「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ほぼ初寄植え

寒い日が続いています。
今まで、雪が降っては「こんな雪ではできひんわ」と言い、
気温が一桁だと、「寒過ぎて外へ出る気が起こらへん」などと言って、
庭仕事を伸ばし伸ばしにしてきました。
が、
先輩ブロガー(oldroseさん)の書かれた記事に刺激され!
(この季節の長野で、精力的に庭仕事をされています!)
これではいかん!と、私も冬の仕事に取りかかり始めました。
特に今日の午後は、予定外にぽっかり時間が空いて、
少し仕事を進める事ができました。


内の庭の場合、冬の仕事で一番時間を割かなければいけないのが、
バラの植え替えです。今年はざっと6鉢ほど。
その内の大仕事必至の2鉢に、
まだ取りかかっていないのが一番気になるところです。

‥なんて言いつつ、
今日何をしていたのかと言うと、寄植え作りなんですが!!(^^;;;わはは
(イヤ、バラの植え替えも少しはしましたが)
ホントは、
寄植えは苦手で、ほとんど作ったことがなかったんですが、
作ってみると‥こりゃ楽しい〜!
c0206047_2341939.jpg

c0206047_23413253.jpg

カルーナ・ブルガリス ×2色
(以前、sachikoさんが作られていたカルーナの寄植えがあまりに素敵で、
私もつい花屋さんでゲット。これが今回の寄植え作りのきっかけでした。
ただもうピークを過ぎた時期だったので、色々選べなかったんですけど)
他は
紫キャベツ
カレックス・ブロンジータ
寒咲きカレンジュラ
家にあった、斑入りのヘデラ
大輪シバザクラ(ブルー花)
それと陰になって見えてないですが、
ヘリクリサム・シアンスチャニカム
(↓左隅に写っているシルバーリーフのがそう)
c0206047_23415435.jpg



寄植え、苦手な理由は
同じ性質の物をちゃんと集めないといけない‥と言うことと、
生長したら窮屈過ぎて問題が出ないのか?など、
要らん事を考えてしまって。
今回の寄植えも、
初夏前にはバラシてそれぞれ適した環境に移した方がいいのでしょうね?
‥はぁ、やっぱり大変だぁ
それにしても紫キャベツは食べられるのかな〜(^^)
[PR]
by r_gardenspace | 2011-01-28 23:57 | ガーデニング

心配です。

このところの寒さで、育てている植物達は縮こまってます。
植物達だけではなく人間も、この寒さでは庭へ出る気力もなく‥
なので庭仕事は全くと言っていいほど捗ってません。
当然ここへ書くネタもなく・・・
と、またもやブログを放置した言い訳です(^^;;;



前回アップの鳥の巣箱の事。
あれから鳥(シジュウカラ)は一度だけ、オープンハウスに来てくれましたが
もちろん、それ以上のことはなく‥。
マキさんのアドバイスで、久しぶりにピーナツリースも作ってみましたが、
これも今の所、食べている形跡はありません(泣)
c0206047_21375969.jpg

今回はちゃんと殻も割ってあるんですがねぇ‥。
前の使い残し(2年前?爆)の古いピーナツなのがやっぱりイカンのでしょうか!
‥もう捨てます。



ところで気になるのが、鳥インフルエンザのニュース。
今日はとうとう関西でも野鳥の死骸からウイルスが見つかったようですが、
たぶんもう、日本全国同じような状況なのでしょうね。
今の所、私たち人間は何も出来ないのももどかしいです。
以前はミカンを差すと、必ず同じメジロのカップルが来てくれて、
楽しませてくれたのですが。
そんな事も今はあまりしない方が良いのでしょうか?
c0206047_2131174.jpg

↑以前、来ていた子



そう言えば、
近くの賀茂川にも鴨がたくさんいます。
これは先日、去年の暮れに賀茂川で撮った写真。
c0206047_21322824.jpg

もうちょっと寄りたいけど‥
一定の距離以上には近づかせてくれません。
c0206047_21325391.jpg

それにしてもみんな仲良く何かをついばんでいます。
アキニレハルニレの下なのでなにかハルニレの実でも落ちているのでしょうか。
c0206047_21333657.jpg

みんな無事に生き抜いてほしいです。
[PR]
by r_gardenspace | 2011-01-26 21:43 | 自然・生き物

鳥さん(シジュウカラ希望)おいでやす〜

今年の冬は寒いですね〜
年末年始の大雪で、ミモザが折れそうになっていましたが、
あれからすぐ、支柱を立ててもらいました。
それがこんな感じで・・・
c0206047_21464217.jpg

いつもお世話になっている植木屋さん、
もの凄いりっぱなのを立てて下さいました。支柱間には筋交い入り!(笑)
今までシナっていたミモザもピンと立って、実はこんなに背が高かったのね!と、
見直しました(^m^)
その2日ほど後にはまた雪が降りましたが、今回は安心。
c0206047_2147198.jpg

この日は大晦日ほどではありませんでしたが。
ところでその日の桂の様子です。
c0206047_2148283.jpg

そういえば、桂の全体像は今まで出していませんでしたね。
実はこの桂には巣箱が3年ほど前から掛けてあるんですが、
今まで一度も、何方も越してきてくれないんです。(涙)
この前、baruさんとこで巣箱のお話が出た時に、
内も一度掛けかえてみようと思い立ちました。
baruさんとこでの記事を参考にさせて頂くと、なんと内のは
鳥さんが嫌う要素が色々ありました。
(内の猫は完全室内猫ですが)もともと外猫が何匹かいるのに、
以前はかなり位置が低かった(約2m弱くらい?)のです。
それが気になって、去年、掛け替えたんですが、
今度は巣箱が少し上を向いてしまったのです。
参考にさせて頂いたのに因ると雨が入っちゃダメと。当たり前ですよね。
今までのもかなりくたびれてきてますし、
巣箱自体がお気に召さないのかもしれないので、ネットで探して注文しました。
頼んだのはここ↓
むろねっと産地直送便
安いのを選んだのでキットですが。
c0206047_2151952.jpg


それを今日組み立てたのですが、なんせ素人。
木工ボンドで仮止めしたいけど、鳥が嫌わないか?(大丈夫では、と)とか、
色を塗りたいけど鳥が嫌がる色はないか?とか(これといってないらしい)
色々細かい事をお聞きしました(^^ゞ
ほんとうは色を塗りたかったけど、どうも秋から今頃までが、鳥にとっての
オープンハウスの時期らしくって、
先ずはすぐにでもここに物件がある事を認識してもらわなければ!と、
今年は無垢のままのナチュラルハウス(笑)で勝負です。
c0206047_21514890.jpg

向かって左の側板は、釘を支点としての扉仕様でしたが、
まっすぐ釘を打つ自信がなく、蝶番仕様に変更しました。

去年よりは更に高く、東側の幹4m位の位置に取り付けました。
c0206047_2154753.jpg

去年までのが左下にありますが、ちょっと上を向いているでしょう?
もちろんこの後外しました。
なかなかの出来映えにムフフ‥と一人悦に入っていたのですが、
掛け終えて家の中から見ると・・・
入り口側は全く見えず、右の側板が正面。はぁ〜‥がっくし。。
まっすぐになる事を優先しましたので仕方ないですが‥。
ま、でも
とにかくは、お客さんに気に入ってもらうことが重要。
baruさんとこみたいに、内にもきてくれますように。
[PR]
by r_gardenspace | 2011-01-15 22:03 | ガーデニング

’11初失敗

さて、正月着物の続きです。
3日、夕方からは大阪梅田にある大阪能楽会館で行われていた
茂山家の「新春/天空狂言」を見に行きました。
c0206047_2351466.jpg

夕方からの演目は三つ。

「福の神」
 神社に福の神の参拝にやってきた二人の男の前に福の神が現れる。
 福の神は二人を幸せにしてやろうとお神酒を所望する。

福の神は人間国宝、茂山千作さんが上演するはずでしたが、
体調不良とのことで、急遽七五三さんが。
千作さんなら表(面)なしで演じられるところ、七五三さんは表を付けて。



「素袍落(すおうおとし)」
 急に伊勢参宮を思い立った主人が、伯父を誘うため太郎冠者を誘いに出す。
 太郎冠者が伯父に勧められた酒を楽しそうに飲み、徐々に酔っぱらっていく。

今回一番楽しかったのはこれ。
太郎冠者を千五郎さんが演じ、大変面白かった。
いつもは保っている建前がお酒が入ると本音が出て‥居るよな〜今も。
こういうおじさん(笑)



「長光」
 田舎者が市場に出かけると、その田舎者が持っている太刀を盗もうと盗人が
 近づいてくる。言い争いになり、目代が仲介に。しかし目代の質問を盗人が
 盗み聞きしていたので、盗人も同じように答える。それに気付いた田舎者は‥

これを見るのは二回目。
こんな手口は無理があるだろ?って思いながらも、物語の世界に引き込まれる。
今も昔も、世の中いろんな種類の人がいたんだな〜。





そんな、
今年の狂言始めは今までになく、大阪からのスタートでした。
茂山家、暮れに茂山千之丞さんが亡くなって、
なんとなく寂しく感じたのは否めないのですが、
若手がどんどん育っていますし、
これからも精力的に私たちを楽しませてくれることでしょう。

で、この夜着ていたのはこれ↓
c0206047_2356452.jpg

お太鼓はこんな‥
c0206047_23593778.jpg

灰桜の紬に、兎と宝づくし模様の黒の塩瀬。
この九寸は着物にはまってから、初めて買った帯でした。
思えばその前の兎小紋といい、この九寸といい、着物初心者の時、
続けさまに兎模様を買っていた事になります。
しかし、小紋は卯年でなくてもいつでも着られますが、
この帯は柄が柄だけに、やはり卯年のお正月以外は着にくい感じ。
今なら買うのを躊躇しただろうな‥と思うのですが、
何も知らない時期、私はこれを友達のお目出度い席に着ていこうか?などと
思っていたのです。おーまいがっ!知らないって恐い。
幸い踏みとどまったのはラッキーでした。


でもとにかく着ないともったいないので、今年のお正月は絶対着るぞ!と
狙っていました。
しか〜し! やってしまいましたのです。
この日、これだけでは寒いので、去年のお正月も着ていたチャコールグレーの
マントを羽織っていたのですが、なんせ扱いにくい。
(脱いだら引きずるし、着る時は洋服のような羽織り方をしないと無理)
そして、この帯は滑る塩瀬。
なんか行きの電車の中から、背中から伝わってくる感じが歪んでるな‥と
思っていたのですが。チェックしなかったのが今も悔やまれます。
帰って鏡で見たら!これ↓
c0206047_014383.jpg

もう、緩みきってタレは斜めに長く垂れ下がり。
今にもダラリと落ちそうな状態!ひ〜!
羽織りではないので、会場では常にマントは脱いで持っていましたので、
そりゃ〜いっぱいの人にこの状態を見られたのです!恥ずかしい〜〜!!
塩瀬帯、侮りがたし!
自分の技術力のなさに正月早々、直面させられた夜でした。
[PR]
by r_gardenspace | 2011-01-10 00:05 | キモノ

今年初着物(兎柄)

懸案のミモザの支柱立て、
今日、植木屋さんが作業(ついでに剪定も)して下さったので、
これで雪の心配がなくなりました。
その画像とご報告はまた次の機会に。


さて、お正月と言えば、着物好きにとっては
「あら、あの人 着物だわ」的な目にさらされる事のない、数少ない機会です。
特に今年は卯年、
持っている兎柄の着物や帯を登場させられる恰好の機会、と
前々から初詣はこれで、他の機会はこれ‥などと計画を立てていました。
ところが、今回のこの大雪で予定は総崩れ。
元日に行くつもりの初詣、
いくら近所の神社でもあの雪のなか、着物でいくのは
着物をそのまま悉皆屋さんに直行させる事と同じでしかありません。
なので、家族には
「今行くことないやん、みんなが行っても私は行かへん」なんて、
むちゃくちゃを通したりして(笑)
雪が綺麗に融けるまで待つ事にしました。

で、結局、初着物を着れたのは3日。
この日は夕方から、
今年初の狂言見物で『着物で』大阪まで出かけるつもりでしたので、
一日に二度も着付け。
それくらい同じの着て行けばいいじゃん‥って、以前の私なら絶対思ったはず。
でも兎柄には今しかない!今回逃したら、次はまた12年後?!と、
無理矢理のお色直しです。
我ながらアホです(^^;;;;


それで、先ず着たのがこれ↓
c0206047_0184086.jpg

一昨年12月から着るのを封印していた兎小紋。
帯は、お正月の度につけている宝尽し(九寸)
に、上に黒の長羽織をはおり、ショールもひっかけて。
全部、何度か袖を通したものばかりでしたので、
唯一、帯締めだけを初下しにしましたが、
雰囲気あってなかったなぁ。
c0206047_019243.jpg



肝心の神社はまだ足下が濡れていて、
一部ぬかるんでいる所もあったりして、
着物は‥ ぎりぎり無理なかんじでした(笑)
さすがに何方も着ておられるのを見ず。
私・・・浮いてたみたいです〜  わはは(泣)


さて、夕方からはいつもの茂山狂言を見に
大阪の能楽会館へ行ったのですが。
この夜、ワタクシ着付け大失敗してしまいまして!
その話はまた明日。
[PR]
by r_gardenspace | 2011-01-08 19:56 | キモノ

雪、大変どした

今年のお正月、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?
何より雪、いかがでしたか?
いわゆる雪国と言われる所では降らず、今回は
山陰地方中心に、西の方で雪が多かったようですね。
(お正月早々、停電や立ち往生など、大変な思いをされた皆様、
お見舞い申し上げます)
京都でも何時にない大雪でして。
特に大晦日の早朝から降り始めた雪はあっという間に一面を
雪で封じ込めてしまい、
分刻みで消化していこうと思っていた用事はことごとく頓挫。
いや、室内の用事だけなら大した事ないんですがねぃ。
外の用事ができてしまいまして。

内の樹木はほとんど落葉樹ですが、
唯一の常緑樹ミモザがこの大雪でエラい事になっていたのですだ!
家の中からは見えない位置にあるミモザですので、
気付くのが遅れてしまった事もあるんですが、
気が付いたら、
雪の重みで撓み、前に止めてある(他所の)車に多いかぶさっていて!
ミモザ自身、今にも折れそうな状態でした。

大急ぎで車をどけてもらい、雪を落としましたが、
やっている最中も雪は降り続いているので、
これって無駄骨?と自問しながら、必死にふるい落としてました。
暗くなるまで、2〜3時間おきにそんな落雪作業を繰り返し‥
しかしさすがに夜中はできませんので、
昨年最後の夜は、朝起きたらミモザが折れてませんよう‥なんて、
ネガティブな願いを胸に就寝しました。

写真は、一度雪落としをしたにもかかわらず、
あっと言う間に積もったミモザの雪。
c0206047_2330295.jpg



幸い、年始早々折れたミモザを処理する事はありませんでしたが、
雪のなくなった今も、樹形は撓んだままで固定されてます(泣)

↓1/5追記
その写真、アップしました。
c0206047_2332108.jpg

いっぱい、楽屋裏の汚いのが写っていてお恥ずかしい。
ご覧のように、主軸が前へ30〜40°傾いて、戻らない!おーまいがっ!!
どうしたもんでしょうか‥?
(剪定+支柱する事に一応、決めたのですが)





実はこの大晦日には、
近くの上賀茂神社に、
大祓式なるものを初めて見に行こうなどと思っておりましたが出来ず。
たまにはおけら参りもいいかな?などと思っていたのも行けず。
ましてや元旦の初詣も延期いたしました。


写真は、(我が家から西の)山や木々の朝やけがキレイだなぁ、と
撮った元旦の風景。
c0206047_23311076.jpg

そこいら中が雪に覆われて、
きっとちょっと足を伸ばせばもっと綺麗な写真が撮れるだろうな‥と
思いながら、でもあまりに雪が深くてどこにも行けず、
こんな写真でお茶を濁しています。



初詣も延期なら、
隣県からやってくる兄家族も家から出られず、この日も予定は狂いっぱなしでした。
そんな中、午後になってやっと家族だけで近くのレストランへ。
着物好きには有名な「しょうざん」
この施設の中にある中華料理を食べに。半分積雪見物ですが。
このころになるとだいぶ雪も融けてきて、ここ鷹峯も
普通に車でやって来れました。
c0206047_2340865.jpg

レストランからの風景。雪とプールがミスマッチ!↓
c0206047_23333250.jpg



そんなこんなで、
雪国の方の苦労が身にしみた年末年始でした。
いつも雪の大変さを理解せず、
「冬が好き、雪が好き」~などとほざいているバチが当たったのかしらん?
それでも、やっぱり雪、好きなんですけどね(^^;;;
ただし、ミモザの事、どうにかせんとあきません。
[PR]
by r_gardenspace | 2011-01-04 23:42 | 京都でのこと

あけましておめでとうございます

c0206047_1881860.jpg

あけましておめでとうございます

昨年は私の拙いブログにご訪問下さいまして、
ありがとうございました。
今年も相変わらず、
全てが中途半端なブログになるかと思いますが、
どうかお付き合い、よろしくお願い致します。

皆様にとって良き一年でありますよう、
お祈りしています。
[PR]
by r_gardenspace | 2011-01-01 18:11 | イラスト