<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

おとなしいです。コアシナガバチ

またもや、ほったらかしにしていました。
去年、ン十年ぶりに再編し、発売された海外ドラマDVDを手に入れ(感涙)
またもや、はまってしまっている‥今日この頃です(^^ゞ
この話はあまりにレアでマイナーで
読みにきて下さってる皆さんを置き去りにしそうなので、
ここではなしにしますね。
‥とか言いつつ、いつかポロッと話してしまいそうですが!


さて、
ほったらかしにしていた理由はもう一つあります。
というか、これがホントに抜き差しならない理由‥(^^;;;;
現在の拙庭、見るも無惨な状態なんです。
雑草は蔓延り、伸びたシュートは奔放に暴れ、葉は虫に食われ、
暑さでご臨終の子はそのまま、枯れ葉は茶色く景色をぶち壊して‥
その上管理人は見て見ぬフリを決め込んでる(^^ゞので、
ここに出せる状態ではないんです(^^;;;;
ま、毎年こうなんですけども(爆)
でも先日、みーさんのブログの記事を目にして、
内にも同じのがある!とアップです。
蜂の巣です。
↓みーさんのブログの記事
これって、危険ですか? ( ̄д ̄;)
君たち、何してるの?・・・懲りずに蜂の観察 ( ̄ω ̄;)


たぶん、コアシナガバチだと思うんですが、
ロウブリッターの枝にお母さんがせっせと作り始めたのは5月。
c0206047_22135562.jpg

↑これが最初のショット。5月末
以前、マンションに住んでいた頃も、同じこのコアシナガバチが
バラの枝に作りかけた事があったのですが、
その頃は、蜂の事を余り知らず、
ただひたすら恐くて除去させてもらいました。
その時は、ほんの土台部分を作っただけの状態だったので、
私にもできたんですけど。

でもこのコアシナガバチは攻撃性が低いとも聞きましたし、
なんせ益虫。 うちのバラにワンサカいるチュウレンバチの仔を
食べてくれるのなら、私との利益も一致。
~と、そのまま枝を賃貸することにしました。
もちろん害虫退治が賃貸料。
作った場所が、ちょうど私の目の位置の高さなので、
観察もしやすいです。

c0206047_22155735.jpg

↑これで7月の初め。だいぶ大きくなってきました
この辺の掃除が全くできないのが難ですが、
3~40センチくらいまでカメラを近づけても全く無関心。
一度だけ、
剪定をしている時にお宅の枝を揺すってしまった事があって、
その時だけ全員が羽を震わせて警戒態勢をとりました。
それが唯一、怖かった経験ですが、
その時もすぐその場を離れたら事なきを得ました。
c0206047_22172791.jpg

↑白いのが幼虫。たくさん居ますね。
よく観察していると、
取ってきた肉団子(たぶんチュウレンバチの幼虫)を、
皆で切り分けて子供の食べやすいサイズにしています。
その連携に心温まる気分です(めちゃめちゃ偏った意見(笑))
惜しむらくは、
どれが女王蜂なのか判らない事。色とか違えばいいのに!
↓今現在。どんどん大きくなっています。最近左上の一画が新たにベッドルームに
c0206047_22185550.jpg

それにしてもこれ、どこまで大きくなるのやら?
そしてどれくらいで次の段階(巣の放棄?)に行くのか?
興味は尽きません。



ところで、
このコアシナガバチの巣とは別に、桂の木の中程に、
美しい黄緑色した幼虫が目立つ、もっと大きな巣が出来ています。
たぶんキボシアシナガバチでしょうか?
(それも今度出来たら撮影します)
我が家の害虫ハンターはこの2件体勢。
気のせいか、チュウレンバチの仔の数が減っていると感じる今日この頃です(^^)
[PR]
by r_gardenspace | 2011-08-20 22:50 | ガーデニング

悲しい送り火

しばらくほったらかしにしてしまいました。
というのも、気になる事がありここで書かなければ‥と思いながら
どう文章にすればいいか?悩んでおりました。
結果的に悲しい結末になってしまった、
五山(大文字)の送り火の事です。

改めてご説明する必要もないと思います。
最初は「良い事を考えられた」と嬉しく思っていた、
大文字での陸前高田の被災松使用。
その後の突然の中止騒ぎには、
せっかくの被災地の方のお気持ちを踏みにじるような行為、と、
京都の人間として、大変!恥ずかしく、
憤りを通り越して怒りを感じておりました。
それが一転、再び五山で陸前高田の薪が燃やされることになり、
尚も恥ずかしいながら、少しだけ、
救われた気持ちでいました。
いや、被災地の方の事を思うと独り善がりですが。
それが・・・・

再び中止だなんて!
ニュース‥すぐには理解できませんでした。
こんな‥
被災者の方の気持ちを何度も悲しませる事になるなんて‥!


セシウムが検出された事も寝耳に水でしたが、
よくよく聞いてみれば、表皮から出たのであって、
幹からは検出されていないとのこと。
それなら幹の部分だけ使用すればいいモノを‥
もはや時間がないのでしょうか。
皮を剥げば良いなんて‥そんな発想は
単純過ぎるのでしょうか‥?


そもそも今回のこのゴタゴタは、
大文字保存会の信念のない行為が発端。
最初の、被災地の方が直接書かれた護摩木に、
放射性物質が検出されていなかったのなら、
計画通り行っていれば
今回のような事にはならなかったのに‥!



とにかく、
被災地の方々のお気持ちをここまで混乱させ、
結果的に踏みにじったこと、
そして新たな風評被害の発端を作ってしまったことも、
大変恥ずかしく思います。
本当に‥ 申し訳ありません。
京都の人間の一人として謝らせてください。


16日、今年も変わらず行われるであろう
五山の送り火。
でも毎年のような気持ちで送り火を見る事はできません。
これだけ、日本中‥いや、世界中の方々が被災地を思い、
日々、復興の一助に‥と活動されているなかで、
京都だけが、その輪から外されたような
(いや、自分から拒否したようなものですね‥(悔)
情けない気持ちです。


写真は
庭で咲いていたミッドナイトレディの花。
拙庭では数少ない菊科の花。

c0206047_4574443.jpg

[PR]
by r_gardenspace | 2011-08-13 05:08 | 京都でのこと

花アロエ

一ヶ月程前から、花アロエが咲き始めています。
本名、ブルビネ・フルテッセンスですね。
c0206047_21212832.jpg

まだ2年目の子で、
私はお花を見るのは初めてです。
でもこんな小さなお花とは!
c0206047_21195686.jpg

以前どこかで見せて頂いたのは、
もっと大きなお花でしたから、
私の育て方の所為でしょうね。
なんだろう?肥料が足りなかったのかなぁ‥
しかし、小さいとは言え、
お花自体はとってもチャーミング。
まるでファーのイヤリングみたいですね。
c0206047_21202891.jpg



お花は小さいけど、
冬の間も屋外でも文句一つ言わず
(葉はちょっとシモヤケしたので、
やっぱり屋内の方がいいですね‥反省)
花穂を4本も立て、
一ヶ月以上咲き続けてるのですから、
かなりのおりこうさんです。
来年はもうちょっと大きな花を咲かせられるように
してやりたいものです。
↓これがほぼ現在。
c0206047_21211251.jpg

※調べたら4月から10月まで咲くそうですね!肥料、追加します!
※※みーさんちでも発見!
みーさんのはたっくさんの穂が立っています!
[PR]
by r_gardenspace | 2011-08-05 21:25 | ガーデニング

七月3度目の着物

色々バタバタしております。
いや、そんな大層な事ではありません、
暑さの所為で(と言い訳しておこう)
私の処理能力が遅いだけなんです。
ここもこのままにしたら、ほったらかしにしそうなので、
簡単に‥。

先日、お友達とまた着物でお出かけしました。
相国寺で開かれている
「ハンブルグ浮世絵コレクション」
前期と後期に別れていて、残念ながら前期は見逃しました。
内容を書き出すと、
性懲りもなくだらだら長くなりそうなので、
今日は着物の事だけ。



先日着た上布をもう一度。
帯だけ替えました。
今回は(今回も?)栗山さんの孔雀柄 麻九寸。
c0206047_10175830.jpg

これもなかなか締める機会がなく、3年ぶりくらいの登場です。
前回の栗山帯と同じような状態のはずなんですが、
ベースの色がベージュなので黄ばみ、全然判らず!爆(≧∇≦)
しかし、見た目は大丈夫でも、
シミは付いてるはずですよね、絶対。
やっぱり秋になったらクリーニングに出さんとあきません。
最初の写真が黄色く写ってしまいましたので、撮り直しました。
花はこれ‥クレマチスでしょうか?

c0206047_10181482.jpg





お友達はなんと、今回栗山さん尽くし。
奇しくもペアルックとなったのでした。
c0206047_10184116.jpg

それにしても素敵な上布。
この着尺、数年前に栗山さんで製作中のを見て、
ゲットされたのでした。(私も同席)
ほんと、心躍る瞬間とはこういう時なんだなぁ!と
その時実感したものです。
いろんな所で色んな物を見ますが、
なかなかこういう経験はありません。
私もいつかそんな経験をしたいものですが‥!


この後のランチは久しぶりに和食。
(和食は高いイメージがあり、
このところずっと敬遠していましたが、
探せばあるものですね!)
「御幸町 つばき」
リーズナブルかつ、美味な食事をして
大満足で帰ってきました。


夏は暑くて大嫌いですが、
やせ我慢でも着物を着て出かけると、
やっぱり特別な時間が流れます。
‥な~んて!(^^ゞおほほ
こんなこと言ってられるのは、
今年は、ずいぶん涼しいせいですね!
このまま酷く暑くならず秋になってくれたらなぁ‥
[PR]
by r_gardenspace | 2011-08-04 10:45 | キモノ