<   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

春のわすれもの  樹木たち

世間の時間軸とはかけ離れた拙ブログ、
お恥ずかしい限りです。
それにブロ友の皆様のブログにもお邪魔できてなくて、
失礼を重ねています。申し訳ありません。
せめて一日でも早く「現在」に追い付きたいと思っているのですが‥



春の忘れもの、今日は樹木類です。
バイカウツギ・ベルエトワール
c0206047_22331550.jpg

↑真ん中に小さなヒラタアブが居ます
c0206047_2234731.jpg

毎年この花が咲くと、一年で最も幸せを感じます。
これで、アブラムシさえ居なければ!
今年も実はアブラムシまみれでした。
いつもいつも緑(いや、この場合、オレンジ)の指にして、潰しまくっているのですが、
追いつきません。
いい香りの子は美味しい樹液が流れているのでしょうか。
c0206047_22342579.jpg

裏口に覆いかぶさるように仕立てています。ここをくぐる時がなんといっても♡(^m^)





もう一本のバイカウツギは、挿し木したものを頂いたもので、
正確な名前は判りません。
c0206047_2237483.jpg

実はベルエトワールよりも好きな香りだったのですが、
今は桂の影になって、香りも弱くなっちゃいました。






すっかり大きくなった、ネムノキ・サマーチョコレート
c0206047_2238198.jpg

冬越しで気を使うこともなくなりましたが、
毎年花の頃にでてくる虫、たぶんヤマトキジラミの糞?で白い粉まみれになります。
c0206047_22385193.jpg

白い粉、見えますでしょうか?
一番花↓
c0206047_22405850.jpg

この後、
虫が集中していると思われる新芽を切って(花芽はもったいなかったですが)
たくさんのニームを掛けておいたら、一旦は収まりました。

ただ、
皆さんにお聞きすると、サマチョコはもれなく、この虫や芋虫などに好かれる運命のようです。
農薬を使えば美しさを保つことはできるのでしょうけど、
ここいるテントウムシなどを保護したいので、思い切れません。
そうそう、そうなんです。
このサマチョコはテントウムシのコロニーの様になっているのでした。
↓ラブラブ中のテントウムシと白い粉(⌒-⌒; )
c0206047_22474759.jpg

導入する前に、どういうものに弱いかなど、
情報をもっと調べないといけませんね(反省)
[PR]
by r_gardenspace | 2014-08-21 22:59 | ガーデニング

春のわすれもの その2

春の忘れものはもっとあると思っていたのですが、
私の思い違いでした。
某FBで既に載せちゃった絵ばかりだったりしますが、
どうぞお付き合いください。



春の早い時期に、
久しぶりに顔を見たクレマチス、プリムローズスター。
c0206047_22392038.jpg

c0206047_22393540.jpg

この株が二代目ですが、
ずいぶん蔓も延び、株が充実してきたので、
今年は沢山の花が見られるかと期待していました。が、
出てきた花芽はたったの2つ。
モンタナ系の常で、いつ☆になるか判らないので、
3代目の用意をしなければと思いながら、結局手を付けることが出来ずに今に至ってます。
今から根伏せしても間に合うかなぁ‥


↑この子だけではなく、
クレマチスは全体に、順調に育ってくれているとは言えません。
数だけは沢山あるのですが、8割がた縮小傾向(爆) その中で、
このビチセラ ベノーサ・バイオラシアだけは細々と花を見せてくれてます。
c0206047_2254357.jpg

しかし同じ場所にあるP・チャールズはとうとう‥(TTдTT)



ブロメリア・クルセアオーレアが今年も咲いてくれました。
c0206047_2272819.jpg

見た目は華奢でなよなよと弱々しい感じなのに、
毎年律儀に咲いてくれます。
弱々しく感じるのは、私の植えた場所が日陰過ぎて、
光を求めて倒れこんでいるからかもしれません。

ところで、某所で見つけた「トリテレイア・イキシオイデス スカブラ」
ブロメリアにそっくりですね。
実はてっきりブロメリアだと思い、ブロメリアを増やすつもりで買ったのですが、
買ってから別種だと気づいて‥(^Д^;)ゞ
耐寒性が違うだけで近種なのでしょうか?
とにかく、育てて違いを確かめたいと思います。


その、トリテレイアと聞いて思い浮かぶのはこのお花、
ルディが 6月初旬、咲いていました。
c0206047_22172192.jpg

c0206047_22184396.jpg

共演してくれたのは、
上のブロメリアの横でも美しい葉を見せてくれていた
ヒペリカム・トリカラー。
c0206047_22201257.jpg

この子は昔、みーさんのところでしか見たことなかった植物でしたが、
最近は内の近所の花屋さんでも売られるようになりました。
我が家に来てからまだ数年ですが、
今年は何が功を奏したか?沢山の花を繰り返し咲かせてくれています。
(その割には写真取ってないけど!)
c0206047_22205789.jpg

後ろの紫の花はゲラニウム・ロザンネイ

そして、
嬉しい開花はエキナセア・ストロベリーショートケーキ。
c0206047_22214084.jpg

咲き始めはこんなふう(^o^)
c0206047_22224620.jpg

この子は去年、植花夢さんで見て、一目惚れ。
探した時期がたまたま良かったようで、2株手に入れることが出来ましたが、
手に入れられなかった庭友の皆さんも多かったようです。
今年も売られているのを見たことがありませんので、
枯らさないよう‥気を引き締めなければいけません。
c0206047_222544.jpg




最後は春になってから植えた、ペタロステマム・ステファニー。
c0206047_22272613.jpg

雨で垂れるし、
まだまだ小さくて存在感は薄いですが、
c0206047_22263974.jpg

早く大株になってキュートなポイントを付けてくれますように‥
c0206047_22255266.jpg

[PR]
by r_gardenspace | 2014-08-16 22:47 | ガーデニング

春のわすれもの ’フリチラリヤ・ペルシカ’

放ったらかしの拙ブログにお越し頂いてありがとうございます。
酷暑のなか、拙庭は例年のごとくヨレヨレです。
ましてやブログにアップしてお見せ出来る状態ではなく‥‥

それで今回、開き直って
アップしてなかった春の植物などを、備忘録代わりにアップすることにしました。
季節外れなこと、これ甚だしいですが、笑って見逃してくださいませ。



先ずは、フリチラリア・ペルシカ
実は、昨年も育てておりましたが、
芽を出して20センチ程伸びたあたりで見事、ミマカラれました。
敗因は地植えだったこと ‥だと思います。
難しい というお話を聞いていたのに、いきなり地植えにしたのは無謀でした。
ということで、今年は鉢植え栽培です。たった一球ですが。
私にとっては高額の一球は、乙庭さんからのもの。
使用した土は、軽石・鹿沼土などがベースで水はけ抜群の、乙庭さんのガーデンソイル。
大勢は万全です。


ある日突然、芽が土の中から現れたかと思ったら、ここまでなるのは一瞬のことでした。
c0206047_23393215.jpg

撮影3/29日(携帯で撮っているのでピントのずれたお恥ずかしい画像‥(^^;;;)
もういきなり花芽が見えてます!
去年など、花芽を見る前にご臨終でしたから、もうこの時点で小躍り状態です。



そして4日後の4/3
c0206047_2326404.jpg

背も伸びて花も色づいてます。

さらに2日後の4/5
c0206047_2341479.jpg

場所を移動して撮影する可愛がりよう!(^^;;;




4/13本来の姿に。
c0206047_23282820.jpg

c0206047_23284239.jpg

バックの汚いのはご容赦を・・・
この後、
種を作らないように、咲き終わった花がらは1つずつを手で取って、
肥料も、5月いっぱいまで時々やっていました。





そして、掘り上げたのが6/2
掘り上げる前の姿はこんなです。
c0206047_2319321.jpg

すっかり枯れています。
掘り出して洗った球根は‥
c0206047_232015100.jpg

大きいでしょう?
c0206047_2321977.jpg

分球してる?


この後(網袋に入れて吊るして)保存していましたが、
先ほど、再度 育て方をググってビックリ。
「外皮に覆われていない球根は乾燥に弱いので、
袋にピートモスまたはバーミキュライトを詰め、その中に埋めて涼しいところで保管します」

(みんなの趣味の園芸 サイトより)

あ〜〜〜‥な・なんてことっ!
ずっと乾かしっぱなしだった私の球根は、皮の端が少し干からびてます。
救いは、本体はしっかりしていて、端っこ以外はツルッときれいなこと。
明日、 一縷の望みに掛けてバーミキュライトに埋めてみます。
しかし‥ 植え込み時期を一ヶ月後に控えて、、間に合うのでしょうか‥

実は、
今年も一球、乙庭さんで注文したばかり。
来年は2本の花を立ち上げてくれることを夢見ていたのですが‥ どうなることでしょう





次回も忘れものをいくつか‥
[PR]
by r_gardenspace | 2014-08-06 23:46