<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

計算しない方が良い、南花壇

この週末は、一日中と言う訳にはいきませんでしたが、
久しぶりにガーデニングに集中できました。

西側の植栽がずっと気に入らなかったので、
大移動を敢行。
寒くなってしまうとダメージが心配な移植は、
11月中が勝負と思っていたので、
この場所だけでもやり終える事が出来て良かったです。
それでもまだ数株、移動したい子がいるので、
この10日くらいの間に終わらせたいと思っています。

そして、ずっと懸案だった球根。
乙庭さんで買った、大きな球根(春が楽しみだ〜〜!)は、
東側のボーダーに植えるつもりでいたのですが‥
いざ、掘り始めてみると、あること、あること!
この花壇を作った時に埋設されたガラが今でも出てくるのです!!
この花壇をつくったのは6年程前ですが、
諸事情により、この工期中、
私は目を光らせていることが出来ませんでした。
本来なら産業廃棄物として捨てられるべき、
コンクリートの塊などが底に敷き詰められたんですね。
この6年間、何か植える度に深く掘って、
(それでも4〜50センチが限界)できるだけ
取り出していますが、未だ残っているんです。
今回も大きい塊があって大苦戦!
今はまだかろうじて一人でやっていますが、
これ、もうちょっと年を取ったら出来ないなぁ。
も〜本当にこういう業者さん選びは肝!
専門の所に頼まないとダメですね〜!
(これも諸事情により業者選択出来ず、だったのです)



‥なんて愚痴は置いておいて。
今、
南の植栽が全く意図していなかった(からこそ?)割に
美しいんです。
うまく切り取ってお見せしたいくらいなんですが、それはそれ、
この腕(とカメラ(オリンパス!))では‥(^^;;;;わはは
まぁ、そのうちちゃんと撮ろう‥なんて、のんびりしていたのですが、
あんなに晴天続きが雲行きは怪しくなり‥ 今日など美しさ半減。
こんなこと言ってる間に冬枯れに移行しそうなので、
全く美しくない写真ですがアップしちゃいます(^^;;;

c0206047_213915.jpg

この黄金色の葉っぱは斑入りのオダマキ。
(fromオギハラさん、名前失念)
春の芽だしのころ、それは美しい斑入りで、
お花(濃い紫とか)こそ未だ見れずですが、
大のお気に入りでした。
c0206047_2140281.jpg

芽だしのころ↑この写真では判りにくいですが、茎が赤い紫で、
斑入り葉とのコントラストが素晴らしいんです。
因に左後ろにいる黄色い花はユーフォルビア・クラリスハワード

c0206047_21404789.jpg

残念なのは、こんなに美しかった斑が、
夏から秋にかけて消えてしまったこと。
ところが、
ここへ来て予想してなかった美しい黄金葉の新芽がでてきました。
ちょっと前は本当にもっと鮮やかな黄色だったんですよ。
実はもう一株欲しいな‥と思っていたのですが、
オギハラさんのリストから消えてしまってますね。
オダマキは短命な植物と聞きますので、
是非復活して欲しいです。
※そう言えば、アンジェラさんに頂いたオダマキの種からでた
斑入りの子は、夏頃まで成長する健闘を見せていましたが、
そこが限界だったようです(涙)
c0206047_21411395.jpg

手前の濃い紫のサルビアは近くのHCで買ったもの
またもや名前失念です。
オダマキと良いコンビな上に、次から次と花も上げ、優秀です。
手前の白斑のグラスはツルバキア。




こちらは同じ南の花壇の西の端。
c0206047_21414290.jpg

暖かい間中、発色の良くなかったモクビャッコウが
美しく輝いてきました。お花もつけています。
後ろの紅葉している葉は、みーさんの真似をして買った
ケラトスティグマ デザートスカイ
内はもうこんなに赤くなっちゃいましたが、
それだけ寒いということでしょうか?
黄色いお花は、葉に触ると良い香りのする、
宿根マリーゴールドレモニー
もっとこまめに剪定すれば良かったんでしょうけど、
ほったらかしにしていたら、
ものすごくだらしなく大きくなってしまいました。
お花は最近なってやっと。
耐寒性が3℃なので、そろそろ鉢上げしないといけないのですが、
お花が咲いているのを見ると手を出しにくくて‥
このモクビャッコウも耐寒性がないので、
今年は鉢上げしようかと思っていましたが、
こういう樹木系のものはなんとなく抜きにくいですね。
みなさん、どうされているのか教えて頂きたいですわ
c0206047_21422723.jpg

〜と書いていると、
まだまだ移動や鉢上げ待ちの子がたくさんいる!
つくづく、これから降るという雨が恨めしいです〜
[PR]
by r_gardenspace | 2011-11-28 22:03 | ガーデニング

「粋」は無理

珍しく2日連続で着た着物、2日目です。


例の「和の習い事」の忘年会が、
毎年、どこの忘年会よりも先に開催されます。
今年も11月の中旬にして、早くも開催。
まだ、全く「年の瀬」って気分ではないのですが(^^;;;


c0206047_22135299.jpg

着ていったのは、銅抜きのゼンマイ紬です。
帯は相楽刺繍のしゃれ袋(from ヤフオク)
いつもと違うのはこの日、帯結びを角出しにしています。
角だしは好きで、いつもしたいなぁと思っているのですが、
私が太いからでしょうけど、お太鼓を大きく膨らませたいのに、
普通の九寸ではこじんまりとしてしまいます。
また柔らかい帯ではふくらみを作れなかったり‥と、
かっこ良く出来る手持ちの帯がなくて、諦めてました。
でもしゃれ袋なら、
なんとか形を作る事ができるか?とチャレンジ。
前の晩、ちょっと特訓しておいたおかげで、
当日スムーズに作る事ができました。



同時に、角出しだと粋な感じになるので、
半襟もグレーの縞に変更。
しかしこれがなんとも居心地悪かった!
だいたい私は「粋」な感じが似合わないようです。
(細くないし、化粧もあまりしないし‥)
顔の傍の部品の変化はもの凄く、
イメージにも、それに自分自身の気持ちにも
変化をきたすようです。
これくらいの色なら大丈夫かな?と思ったのですが!
これから角だしをする場合でも、半襟はいつも通り
白にしておいた方が、私自身はリラックスできそうです。
帯揚げは帯と同じ色の茶、
帯締めは(色でてませんが)水色です。
合うのがなくて貝の帯留めにしてますが、
ちょっと季節外れでした。


c0206047_2214968.jpg

これに黒に雪華模様の羽織りを羽織っています。
まだ秋なのでこれで充分かと思ったのですが、
この日は夜、急に寒くなって、ショールが欲しいくらいでした。
季節は夜から変化するようですね。
これから夜のお出かけにはショールと、
手袋が必要かもしれません。
[PR]
by r_gardenspace | 2011-11-25 22:15 | キモノ

ゆるキャラNo.1(私的に)

二日連続の着物をアップするつもりでしたが、
ちょっと小休止。



今日、いつもは滅多に見ない昼間のTV、
NHKローカルの情報番組をたまたま見ていたら、目が釘付けに!


とにかく可愛いんです! 惚れた(≧∇≦)

奈良県桜井市のキャラクター「ひみこちゃん」
市のHPでアニメの動画が公開されてて、秀逸!
これ↓




第一弾「占え!ひみこちゃん 第一話」が↑これで、
(画面が小さくてスミマセン)

第二弾はなんとも大人な感じがツボ。
「木製仮面と柄」は本来、木製クワなのかな?祭祀用?
実際、よう判らんみたいです。。。

そして、
このキャラを作った時に会議で白熱したであろう「問題」を、
第三弾でアイマイに解決してます(笑)
大人の事情が垣間みられます(^m^)



うふふ‥
関西らしい緩さ、言葉がまさにツボにハマってσ(^^;;;ます
続き、早くできないかなぁ‥
[PR]
by r_gardenspace | 2011-11-25 20:14 | その他

三年ぶりのレストランと、京の小袖展へ

またまた‥またもや久しぶりの更新です。
ここのところ日々の生活に追われてます(^^;;;;
ガーデニングに まる一日費やせる日は皆無。
夜、こうやってPCの前に座る事の出来ない日も続いたりして、
気になるお友達の所にも足跡を残すどころか、遊びにも行けなくて
なんともご無沙汰、非礼を重ねてます。申し訳ありません。


着物も、思えば一月半ほども着てませんでしたが、
先日、久しぶりにお友達と着物で「京の小袖」展へ行き、
月一着物のノルマはなんとか達成できました。
その時のことなど。。




展覧会の前に先ずはランチ。向かったのは、
姉小路×高倉にある「ルナール・ブルー」です。
数年前からある有名なフレンチで、二度目の訪問です。
前回の訪問は約3年ほど前。
美味しいと評判の店なのに、なぜ暫く間が空いたかと言うと
実は、
前回お食事にいった、2008年の夏は大変だったのです。

一緒に行ったのは着物友達4人。
確かコンサートを楽しんだ後の夕食、
みんな浮き立った気分でお店へ行ったのですが、
なんともはや、運が悪いというか‥‥
その日、お店のエアコンが壊れていたのです。
夜とはいえ暑い梅雨明けの7月、
私たちはかなりの忍耐で食事をしましたが、
最後の方は‥ほとんど全員、限界でした(爆)
お店の方は平謝りで、
もちろんお代も取られなかったのですが、
それでも今まで、また行こう、と
いう気にはなれませんでした。
みんなの感想は「お味は美味しかったんやけど‥」
私はといえば、予約した張本人である手前、
申し訳なくて味どころではありませんでした。
今まで色々なサイトでお店の評判を読む度に、
とーても複雑な気分だった訳ですが‥
今回、
再訪の機会を得て、やっとじっくり味わうことが出来ました。
お味‥、評判違わず、美味しかったです。
お代も(2600円!)安かったですし。
以下写真です↓

最初の前菜盛り合わせが、
見た目もとっても華やかで美しかったのに
写真に撮るのを忘れたのが悔やまれます。

スープは二種類から
私はきのこ(ポルチーニ(^^))のスープ(もっと欲しかった!)
c0206047_1413687.jpg

お友達は人参のスープ。
c0206047_1415745.jpg


メインはお魚(マト鯛)その他お野菜もたっぷり。
c0206047_1422937.jpg


デセール
上に乗ってる飴細工が素敵。
c0206047_143516.jpg


今回は大満足のランチでしたが、
食事中、つい何度もエアコンを睨んでしまう私に、
お店の方は気付いたでしょうか?笑
ともかく
今回はちゃんとお支払いして、お店を後にしました(^^;;;;


この後、
京都文化博物館で開かれている「京の小袖」展に。
着物の原型である小袖。
桃山~江戸時代に創られた素晴らしい小袖を、
なんと180点も見られる展覧会です。
まずそんなに古い着物が今も残っている事に驚かされますが、
そのデザイン性の高さにも驚かされます。
もちろん時代を追って変化していくデザインも興味深いです。
ほとんどが上流階級の方の「衣装」なので、
実用性に欠ける華やかな「アート」ですが、
中には‥特に夏物の、麻の生地に模様を染めただけのような物は、
今でも着たくなるような物があり、
着物の普遍的な美はこの頃から完成していたんだな‥と実感しました。
着物好き、衣服好きの方はきっと楽しめる展覧会だと思います。
会期は12月11日まで。
因に着物を着ていくと入場料200円割引です。お早めに。


さて着物です。
そんな華やかな場に着ていった着物、
先ずはお友達のは
c0206047_154306.jpg

カフェオレ色の格子がなんとも可愛い紬。
このグラデーションのある格子は、
カジュアルなイメージそのまま、格子本来の堅さが和らぐ
女性らしい、良い格子ですね。
そしてまたこの九寸が素晴らしい!
この更紗の帯は裏にも可愛い柄が染め抜かれていて、
お見せ出来ないのが残念です。
帯揚げも、凝った絞りが施されていたものなのに、
見えていないですね。撮影者の注意不足!すみません
ポイントに使われた帯留めが、華やかさと季節を表していて‥
なんとも‥素敵でしょう?(^-^)

そして私‥
まさに展示物を引き立てるような地味なコーディネイト(爆)
c0206047_1545057.jpg

この紬はずいぶん昔、まだ全然着物の事が判っていない頃に
安さに引かれて買った物で、どこで作られた物かも不明です。
当時は今以上に洋服感覚だったので、
ちっとも地味だとは思わず買いましたが、
これを着ると必ず母が
「おばあさんみたいなん着て」と言います(笑)
この地味さを帯でなんとかしたいと、毎回悩みますが、
未だに解決策を見いだせず、悩みの種の着物です。
今回も只ひたすら、おばあさん仕様。
もう一色入れたら良かったかなぁ‥‥?



さて、この翌日、珍しく連続で着物を着ましたので
それは明日にでも。
[PR]
by r_gardenspace | 2011-11-24 02:00 | 京都でのこと

秋の植え替え進捗状況

もう11月に入ったというのに、暑いですね〜
こんなに異常な気候は不安になりますが、
秋の作業が遅れている私は、
ちょっとだけ得したような気分になったりして。

今日も朝から必死で作業していたのですが、
バラの虫取り、剪定と、桂の落ち葉整理だけで、
午前中が潰れてしまいました。やれやれ。
午後は、今まで鉢で育てていたクレマチスを植え込んだり、
(これで夏の水やりがちょっとだけ楽になるかな)
植え場所が気に入らなかった宿根草の植え替えなどしましたが、
秋の陽はつるべ落としであっと言う間に時間切れ。
その上、やってるうちにやりたい事が何故か増えるので、
いつまでたっても完了の二文字が見えてきません。
いったい何時になったら球根が植えられるやら!
やばいっす。

そんなこんなで、お見せ出来るような写真がないのですが、
少しだけ。
今年の秋の初め?くらいに、初めてコキアを植えました。
実は、一から自力で!の気合いだけはあり、
種蒔きしていたのですが、全くうまく育てられず!(爆)
結局、買ってきた苗を植え込みました(^^;;;;
さすがにプロの作ったものはりっぱですね〜
あっという間にスクスク大きくなり、
10月の半ばには美しく紅葉していました。
携帯で撮ったこれ↓
c0206047_2333098.jpg

でもこの美しい時期がもっと続くものだと思って
のんびりしていたら、ほんの10日ほどでこんな状態に(泣)
c0206047_23331896.jpg

一時は存在感抜群だったのにあまりに早過ぎます〜
結局今日、抜いてしまいました。
来年はその事も踏まえてもうちょっと上手く採用したいものです。



あっという間‥といえば、この人字草も。
↓初夏の様子。右奥にいるのが
c0206047_23335939.jpg

山アジサイの横に植えていたカラス葉人字草、
ちょっと前から根元から蕾の塊が上がってきていました。
満開は一昨日くらいでしたか。
写真を撮ろうと思いつつ、撮る時間がなく‥
それでもまだ猶予はあるだろう、と高をくくっていたら・・・
今日、もうこんな状態に!
c0206047_23343469.jpg

あ〜そんな早い事萎れなくても‥!(;_;)
しかもコレ、撮るのめっちゃ難しいし!
お花のアップはこんな↓ 実際はもうちょっとピンクがかっています。
c0206047_2335855.jpg

これほどお花がシンナリしているのは、
日陰過ぎるからでしょうかね?
これも植え替えするべきかなぁ‥ あ、ほらまた仕事が増えた!



人字草の満開が長いと勘違いさせた原因はコイツ。
c0206047_23353946.jpg

↑のカラス葉と一緒に、去年長野で買ってきたこの赤い花の子。
(これは大文字草かな?)
これはカラス葉よりも前から満開で、未だにきれいなままです。
茎もしっかりしているし。
葉っぱは‥ えーと、ないですが(爆)
横に写ってる鮮やかな葉はコリダリス・ベリーエキサイティング。
c0206047_2336013.jpg

ベリーエキサイティングちゃん、今、新芽がどんどん出てきて元気いっぱいです(嬉)



さてさて。
今ざっと考えただけでも、植え替え待機組は10個くらい?
はぁ‥ 明日も朝から作業せねばなりません。
[PR]
by r_gardenspace | 2011-11-03 23:46 | ガーデニング