茶、
帯締めは(色でてませんが)水色です。
合うのがなくて貝の帯留めにしてますが、
ちょっと季節外れでした。


c0206047_2214968.jpg

これに黒に雪華模様の羽織りを羽織っています。
まだ秋なのでこれで充分かと思ったのですが、
この日は夜、急に寒くなって、ショールが欲しいくらいでした。
季節は夜から変化するようですね。
これから夜のお出かけにはショールと、
手袋が必要かもしれません。
by r_gardenspace | 2011-11-25 22:15 | キモノ
<< 計算しない方が良い、南花壇 ゆるキャラNo.1(私的に) >>