「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ユーコミス「スパークリング・バーガディー」‥のカマキリちゃん

やっと涼しくなって来ましたね。
今まで暑さを言い訳にして庭仕事も、ブログ更新もサボって来ましたが、
いよいよそんな戯言が言えなくなってきてしまいました。
夏の間は外に出るのも嫌で、ほとんど撮ってなかった写真ですが、
それでも少しは溜まってますのでボチボチアップします。


ユーコミス(パイナップルリリー)「スパークリング・バーガディー」
うちでも昨年秋に導入していました。
我が家に来た時は地上部もなく、冬の間は全く水もやるな‥との栽培情報に、
本当にこれで夏に花が咲くのか?とかなり疑いの眼差しで苗を見ていました。
というのも、手に入れた業者が(後から判ったことですが)あまり評判がよろしく無く、
こんなことなら、
後から発売された乙庭さんからも買っておけばよかったなぁ‥なんて、
諦めの悪いことを考えていました。
なので、春になって葉が出てきた時には正直ホっとしました。

で、待望の花芽が見えてきたのは7月上旬。
c0206047_0192049.jpg

ホントにこの頃はミニパイナップル(^^)可愛いです。


そして、花がここまで立ち上がってくるのに、半月以上待たされたのですが、
上がってきたこの穂のショボイこと。
c0206047_0194186.jpg

やっぱりB級苗か?とこの頃再度気落ちしていました。
やっと本来の姿になってくれたのが7月終わり。
c0206047_020119.jpg

しかしよく見ると、
せっかくの魅力的なバーガンディ色(ブルゴーニュの色)は緑に変化していくのですね。


ところで、
この頃この花芽を狩場としていた子がいます。
今年生まれたチビカマキリです。
c0206047_021371.jpg

ちょうど花芽が出てきた同じ日にチョコネムの葉の下にいたのを激写していました。
c0206047_0213029.jpg

ちっちゃすぎるので‥
c0206047_0215311.jpg

この頃たったの2センチ   ‥もない?
しかし一ヶ月後のこの頃には、倍ほどの大きさに成長していました。

昼間だけ、パイナップルリリーで過ごしているチビカマちゃん、
c0206047_0254858.jpg

じーっと、レンズ(私)をみています。
c0206047_02611100.jpg

花が終わりかけたら姿を見なくなりましたが、
最近ミモザの枝で発見した(茶色く大きな)子が、
この子が成長した姿だ、と勝手に想像しています。


結局パイナップルリリーの事をリポートしたのか、
カマキリの事を言いたかったのか、わからない記事になってしまいました(^^;;;
わはは‥ お許しを。。
[PR]
by r_gardenspace | 2012-09-27 00:44 | ガーデニング

美人侮りがたし

我が家の西側の道にど根性な娘が。
朝顔です(((@o@)))
c0206047_22322878.jpg

ほら、こんなところなんです!
c0206047_22332879.jpg

気がついた時は既に約20センチほど。それも蕾を付けて。
支柱をたててやったら巻き始めました。
色も鮮やかで、白い縁取りもある美人さんです。
c0206047_22345987.jpg

どこから来たのでしょう?
すぐに力尽きるかも?と思ってたのですが、
約3週間、今も時々花を咲かせます。
この日は2つも!
c0206047_22375467.jpg

寒くなるまでもう少し!頑張れ!
[PR]
by r_gardenspace | 2012-09-12 22:42 | ガーデニング

初体験

この記事を書こうと思いながら、どう書けばいいのか悩んでしまい、
えらく遅くなりました。
もう一ヶ月も前の事です。
お友達に誘われて、嵐山にある天龍寺に「座禅」を組みに行って来ました。

いきなり座禅と言って、驚かれたかもしれませんが、
色々思うことあり、
感情のコントロールなど、もっと平穏に過ごせる方法に悩んでいた時に、
和の習い事の先輩から、
座禅を組みに行かない?と誘って頂きました。
藁をも掴む気持ち(タイソウな‥)で参加させていただいたのは、暁天講座(ぎょうてんこうざ)。
毎年夏に、京都のお寺や大学などで開かれる早朝の座禅会です。
7月29日に天龍寺で行われた講座に先輩、お友達と私の三人で参加してきました。
c0206047_22591486.jpg

※因みに参加者は200名300名以上はいらっしゃったような?
ほんの数人でやる、と勝手にイメージしていったのでその多さにびっくりしました。
開始時間は6時。
家から車で30分位かかるので、家を出たのは5時過ぎでした。起きたのは‥(大汗)



座禅とは‥ どんなイメージでしょうか?
一般的に言われているように、
座禅を組み瞑想することよって「無」になり、最終的に「悟りを開ける」‥な~んて
さすがに思いませんでしたが(笑)
深く自分を見つめ直し、
少しだけでも心を開放できたら、何か変わるかもしれない‥と思ったわけです。
でも・・・・
あたり前のことですが、そんな甘いもんではありませんねぇ(^^;;;;
まずは座り方からして初めての経験ですし、
c0206047_2304183.jpg
絵は両足を掛ける結跏趺坐(けっかふざ)ですが、
できない人は片足だけ掛ける半跏趺坐でもオッケー。
もちろん私はこちらです。


その格好になったからといって、
無になんかなれるわけない!
ただ集中するだけ‥ですが、それさえ無理です。
自分の息に集中せよ、 とのセオリーもあるのですが、
それよりも周りの音が気になったりします。
始まってすぐなのに、例の、
僧に背中を叩いてもらう方も多くて。その音が気になる。
この、背中を叩いてもらう行為、
これは自分にカツを入れたい時や、自分の姿勢を正したい時に、
自分の前を雲水さん(というのでしょうか?修行僧)が差し掛かった時に、
合掌して合図を送ると、
「警策(けいさく)」という棒で叩いて貰える、というシステムです。
ただ、一度も経験してないので、
お願いするタイミングさえドキドキ(;´Д`A‥
イザとなったらどうしよう‥とか、要らんことばかり考えてしまいました。
c0206047_2314413.jpg
雲水さん、ホントにこんな格好で歩いてはったのか?
チラとも見られなかったので自信ありません!


そんなことを考えているだけで前半一度目(20~25分)はあっけなく終了。
次の後半25分が始まる前の、5分の休憩もあっという間に終わり、
いよいよ最後の25分です。
今度こそ集中するぞ!と思ったのも束の間、
今度は座り方がさっきよりもまずかったのか、足に違和感が‥Σ(゚д゚lll)
一度目より周りの音が気にならなかったのは、
自分の足の収まり具合が悪かったからです。
どうしても位ずまいを正したくて、
半分ほど過ぎたあたりで、意を決して雲水さんに合図を送りました。
この、警策で肩を打ってもらうやり方は、
両手で胸から二の腕を抱き、背中をやや丸めて雲水さんに向けて平伏する姿勢で、
c0206047_2332574.jpg

右左(あれ?左右だったか?)と打ってもらいます。
はじめ軽く、合図のように打たれた後に、
本格的に(笑)肩から背中にかけて打たれるのですが、
(それほど痛くない‥なんていう話を聞いたこともありますが、)
ま~~!なんと、痛いこと!
c0206047_2341418.jpg

身体の中心が轟くような打ち方なのです。ある意味ショックで、ちょっと放心状態。
だけど初体験を済ませ(笑)やっと腹が座ったというか、
心が少しだけ落ち着いて集中できるようになりました。
しかし残り時間は少なく、後はあっという間でした。
終わって一緒に行った友人と話すと、彼女も警策の強さにびっくりしていました。
ただこの痛み、全然 後に引かないのです。不思議ですね。


座禅の後は天龍寺の館長さんのお話が一時間ほど。
その時は大変いいお話だなぁと思いながら聞いていたのですが、
早起きの弊害がここに来て出てきてしまいました。眠いのです。(申し訳ありません!)
もちろん寝はしませんでしたが、この一時間は長かった~


そしてこの後、
なんと、お素麺が振る舞われたのでした。
大変素朴な、家で作るのとそっくりの味ですが、だからこそ? とーても美味しかった〜。
頂いた後は、お寺の入口近くにある池の蓮など見て、
まだ早い時間に家に帰って来ました。
c0206047_2323867.jpg

結局、
座禅を組んだからといって何かが変わったわけではありませんでした。あたり前ですね。
特に今回は警策一つに振り回され、平常心などなかったのですが、
このまま続けたら、また何か違う境地にでも入れるのかも?
また機会があれば参加してみたいです。
まぁとにかく、
この日は、大変清々しい気持ちでお寺を後にすることができたのは確かです。
c0206047_2323241.jpg




今回はいつも以上に支離滅裂な、長い文章に付き合って頂いてありがとうございました。
それと絵が、かな〜〜〜り美化したワタシ。スンマセン!!(;´Д`A
[PR]
by r_gardenspace | 2012-09-02 23:46 | 京都でのこと