「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

草間さん恐るべし

先日、またもや会期ギリギリで草間彌生展に行って来ました。
↓以下、ダラダラと独り言のような長文が続きます。
お嫌いな方、どうかスルーを‥m(_ _)m



この展覧会、
1月から開催されていたのにも拘わらず、今まで先延ばしにしていたせいで
案の定(私と同じ様な)駆け込み鑑賞客でいっぱいでした。
いきなりの、チケット売り場の長蛇の列に、ちょっとゲンナリ。
いつもなら行列のできているようなところはあえて行かないのですが、
わざわざ大阪まできて、敵前逃亡もねぇ‥並びました(笑)

c0206047_21494040.jpg



草間彌生さんの存在を知ったのは(σ(^_^;)は遅くて)ほんの数年前です。
いきなり白状しますと、草間さんの作品、
私(ここだけの話ですよ)「好き」とはよう言いません。
特に絵画作品は、草間さんご自身の内部にある『何か』を、
ただひたすら吐き出し続けてる‥と感じて怖い。
そこには見る人間の視点など全く意識になく、
自分を昇華する為だけに‥
ある意味ものすごく純粋な芸術作品だと思いますが、
だからこそ、私の感性との接点がみつからないんです。

ところが、
インスタレーションや立体作品になるとちょっと違います。
三次元で迫ってくるインパクトはものすごく、
見ている人間は否応なく、草間ワールドに引き入れられてしまいます。
好き嫌いは別にして、その時に感じさせられる違和感などを
自分がどう受け止めるか?そこに興味が有りました。

思えば、
初めて草間作品実物を見たのは2007年、瀬戸内海のアートの島、直島でした。
直島には大きなカボチャが2つ展示してあります。
c0206047_2150147.jpg

それぞれが別の場所に、しかも自然の中にあるので、
あのすんごい作品も、なにげにその場に溶け込んでるから不思議だったのですが、
それでもあの大きさでそこに存在するというのは、
絵画以上に、何か気持ちをざわつかせるパワーがありました。
c0206047_21503981.jpg

↑こちらのカボチャは内部にも入れます(左の大きな黒い丸がopen)




今回の国際美術館は、会場全体が草間ワールド。
さぞかしものすごい事になっているのだろうな‥と期待して行きました。
エントランスから草間さんのヘビロテアイテム水玉が貼ってあって、
気分を盛り上げてくれます。
会場の入り口は地下三階?チケット売り場(B1?)までの、吹き抜けエスカレーター上も
巨大水玉バルーンが浮かんでたり‥と、GOOD。
入り口 入ってすぐは大きな水玉の部屋(部屋全体に水玉模様)
この、水玉に囲まれて上も下も右も左もない感じが非現実的で‥気分が高揚します。
このあと絵画作品がダーッと並べられた部屋が続きますが、
こちらはあまり見る気がせず、スルー。

楽しみにしていたのはチューリップの部屋。
実は先に行った友人達の撮った画像(撮影可なのです)を見て、
私 かなり期待していました。
そこには大きな立体チューリップが設置されているのですが、
壁も床も天井も、そしてその立体チューリップも水玉模様、と、
全てが水玉で同化した上に、
計算された照明の当て方でほとんど影がなく、三次元の空間に見えないのです。
始め、その画像に何が写っているのか判らなかったくらいです。
なので、きっとこの部屋に入ったら遠近感が飽和して、
浮遊している感覚に包まれるのでは?と期待したのです。
ところが!
う~~‥やっぱり終了間近の観覧が失敗でした〜
「人々」という異物の存在で、パースが発生して‥
はっきり3D感がわかっちゃった。残念。
c0206047_21505481.jpg

いやいや、
落胆するにはまだ早い。
もう一つ、絶対体験してみたかったインスタレーション、
「魂の灯」があります。
「魂の灯」は小さな箱の中で表現されるインスタレーションなんですが、
やっとその場に着いたら、そこにはチケット売り場以上の長蛇の列が。
一度に10人程しか入れないので入場待ちの人が溜まるのもしかたないですね。
しかし観覧時間はほんの10秒くらいなので(それくらいで箱から出される)
案外早く列は進んでいきます。
私の前のグループ10人目がちょうど、私の前で区切られたのはラッキーでした。
私は先頭で入箱(笑)先頭こそがこの空間を堪能出来ます。
それがこれ↓

「魂の灯」はまぁ想像通りの部屋でしたが、美しく、素直に楽しめました。
ここは、チューリップの部屋とは逆に、
何もないところに遠近感を作り上げてるんですね。
銀河の中心。そして浮かんでる(^^)


今思うと、
立体やインスタレーションには、
草間さんの、見る人間に対しての計算が存在していたんですね。
だから私でも楽しめたのか。な〜んだ。
それなら、
絵画作品ももっと見る人間を意識して展示して欲しかったな、と思います。
今回の展示は、大きな四角い空間の、三方の壁に作品を貼ってありましたが、
例えば、もっと小さい部屋にして6面全部を作品で埋め尽くすとか。
そんな風にしたら絵画作品がもっとパワーアップして、
見ている私達の気持ちがもっともっとざわめかされたかも!!

〜って、
もしかして私、草間さんのファンになっちゃった?笑

‥確かに、
あれほど「解からんわ」と思っていた絵画作品の中に
あの日、お気に入りを一点、発見してしまったのでした。

草間さん恐るべし。
[PR]
by r_gardenspace | 2012-03-26 22:29 | 見た

バレエ練習中?

久しぶりにこまめです。
この子、
今まで飼ったどの猫より変わった格好をします。
いや、変わった格好ができます(爆)
以前ご紹介した、お腹をべったりつけて伏せるのもそうですし‥

今回はこの足。
c0206047_22431936.jpg

よくこんだけ開きますよね〜?
c0206047_22433914.jpg

もうあとちょっとで「ポジション1」(笑)



うふふ(^艸^)
バレリーナにしては小太りのこまめでした。
[PR]
by r_gardenspace | 2012-03-24 22:52 | ペット

会期ギリギリで北斎展へ

やっと春の気配が濃くなってきたいうのに
拙庭の花たちは、
また寒い日が来るかも?な疑心暗鬼の中にいるのか、
まだポツリポツリです。
私もじっくりと庭に居られる時間がなく、
その、数少ない花の写真を撮るよりも、
冬の間に枯れた枝や落ち葉を整理するのが精一杯、というところです。
そろそろページを華やかにしたいのですが‥ なかなか侭なりません。

なので、
今しばらく着物でお茶を濁すことに‥(^_^;)ゞ


先日、お友達と北斎展に行って来ました。
c0206047_043592.jpg

会期が25日までなので、
会場は駆け込みのお客さんでいっぱいでした。
案の定、作品を観るには、
皆さんの頭の隙間から覗くのがやっと‥という状態。
2月1日からやっていたのだし、
もっと早くに観に来ればよかったんですが、
その頃はどうしても時間が取れなかったのと、
会期中、前期・後期で作品内容が替わるという情報に、
後期の方が作品が充実しているのでは? なんて、
変な詮索をしたのが原因デス。
もちろんそんなハズはないですよね(^^;;;きっと。



ところで‥
北斎の展覧会って、結構よく開催されますよね。
(今回のような海外の収集家の里帰り展とか)
私も何度か見たことがあるのですが、
当時のままの色を見られることは‥ほぼ無い ですよね(TT^TT)悲
今回も、藍の色だけが残ってる作品がほとんど‥という印象でした。
江戸時代の人はきっともっと美しい色の作品を目にしていたはずだし、
それらを見られたら‥と切に願いますが、
こればかりは再版するしかないのでしょうか。

それと、作品が痛むのを避けるためでしょうけど、
作品を照らすライトが非常に暗く、
それでなくとも老眼で見えにくい私の目には、大変厳しい鑑賞条件でした。
浮世絵自体がとても小さく、繊細な表現がすばらしいのに、
こんなんだったら印刷物とかネット上のほうが見やすいな‥なんて
元も子もないことを鑑賞中ずっと思ってたりして!(爆)(^_^;)ゞ
いや、でも、実際のサイズとか、技巧の凄さとかは
やっぱり実物を見るに越したことはありません!!
(ってフォロー、今更 手遅れ?(^_^;)ゞ)
まだ見ていない方はぜひ。25日で終わりです(^^)




さて、この日の着物ですが、
お友達は凝った模様の白大島に、
紫がかった茶色(あずき色とも?)の櫛織りの九寸、という大変シックな装い。
それにこの間も着ておられた牡丹模様のモダンな長羽織です。
c0206047_0433141.jpg

この日は帯結びを失敗されたとかで、あまり羽織りを脱がれませんでしたが、
お太鼓も撮らせてもらったら良かったな~。

私は
この日は久しぶりに黄格子の紬を着る心づもりでした。
ところが、イザ着る時間になってから、シミを発見!それも胸元です。
襟についたオレンジ色の小さな点は、
どう考えても前回食べたトマトソース(TTдTT)
さすがにこれで出て行く気はせず、急遽
前回も着た灰桜色の無地紬に、
栗山さんの工房で自分で色付けした九寸をあわせました。
c0206047_044710.jpg

                 帰宅後の写真・相変わらず色出てません!
以前もした組み合わせで、
もっとバッチリ合う色の帯揚げもあったのですが、
気分を変えたくて、
あえて明るい色の帯揚げで、ちょっとハズしてみました。
〜なんちゃて!エラソーに!⊿(^_^;)わはは 外し方、失敗だったかも!(^^;;;
しかしまぁ、
そんなところがコーディネイトの、難しく、楽しいところですね。
c0206047_0443493.jpg








ところで、
件の黄格子の着物はガード加工してあったのですが、
お友達によると、ガード加工の着物なら、
固く絞った濡れた布で拭いたらとれるハズ、とのこと!
早速、家へ帰って試しました。
なんと、本当に取れました〜〜!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
拭きとった直後はまだ、少し判ったのですが、
今はどこにあったのか判らないくらいです!良かった〜!!
(アドバイスありがとうございます〜m(^o^)m)
ほんまに、ガード加工 侮れませんな!o(^▽^)o

[PR]
by r_gardenspace | 2012-03-24 00:54 | 見た

2012ヤマユリ植替え

ここ何日か、急に暖かくなってきたので
庭の植物達の動きも激しくなってきました。
クリスマスローズもようやく咲いてきたので
早くアップしたいところなのですが
その前に一つ。


去年もレポートしたヤマユリの植え替え
3月に入ったら直ぐにも植えかえするつもりだったのですが、
なかなかとりかかれず、先週やっと手をつけました。
去年の経験から、
きっと物凄く苦労するだろう‥と覚悟していた鉢上げ作業。
一番最初に
鉢と根の密着を剥がす為、刃物を鉢の隙間に刺すのですが‥
意外にもなんの手応えなく‥ いや〜な予感が。。
一気に鉢をひっくり返してみたら案の定!
ネキリムシがまぁ‥出てくるわ出てくるわ‥oh((((;゚Д゚)))))))NO~~~
合計なんと!25匹も入っていました!!( @ Д @ )
中には百合根本体に食いついている奴まで居て!!んも~~~バカヤロー!
もうガックリです。。。
c0206047_21233074.jpg

鉢の土は案の定ベタベタで、団粒化も崩れていますね。



もう一鉢の小さい方は、
幸い根の張り良好で‥引っ張り出したらこんなふうでした。
c0206047_21235658.jpg

こちらの土は団粒化が保たれていて、鹿沼土の色も残っていますね。

ネキリムシは居ず‥と思って安心して作業していたら
大きいのが一匹居て逆にビックリしましたが(笑)
こちらの方は、被害は殆ど無く、
上の根も下の根も成長して、子供もいっぱいできていました。
c0206047_21243282.jpg



2つの鉢上げを終えて最後に鉢底石を比べたら、
色までこんなに変わっていました。
c0206047_212583.jpg

写真上は小鉢に入っていた方ですが、本来の白い色です。
ネキリムシにやられていた大鉢の方は、
湿った土がまとわりついて、茶色くなってしまってます。


百合根を洗って比べてみたら、
こんなに大きさに差が出ていました。
c0206047_2127094.jpg

左上が健康な状態。分球して、それぞれが大きいです。

因みに(健康な子にできていた)木子など子供たちです。
去年の子も入っていると思われますが‥
c0206047_21272357.jpg


去年は大小2つの鉢に植えていましたが、
今年は3つの鉢に植えつけました。
でも小さい方2つは花が咲かないかも‥ですね〜(;_;)
一昨年が大丈夫だったので安心していたのですが、
今年はカナブンに狙われないよう、
忘れず、茎が伸びたらネットを張ることにします。

去年はこんな状態だったヤマユリの花。
今年はどれくらい花をあげてくれるでしょう?
c0206047_21292580.jpg

c0206047_21294089.jpg

[PR]
by r_gardenspace | 2012-03-18 21:43 | ガーデニング

桃の節句前、二度目の「さゝ木」へ

急に暖かくなった3月初め、お友達に誘って頂いて祇園の「さゝ木」に
またもや!行って来ました。きゃーー!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

さゝ木さんと言えば、なかなか予約が取れない事で有名な、
ミシュラン**の料亭。
私ごときがそう何度も行けるようなお店ではないのですが、
(月一着物でご一緒するお友達の)お友達が、
4人で予約されていた席の、欠員がお一人出たということで、なんと!
ワタクシにお誘いの声をかけていただいたものなのです。
夜なら(価格的に)私にはちょっと無理ですが、ランチなら私メでも。。と、
もう、尻尾ブンブン振ってお言葉に甘えさせて頂きました!
ありがとうございます!

しかも今回通されたのは2階の個室!
さゝ木さんにはこんな空間もあったんですね〜って、なんで写真取り忘れたんだ?私



お料理は
雛祭り前だったので、桃の節句なお料理のオンパレード!

先付け
c0206047_064069.jpg

吸い物(ハマグリのしんじょう‥だったかな?蛤ゴロゴロ)
c0206047_065871.jpg

ウオゼ(確か)と山菜。このジュレ状のタレが美味!!
c0206047_072081.jpg

だし巻きとうなぎ(あれ?!穴子だった?!爆)
c0206047_073815.jpg

百合根とセリの揚げ物(お‥美味しいっ!!!)
c0206047_0853.jpg

白魚とキャベツの煮物?というのかな‥?
c0206047_084996.jpg

鯛めし(甘鯛だったか?)
c0206047_09420.jpg

トドメにでざーと!
c0206047_092331.jpg

↑これは一部ですが


はぁ〜〜〜(TToTT)大変、たいへんおいしゅうございました。
以前来た時も、こんな経験はそう出来るものではないと思ってたのですが、
思いもよらず、続けさまにこんな機会を頂くとは!!
感謝の言葉もありません。ありがとうございましたm(_ _)m
‥たぶんこれが最後の経験だったろうな‥と今更、感慨にふけっています
※お料理名、及び内容、的確な表現ができなくて面目ありません





さて・・・・・、着物ですが、
お料理だけではなく、私自身も春を意識して、
久しぶりに灰桜色の無地紬を引っ張り出しました。

実はこの着物、以前着た時にシミを付けてしまっていたのですが、
染み抜きの値段がネックになって、なんとなく悉皆屋さんに行くのを
先延ばしにしていました。
今回はどうしてもこの着物を着たくて、一週間ほど前に
慌てて悉皆屋さんへ。

余談ですが
染み抜き、今まで結構いろいろなところに持って行ってます。
飛び込み、紹介、色々と。
それでもいつも全く同じ値段なのがなんとも不思議。
今回は近所の(ネットでも受け付けている)大きなお店に持って行きました。
メニューでは染み抜き1000円〜になっていたし、
私の染みはほんの小さな点なので、もしかしたら安いかも?と
期待したのですが。。。
やっぱり同じ値段でした。3000円。
悉皆屋さんの業界って、価格カルテルでも結んでいるんでしょうか?(怒)
ちょっと高すぎますよね!
いつか安い店を見つけるまで、私、頑張って渡り歩くつもりです!

で、合わせたのは、
大好きな更紗の帯です。春らしい華やかさを狙って。
(これにいつもの絞り羽織りを合わせています)
c0206047_0111641.jpg

↑帰ってから撮っているので、暗くて相変わらず色が出てません(汗)
c0206047_012421.jpg

以前にもやったことのある定番のような組み合わせですが、
今改めて見ると、あまりにも色調などが合いすぎてて
面白みに欠けているように思えきました。
以前はこれしかない‥とまで思っていた組み合わせなのに、不思議です。
次回はもうちょっと面白くなるよう工夫しよう。

今回は、残念なことにお友達の着姿を撮るのを忘れました。
とーても力強い、かつシックな琉球紬をお召しだったのですが。。。
お友達の撮られた写真を頂いたら、アップすることにします。


3/24追記
写真を頂いたので。
お友達の装いは琉球絣にお雛様の模様の織りの九寸。
この帯(写真ではわかりませんが)春らしい若草色×萌黄色の、可愛らしいものでした。
洋装のお友達もお二人ともとってもおしゃれ!!なんですよ〜\(//∇//)\
この写真ではハッキリわからないのがなんとも残念です。

c0206047_10431182.jpg

[PR]
by r_gardenspace | 2012-03-08 00:23 | キモノ

京都植物園へ「早春の草花展」その2

24日に出かけた、
京都府立植物園の続きです。

みんなで早春の草花展を見た後、
温室へ移動しました。
c0206047_22235247.jpg

久しぶりに入る温室、
一人で‥或いは、あまり興味を持っていない家族と共に見るのと違って、
みんなでワイワイガヤガヤ言いながらの植物鑑賞がこんなに楽しいものとは!




しかし、
園芸という意味ではほとんど未知の世界の温室の植物たち、
ほぼ全ての子の名前は判りません!!( ̄^ ̄)ゞ
以下、名前なしですが、ご勘弁を‥
(しかも見た量に全く比例しない写真の数!ツッコミご無用でお願いします〜)

名前はわからないけど立派な睡蓮。
c0206047_2224888.jpg


なんでしょう?
c0206047_2224233.jpg


これはバナナの花です(でかいデス!)
c0206047_22243749.jpg


以下、蘭シリーズ(^^)
c0206047_22331551.jpg

c0206047_2225113.jpg

c0206047_22264363.jpg

c0206047_22265589.jpg

ははは‥こんだけかい!ですね(^_^;)ゞ



という訳で、
あっという間の一日でした。
同じ趣味を持つ方との植物園紀行がいかに楽しいか!を知ってしまったワタクシ。
これから家族『なんか』と行けなくなってしまいました!(爆)
これからも皆様、よろしくお願い致します〜m(^-^)m
[PR]
by r_gardenspace | 2012-03-04 22:34 | ガーデニング