タグ:おいしい物 ( 17 ) タグの人気記事

桃の節句前、二度目の「さゝ木」へ

急に暖かくなった3月初め、お友達に誘って頂いて祇園の「さゝ木」に
またもや!行って来ました。きゃーー!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

さゝ木さんと言えば、なかなか予約が取れない事で有名な、
ミシュラン**の料亭。
私ごときがそう何度も行けるようなお店ではないのですが、
(月一着物でご一緒するお友達の)お友達が、
4人で予約されていた席の、欠員がお一人出たということで、なんと!
ワタクシにお誘いの声をかけていただいたものなのです。
夜なら(価格的に)私にはちょっと無理ですが、ランチなら私メでも。。と、
もう、尻尾ブンブン振ってお言葉に甘えさせて頂きました!
ありがとうございます!

しかも今回通されたのは2階の個室!
さゝ木さんにはこんな空間もあったんですね〜って、なんで写真取り忘れたんだ?私



お料理は
雛祭り前だったので、桃の節句なお料理のオンパレード!

先付け
c0206047_064069.jpg

吸い物(ハマグリのしんじょう‥だったかな?蛤ゴロゴロ)
c0206047_065871.jpg

ウオゼ(確か)と山菜。このジュレ状のタレが美味!!
c0206047_072081.jpg

だし巻きとうなぎ(あれ?!穴子だった?!爆)
c0206047_073815.jpg

百合根とセリの揚げ物(お‥美味しいっ!!!)
c0206047_0853.jpg

白魚とキャベツの煮物?というのかな‥?
c0206047_084996.jpg

鯛めし(甘鯛だったか?)
c0206047_09420.jpg

トドメにでざーと!
c0206047_092331.jpg

↑これは一部ですが


はぁ〜〜〜(TToTT)大変、たいへんおいしゅうございました。
以前来た時も、こんな経験はそう出来るものではないと思ってたのですが、
思いもよらず、続けさまにこんな機会を頂くとは!!
感謝の言葉もありません。ありがとうございましたm(_ _)m
‥たぶんこれが最後の経験だったろうな‥と今更、感慨にふけっています
※お料理名、及び内容、的確な表現ができなくて面目ありません





さて・・・・・、着物ですが、
お料理だけではなく、私自身も春を意識して、
久しぶりに灰桜色の無地紬を引っ張り出しました。

実はこの着物、以前着た時にシミを付けてしまっていたのですが、
染み抜きの値段がネックになって、なんとなく悉皆屋さんに行くのを
先延ばしにしていました。
今回はどうしてもこの着物を着たくて、一週間ほど前に
慌てて悉皆屋さんへ。

余談ですが
染み抜き、今まで結構いろいろなところに持って行ってます。
飛び込み、紹介、色々と。
それでもいつも全く同じ値段なのがなんとも不思議。
今回は近所の(ネットでも受け付けている)大きなお店に持って行きました。
メニューでは染み抜き1000円〜になっていたし、
私の染みはほんの小さな点なので、もしかしたら安いかも?と
期待したのですが。。。
やっぱり同じ値段でした。3000円。
悉皆屋さんの業界って、価格カルテルでも結んでいるんでしょうか?(怒)
ちょっと高すぎますよね!
いつか安い店を見つけるまで、私、頑張って渡り歩くつもりです!

で、合わせたのは、
大好きな更紗の帯です。春らしい華やかさを狙って。
(これにいつもの絞り羽織りを合わせています)
c0206047_0111641.jpg

↑帰ってから撮っているので、暗くて相変わらず色が出てません(汗)
c0206047_012421.jpg

以前にもやったことのある定番のような組み合わせですが、
今改めて見ると、あまりにも色調などが合いすぎてて
面白みに欠けているように思えきました。
以前はこれしかない‥とまで思っていた組み合わせなのに、不思議です。
次回はもうちょっと面白くなるよう工夫しよう。

今回は、残念なことにお友達の着姿を撮るのを忘れました。
とーても力強い、かつシックな琉球紬をお召しだったのですが。。。
お友達の撮られた写真を頂いたら、アップすることにします。


3/24追記
写真を頂いたので。
お友達の装いは琉球絣にお雛様の模様の織りの九寸。
この帯(写真ではわかりませんが)春らしい若草色×萌黄色の、可愛らしいものでした。
洋装のお友達もお二人ともとってもおしゃれ!!なんですよ〜\(//∇//)\
この写真ではハッキリわからないのがなんとも残念です。

c0206047_10431182.jpg

[PR]
by r_gardenspace | 2012-03-08 00:23 | キモノ

2月の月一着物(でランチ)+建仁寺

ご一緒したMedalogさんがとっくにレポートされたというのに、
私はやっとこさ‥こんなこっちゃいけませんな!

先日の土曜日18日に、恒例月一着物でランチに行って来ました。
この日に行くというのは少し前から決めていたのですが、
天気予報によるとなんと、この冬一番の寒気がやってくるとのこと。
案の定、前日の金曜日の夜から雪が降り始めました!
夜ベランダから撮った写真がこれ
c0206047_2341641.jpg

朝起きるとこんなことになっておりました。
c0206047_2343395.jpg

20〜25センチくらい積もっていたでしょうか。


それでも、出発する頃にはだいぶ雪も溶けて、
着物にブーツ‥なんてことにならなくて良かったです(^^;;;
行ったのはリストランテ245というお店。
いつものことながら、なんの予備知識もなしで決めたのですが、
お店もおしゃれで(しかも私たちは個室(^^))
お料理も美味しく、美しい!!正解でした。
以下写真だけ。
c0206047_2351570.jpg

c0206047_2353346.jpg

c0206047_2354861.jpg

c0206047_2361388.jpg

(このあとはデザートと飲み物(とビスコッティ))
私達が頂いたのは2つあるコースの内の安い方(3500円)でしたが、
量的にも充分。大満足でした。




その後いよいよ、
京都に暮らして ン〜じゅう年、未だに足を踏み入れたことのなかった
建仁寺に向かいました。
この日は、昼間でも(四条でさえ)雪がチラチラしていましたので、
有名な潮音庭も雪がまだこんなに残って‥↓

c0206047_23114612.jpg

国宝の俵屋宗達の風神雷神図屏風が、国立京都博物館に
寄贈(?)されているという事は、ちょっと前に聞いていたのですが、
c0206047_2385941.jpg

↑コレは陶板のレプリカかな?
まさかほとんどの(全部?)襖絵などがデジタル複製されたものとは!
(どの説明にも下の方にCanonの社名がはいっていましたからね)
c0206047_23104585.jpg

↑ボケボケ写真でお恥ずかしい。。海北友松「雲龍図」デジタル複製
まぁ保存他を考えると、この方が良いのは当たり前ですね。
そしてさすが日本の技術(ヨイショ!)どの複製も、本物にしか見えない!
その上、こうやって写真撮影オッケーなんですから、
観光客にとってもいいこと尽くめですね。
そんな中、唯一、
この天井図(小泉淳作「双龍図」)だけは本物のようです(ですよね?建仁寺さん!)
c0206047_23111453.jpg

ここも太っ腹で写真撮影オッケーでした。
なんとも迫力満点でしょ?!
あまりの迫力に、
もしかしたら相国寺(や泉涌寺など?)の天井画みたいに、
下で手を打ったら龍の鳴き声が聞こえる‥なんてことになってないか?と
もちょっとで柏手しそうになりましたが。いや、打ったら聞こえたかも!?





さて
この日の着物ですが、見事に三人揃っての写真がない!
私はいいとしても、Medalogさんとお友達の、お二人のものも、
なんともトホホな逆光具合で‥ 失敗でした。
なのでMedalogさんの素敵な着姿はMedalogさんのブログで、
どうぞご確認くださいね(^^)
お友達は明るいグレーの無地結城に、ブルーの絞り九寸。
以前平成中村座観劇の時もこの帯をお締めでした。
私はいつもの焦げ茶の無地紬にお正月にも締めた辰の帯。
c0206047_2313644.jpg

色がでてないので↓
c0206047_23132297.jpg

コレにこの間も着た白の洋コート。
今回こそ写真を‥とも思いましたが、冷静な目で見ると
お見せできるバランスではなく‥(哀)今回もご勘弁ください〜
[PR]
by r_gardenspace | 2012-02-22 23:34 | 京都でのこと

三年ぶりのレストランと、京の小袖展へ

またまた‥またもや久しぶりの更新です。
ここのところ日々の生活に追われてます(^^;;;;
ガーデニングに まる一日費やせる日は皆無。
夜、こうやってPCの前に座る事の出来ない日も続いたりして、
気になるお友達の所にも足跡を残すどころか、遊びにも行けなくて
なんともご無沙汰、非礼を重ねてます。申し訳ありません。


着物も、思えば一月半ほども着てませんでしたが、
先日、久しぶりにお友達と着物で「京の小袖」展へ行き、
月一着物のノルマはなんとか達成できました。
その時のことなど。。




展覧会の前に先ずはランチ。向かったのは、
姉小路×高倉にある「ルナール・ブルー」です。
数年前からある有名なフレンチで、二度目の訪問です。
前回の訪問は約3年ほど前。
美味しいと評判の店なのに、なぜ暫く間が空いたかと言うと
実は、
前回お食事にいった、2008年の夏は大変だったのです。

一緒に行ったのは着物友達4人。
確かコンサートを楽しんだ後の夕食、
みんな浮き立った気分でお店へ行ったのですが、
なんともはや、運が悪いというか‥‥
その日、お店のエアコンが壊れていたのです。
夜とはいえ暑い梅雨明けの7月、
私たちはかなりの忍耐で食事をしましたが、
最後の方は‥ほとんど全員、限界でした(爆)
お店の方は平謝りで、
もちろんお代も取られなかったのですが、
それでも今まで、また行こう、と
いう気にはなれませんでした。
みんなの感想は「お味は美味しかったんやけど‥」
私はといえば、予約した張本人である手前、
申し訳なくて味どころではありませんでした。
今まで色々なサイトでお店の評判を読む度に、
とーても複雑な気分だった訳ですが‥
今回、
再訪の機会を得て、やっとじっくり味わうことが出来ました。
お味‥、評判違わず、美味しかったです。
お代も(2600円!)安かったですし。
以下写真です↓

最初の前菜盛り合わせが、
見た目もとっても華やかで美しかったのに
写真に撮るのを忘れたのが悔やまれます。

スープは二種類から
私はきのこ(ポルチーニ(^^))のスープ(もっと欲しかった!)
c0206047_1413687.jpg

お友達は人参のスープ。
c0206047_1415745.jpg


メインはお魚(マト鯛)その他お野菜もたっぷり。
c0206047_1422937.jpg


デセール
上に乗ってる飴細工が素敵。
c0206047_143516.jpg


今回は大満足のランチでしたが、
食事中、つい何度もエアコンを睨んでしまう私に、
お店の方は気付いたでしょうか?笑
ともかく
今回はちゃんとお支払いして、お店を後にしました(^^;;;;


この後、
京都文化博物館で開かれている「京の小袖」展に。
着物の原型である小袖。
桃山~江戸時代に創られた素晴らしい小袖を、
なんと180点も見られる展覧会です。
まずそんなに古い着物が今も残っている事に驚かされますが、
そのデザイン性の高さにも驚かされます。
もちろん時代を追って変化していくデザインも興味深いです。
ほとんどが上流階級の方の「衣装」なので、
実用性に欠ける華やかな「アート」ですが、
中には‥特に夏物の、麻の生地に模様を染めただけのような物は、
今でも着たくなるような物があり、
着物の普遍的な美はこの頃から完成していたんだな‥と実感しました。
着物好き、衣服好きの方はきっと楽しめる展覧会だと思います。
会期は12月11日まで。
因に着物を着ていくと入場料200円割引です。お早めに。


さて着物です。
そんな華やかな場に着ていった着物、
先ずはお友達のは
c0206047_154306.jpg

カフェオレ色の格子がなんとも可愛い紬。
このグラデーションのある格子は、
カジュアルなイメージそのまま、格子本来の堅さが和らぐ
女性らしい、良い格子ですね。
そしてまたこの九寸が素晴らしい!
この更紗の帯は裏にも可愛い柄が染め抜かれていて、
お見せ出来ないのが残念です。
帯揚げも、凝った絞りが施されていたものなのに、
見えていないですね。撮影者の注意不足!すみません
ポイントに使われた帯留めが、華やかさと季節を表していて‥
なんとも‥素敵でしょう?(^-^)

そして私‥
まさに展示物を引き立てるような地味なコーディネイト(爆)
c0206047_1545057.jpg

この紬はずいぶん昔、まだ全然着物の事が判っていない頃に
安さに引かれて買った物で、どこで作られた物かも不明です。
当時は今以上に洋服感覚だったので、
ちっとも地味だとは思わず買いましたが、
これを着ると必ず母が
「おばあさんみたいなん着て」と言います(笑)
この地味さを帯でなんとかしたいと、毎回悩みますが、
未だに解決策を見いだせず、悩みの種の着物です。
今回も只ひたすら、おばあさん仕様。
もう一色入れたら良かったかなぁ‥‥?



さて、この翌日、珍しく連続で着物を着ましたので
それは明日にでも。
[PR]
by r_gardenspace | 2011-11-24 02:00 | 京都でのこと

初体験尽くしの‥

このブログを始めてから、
ブログが縁でお付き合いをさせて頂いていた
ブログ先輩・Medalogさんと、
先日初めてお会いして、お食事に行って参りました。

行ったのはあの有名な祇園さゝ木さん。
このブログでも度々ご登場願っているお友達(のお友達)が
予約を入れておられたのですが、ご都合が悪くなり、
急遽私たちに、この貴重な体験の権利を譲って下さったのです。
ご存知の方も沢山おられると思いますが、
さゝ木さんのランチは、お客様が全員揃ってから一斉スタート、
というスタイルをとっておられます。
その場をご一緒する他の方に迷惑がかからないよう、
時間厳守はもちろんでしたし、
噂では、ご主人がその場を取り仕切ってショーのよう‥なーんて
ことも聞いたりしていたので、かなり緊張していました。が、
お食事が始まってみると、↑のショーなんてことはなく、
お客がリラックスして楽しめるよう、配慮が行き届いていて、
大変心地いい時間を過ごさせて頂けました。
この辺の事はMedalogさんがブログに、的確にレポートされています。Medalogさんのブログ「メダカと過ごす一日」

そんな訳で
文才のない私は写真を並べてお茶を濁すことに(^^ゞ

先付 お茄子と白いのはハモ
このお茄子はガク部分までたべられる!

c0206047_1052372.jpg



お寿司 カマスのお寿司!(初体験!)
ミョウガのお寿司は香りよし!好き〜

c0206047_10522680.jpg



吸い物 お月見に見立てた吸い物、月は卵豆腐、松茸はσ(^^今年発!
c0206047_10524211.jpg



向付 マグロと山芋。見えない所にはイカも
c0206047_1053666.jpg



メイン?(煮物、揚げ物、焼き物などなど)
秋らしい田舎の風景を再現。詩人ですね〜ご主人(^^)
c0206047_10532658.jpg



蒸し物 今回出た中で一番好き!
グジと蓮根の団子。う〜〜〜美味しい。。

c0206047_10535833.jpg



ご飯、香物は写真を撮り忘れました。
じゃこと湯葉の炊き込みご飯。もちろん、お代わりしましたとも!


水物 デザートはこの中から好きなだけ!
さっきのお代わりが悔やまれる〜(^^;;;

c0206047_1134322.jpg



もちろんどのお料理も美味しいのは当たり前。
味わい深く、とても優しいお味付けという印象でした。
これで5500円というのはお得感いっぱいでした。
もう一度行きたいのはヤマヤマですが、
予約を取るのは至難の業とか!
これが最初で最後の経験かもしれません。



さてこの後、三人で岡崎に移動して、
京都国立近代美術館で開催されている
人間国宝「北村武資」展にいきました。
となりの京都市美術館では
「ワシントン・ナショナルギャラリー展」が開催されていて、
大変な人の列が出来ていましたが、こちらはとっても閑散と‥笑 
いや、見やすくて良かったんですよ(^^) 何より、
こんな(あまりメジャーじゃない)展覧会をご一緒できるのは、
着物好きどおしだからこそ!の、贅沢な時間‥(^^)
実感しました。



その着物姿ですが、
今回は集合写真を撮り忘れると言う失態!
ん〜〜でも、私のグダグダの着姿を
皆さんと並べてみる事なくて良かったかも!?笑
これは帰ってからちょっと手直しして撮ってますが、
全体像はお見せできないほど!
c0206047_119330.jpg

今回は沢山食べるぞ!な下心で、
ウエストベルトをかなり下(下っ腹)に締めていました。
そのことでウエスト部分の着物の収まりが悪く、
帯の中はゴロゴロです。
その余った分がお端折にはみ出てまぁ美しくない事。
そして久しぶりに締める綴れ帯は、
思いっきり滑らない帯だったのを忘れていました。
ゆったり締めたかったのに、いつのまにかキツキツな締め具合。
後戻りは効かないし‥(泣)
そんな私に比べて、
後のお二人は(いつもの事ながら)とっても美しい。
お友達はとても可愛い幾何学模様のお召し。
帯はリンドウ模様の塩瀬でした。(写真がなく残念〜〜!)
Mさんはブログで紹介されてますが、全体像をお見せしたい!
帯の位置は高く、スタイル抜群!
独学で、あそこまで美しく着付けられるなんて凄い。
色合わせもバッチリで(あの帯締めのアイデア!良いですね!)
素敵にコーディネイトされていました。
それに比べて、私は着付けが酷いだけではなく、
今回も単調な組み合わせで、失敗でした。
ん〜〜〜まだまだですわ~


そんなこんなの、初体験だらけの今回でした。
Mさんには(こちらは二人なので)緊張させてしまったのでは?と
ちょっと反省しています。
これに懲りず、
またご一緒して頂ければこんなに嬉しいことはありません。
これからの季節、着物好きにはそそられる催しがいっぱい。
秋の行楽、皆様もぜひお着物で(^^)いかがですか?
[PR]
by r_gardenspace | 2011-10-01 11:19 | 京都でのこと

久しぶりに着物きました、夏物だけど(^^;;;

前回の台風12号の被害は大変なものでしたね。
今回の15号も、日本列島を縦断して、
沢山の方が今も不安な時間を過ごされているのでは?と案じています。
皆さんのお宅の廻りは大丈夫でしたでしょうか?
どうかくれぐれもお気をつけください。



さて先日、連休の最後の日に
いつものお友達に誘って頂いて(^^)久しぶりに着物でお出かけしてきました。
行ったのは祇園にあるフランス料理「kezako」
ここ数年注目のお店で、
私は7月に友人に連れられ行ったのが最初で、二度目の訪問です。

最初予約の時、前行ったのがいつだったか聞かれたので、
メニューが重ならないようにしてくれるようですね。
ランチでしたが、メニューは二種類。
今回も安い方の(3800円)を頂きました。


前菜
c0206047_0263785.jpg

下にあるのはアジにぶどう!。緑はオクラ。
ピンクのムースはほんのり梅とシソの香りが。
ん〜〜〜爽やかです



2皿目
c0206047_0265623.jpg

手前は穴子を揚げたもの。
奥のソース2種とともに。
赤はトマト、
さらに奥は麦(何麦か忘れました!)とハーブなどなど
うふふ‥美味しい。。



3皿目
c0206047_027165.jpg

ヴィシソワーズ。渦巻きはウニのソース。アサツキなどを散らして。
これ広口のシャンパングラスの様なものに入っていて、
おしゃれです。横から撮ればよかった。



メイン
c0206047_0281544.jpg

スズキのソテー、下に引いてあるのはブイヤベース(でしたよね?)
中には具がたっぷり。
上に乗っているのは水菜とウイキョウ。

この後デセール(たっぷりイチジクを使った♥)も
ありましたが、
写真がよくなくて‥すんませんm(_ _)m
(いや、写真はどれもこれもダメダメですね!お恥ずかしい)


ここのシェフはフランスの方なのですが、
使っている材料は日本のものが多く、味はどちらかというとあっさり系。
本場そのもの‥の濃い〜ビストロちっくなお味が苦手な私にはピッタリです。
何より、もの凄く凝ってて、毎回(まだ二回だけど(^^;;;)
味の意外なハーモニーにビックリさせられます。
ただ人気店なので予約を取るのは早めの方が良いようですよ。



さて着物ですが。。
この日着ていたのは‥えへへ小千谷縮。
c0206047_10181351.jpg

9月なのでホントは単衣でないとダメなんですけど、
いざ袖を通す段になって、あまりの暑さに断念。
「単衣で行きます〜」と言っておいて、お付き合いさせた
お友達には失礼を・・・(^^;;;;申し訳ありません。
当初の予定の濃いグレーの綿にあわせてコーディネイトしたものを
そのまま使ったので、あまり合っているとは言えませんが、
暑さには抗えませんでした。
道行く人には(なんせ祇園なもので)笑われていたかもしれないです。

次回の予定(もうあるんです(^m^))は9月末。
次回こそ、ナンとしても単衣を着なければ!
[PR]
by r_gardenspace | 2011-09-22 00:38 | キモノ

ネーミングはともかく‥(^^;;;

先日、お食事をご一緒したお友達から、
キンカン(宮崎産)を頂きました。
東国春(すみません、間違えました)東国原前知事が、
メーミングしたブランド金柑「たまたま」だそうです!(笑)
c0206047_13413748.jpg


私、キンカンが木になってるのは見たことあるのですが、
食べるのは初めて!
なんと皮ごと食べる、と聞いてびっくり!
だけど「甘く、良い香りなのよ」と聞いたら、
柑橘好きとしては、抗えません。

c0206047_13374628.jpg

(↑一個の大きさは、iPodと比べて これくらい)
果たして、食してみると皮は薄く、香りが良いのはもちろん、
甘みも旨味も、そして皮から来る爽やかな苦みもあって、
(種が気になるくらいで)こりゃたまらん!(≧∇≦)

c0206047_13363417.jpg

一個食べたら、それで止めるなんてことが出来る訳なく、
一気に3つも4つも5つも食べるので、
せっかく沢山いただいたのに、あっと言う間にこれだけに
なってしまいました。(半分以下?‥いや、もっと食べたかも!)
上の写真を撮ったあとも食べましたので、もうあと数個‥。
とっても!美味しゅうございました!
いつもありがとうございますm(_ _)m>Oさま
[PR]
by r_gardenspace | 2011-02-11 13:46 | おいしい物

2010最高の

もう一週間経ってしまいましたが、11月3日、
いつものワイン仲間と宴がありました。
しかし今回は、何時にも増して豪華なワインが!
というのも今回はちょっとしたお祝いの宴だったのです。
間違いなく、今年一番のラインナップでした。

最初、
とりあえず‥の近況報告をしている間の一本、
モエ・エ・シャンドンは、写真撮り忘れデス(>_<;;;

Champagne Aspasie(ヴィンテージあったのか?忘れました)
(アスパズィ)
c0206047_21543010.jpg



Champagne Morel Père & Fils(rose)
(ドメーヌ・モレル・ペール・エ・フィス)
c0206047_2157549.jpg



Champagne Billecart-salmon 1998
(ビルカール・サルモン)
c0206047_21592418.jpg



Ch. Les Plantiers Du Haut-Brion (ヴィンテージ失念)
(レ・プランティエール・デュ・オー・ブリオン)
オー・ブリオン(白)のセカンド!何故か写真が撮れてませんでした!失敗!


Puligny-Montrachet1987
(ルー・デュモン・レア・セレクション)
c0206047_2213822.jpg



Santenay-Maladiere 1er Cru (ヴィンテージ失念)
Dom. Prieur-Brunet(ドメーヌ・プリュール・ブリュネ)
c0206047_2241962.jpg



Chambolle-Musigny1989
(ルー・デュモン・レア・セレクション)
c0206047_2263378.jpg


そして!
今回のメイン、
ムートンの1968!
c0206047_2284786.jpg


さらに!!
シュバル・ブラン1967!!
c0206047_22114633.jpg


す、素晴らしい‥。
2本とも古酒ですので、色はオレンジ〜ブラウン(特にムートン)
さすがに優しい味わい。
ただ、
これほど飲んだ後ですので、記憶があやふやなのが口惜しいです。
面白かったのが、(確か)ムートンの方は後半、
(日本人にとっては感傷に浸らずにはいられない)
お漬け物(柴漬け→すぐき→野沢菜)の香りが!
こんな事言ったらイメージダウンかしら?
でも香りは自分の記憶から引っ張りだすものですもんね。
同じ香りを嗅いでもフランス人なら違う表現でしょう。あしからずデス。
シュバルブランの方はもうちょっと若くて(といってもエッジはオレンジ)
熟成後の柔らかい、大好きなお味でした。
そういえば、高段者の皆様がチョコレートとおっしゃてましたが、
私には解らず。‥まだまだです。

お料理も抜群に美味しく、いつもながらのとっても!楽しい宴でした。
ごちそうさまでした。
[PR]
by r_gardenspace | 2010-11-10 22:17 | おいしい物

ぐずぐず です

いつも帰りの遅い夫が、たまたま一日家に居たこともあり、
先日の敬老の日には、兄の家族と過ごした母への遅ればせながらの敬老祝い?に
昨日夜、家族で食事に行きました。

行ったのは京都コンサートホールの一階にある「La Muse
知らなかったんですが、
このレストラン、ワインの持ち込みが出来るそうなんです。
よくワイン一本2千円、などといったシステムで、
持ち込み可能なレストランはありますが、
ここはワイングラス一人一脚400円のシステム。
その上今回は、オープン15周年のチラシが手元にあって、
グラス代もただでした。
持っていったのはコレ↓
c0206047_2153182.jpg

ルフレーブのピュリニー・モンラッシェ2005
熟成感はまだ少なくて、ちょっとドライなのがもったいなかったですが、
育ちの良さは筋金入り。美味しかったです。
お料理も一人たった3200円(安っ!!)ですが、
年寄り三人には充分な量。もちろん、ワインとはバッチリ。
こんな値段で満足感が得られるんですから、これからもっと使おう。




さて、
そんなディナー、もちろん着物で行きました。
しかし急に降ってわいたように決まった事で、
こんなに、ぐずぐずな事になるとは‥(泣)

というは、この暑さ。
昨日は確か京都は最高気温27度でしたっけ。
夕方を過ぎても蒸し暑さが残っていて、
最初予定していた単衣の長襦袢、着てる途中に、もう暑さでギブ↑。
急遽、まだ麻の半襟が付いたままの綿麻の長襦袢(洗濯済み)に着替えました。
しかし、いくらなんでも麻の半襟のままでは‥と、
以前にも付けて四苦八苦した美容衿を再度登場させたのですが‥
それが裏目に。
いくつか安全ピンで止めたのですが、衿には結局添わず終い。
前はハダケるわ、後ろは着物の衿から飛び出るわ!で、
ほんとうに情けない着姿でした。
他のお客さんがほとんどいらっしゃらなかった事を思うと
開き直って麻のままの方が良かった、と今更の後悔です。
着物も、さすがにまだ袷を着る気にはなれず、紫のお召し。
帯はジャワ更紗(綿)の名古屋。(この帯も全く滑らず締めにくいこと!)
とにかく、もう、未だかつてないほどの‥知り合いの誰にも会いたくない‥
ヨレヨレぐずぐずの着付けでした。
c0206047_21542100.jpg

↑これは帰ってから、ちょっと手直しして撮っているのでマシですが、
本当はドエライ事になっておりました。
夜で色がでなかったので今日朝撮り直したのがこれ↓(でもあまり色変わらず(^^;;)
c0206047_2154313.jpg

猫が帯締めのボンボンにジャレつこうと狙っております。


当たり前の事ですが、
やはりちゃんとした事前準備の必要性を痛感しました。
まだ暑いんですから、夏の襦袢にも塩瀬の半襟は付けておくべきだったんですね。
もうこれからは要らないかもしれませんが‥
今度、庭仕事できない雨の日に付けようっと。
[PR]
by r_gardenspace | 2010-10-07 22:00 | キモノ

誕生日のお寿司とワイン

この4月〜5月の間には、
私の誕生日に加え、家族の誕生日も重なっているので
5月4日、久しぶりに夜、外食しました。

行ったのは、ワイン好きには有名なお寿司屋さん。
若大将がソムリエでもあるので、ワインの品揃えが豊富。
もちろんお寿司は絶品なんですが、
昼間ギリギリまで庭遊びしていて、カメラを何処に置いたか判らなくなり、
せっかくのお寿司の写真は撮れませんでした。
ワインの写真だけは携帯で。
c0206047_11142043.jpg

ピュリニー・モンラッシェ/シャン・カネ1986 Antonin Rode
(この作り手さんは初体験)
色は山吹をすこし薄くクリアにしたような…
初め閉じていたので、香りはミントから、スワリングによって青リンゴ、
最後の方は香ばしいナッツなどが。
味は意外とドライでした。
これがトップドメーヌならもっとボリュームが出るでしょう…とは若大将の弁。
しかしやっぱりおいしいなぁ!ここのお寿司。
もっと行きたいけど、なかなか経済的に… わはは
次回、いつになるかわからないけど、今度はカメラ持って行かなくちゃ。

この日着ていたのは、
この間のゼンマイ紬に、
花食い鳥がお太鼓に居る、激安八寸(ヤフオク)
c0206047_11144220.jpg

帰ってからの、照明下での撮影は、相変わらず思うように撮れません。
そして、
今回の帯揚げ、帯締めの取り合わせは、
初夏らしく、そして若々しくなるように…との下心アリでしたが、
なんだか普通過ぎてちっとも面白くない。
む〜〜ん。まだまだですわ。
[PR]
by r_gardenspace | 2010-05-04 11:17 | おいしい物

ワイン(宴)会

雨がそろそろ降り始めた昨日夜、
10年来のワイン友と、久しぶりのワイン会に行ってきました。
ワイン会といってもそこは生来の関西人。だれもウンチクを語る人などおりません。
相変わらずの飲み会、宴会とあいなるのですが。

京阪に乗って、行く先はいつもの隠れ家のごときお店。
タクシーに乗って行く途中、あまりに中央公会堂のライトアップがキレイだったのでパチリ。
(しかし信号が変わるまでにカメラをカバンから取り出せず、情けない結果デス)
c0206047_09685.jpg




お料理はフグ尽くし。
いつもながらここのフグは美味しい!
特に白子!!絶品!
c0206047_093717.jpg


この白子の照り焼きとは別に、シンプルに焼いたのがもう一つあるのですが、
食べる事先行で撮り忘れ!いつもの事デス‥




肝心のワインは以下のラインナップ。
c0206047_035153.jpg


泡3種、白2本、
赤(私の、こないだ飲んで気に入ったアロース・コルトンを入れ)3本。
それぞれが持ち込みするんですが、何故か今回は赤(ブルゴーニュ)率高く、
それぞれが「白が重なるのでは?」との配慮が裏目に。
でも揚げ物も多く、これもまた由かと(^^)




いつもながら、気心の知れた友人と飲むのは楽しいものです。
ただこのメンバー底なし。
今回も7人で8本。(これでもいつもに比べたら少ない方)
とても私は同じペースでは飲めません(たぶんボトル半分も無理)ので、
前もっての準備は怠れません。
今回は出町柳駅前薬局で仕入れたコレ↓
c0206047_044868.jpg


ヘパリーゼ・キング。(約900円)
今まで、黒丸、熊系(?!)ウコンの〜 と、色々試した結果、
最近はもっぱらへパリーゼ・ゴールドの錠剤を飲んでいました。
でもここんとこ効きが悪いな?と思い調べてみると、
なんと1年以上も前に賞味期限切れしているではないですか!効かないはずです。
薬局で聞くと、コレが一番効くとの話に二日酔い用に2本買い。
コレに付属してあったへパリーゼ・プラス錠剤2粒を足して、
店頭でグビグビして(間違いなくおっさんですな)での参戦でした。
結果は…効きました!
といっても、いつもの事ながら用心にも用心を重ねてのチビチビ飲み。
飲める人からしたら、そりゃ酔わないわな…てな量ですが、
それでも、こういったモノを飲んでおくと飲んでおかないではエライ違い。
今日も爽やかに過ごせましたし。


にしても、友人達の飲みっぷりは相変わらず凄いです。
みんなもうそこそこの年齢だし(病気を抱えてたり)
ちょっと自粛せんとあかんのですが…ねぇ。
[PR]
by r_gardenspace | 2010-02-12 00:14 | おいしい物