「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

京都府立植物園にて

盆栽を趣味にしている方から
「今、京都府立植物園内で展覧会(?)をしているのでよければどうぞ」と
誘われたので一昨日、見に行ってきました。
その方は盆栽のサークルのようなものに参加されていて、
見せて頂くのは二度目です。出品されているのは2、30名ほどでしたが、
なんと!その方の作品が賞を獲得されていたのでした!
凄い!
どの作品もとても立派なのに、その中で選ばれるくらいですから、
やはり素晴らしかったです!
ホントは写真を撮りたかったけど、なんとなく撮ったらあかん雰囲気に
会場が満ちていて、怖じけづいて撮れず。
承諾を得たら撮っても良かったかも。失敗しました。
盆栽を見るのは大好きで、
その方からも、ぜひやってみて!とずっと誘われているのですが、
やったらハマる事が目に見えているので、逆に踏み込めません。
だって今の庭だけで精一杯なのに、この上盆栽に手を出したら‥もう、
ますます全部、中途半端になってしまいそうで(^^;;;



さて、一緒に行った母と近所の方とはそこで別れて、
私は久しぶりの園内を1/3ほどだけですが、散策してきました。
今、秋バラが満開でした。
何度も行っているのに、バラが満開の時期に行くのは初めてです。
我が家のバラと違い、元気そうな子達が咲き誇っていましたが、
ここのバラ園は工夫が無いというか、
ただバラの品種を並べただけの品評会チックな植栽で楽しくありません。
古式騒然とした『バラ園』ではなく、空間演出を期待しているんですがねぃ。
なのできれいに咲いていたチャールズ・オースティンの写真のみ(レモン香がGOOD!(^^))
c0206047_0102981.jpg







バラ園だけではなくて、
古くからある植物園だけに、なかなか変化するのは難しいのかもしれません。
それでも今回見て驚いたのは、エンジェル・トランペット。
c0206047_0104794.jpg

こんなに大株になっているのは初めて見ました。
サルビアやウィンター・コスモス?などの小輪花と、
色彩的にもなかなか刺激的な組み合わせ。





巨大というと、アメリカフヨウ。
実物を初めて見ました。本当に!大きいですね!
c0206047_011150.jpg

この花、私の顔‥いや、頭より大きかったような(^^;;;;
はっきり言ってここまで大きいと可愛くない〜(笑)





バラ園の傍には(名前見るのを忘れました)たぶん、ヒマラヤスギの巨木もあるのですが、
松ぼっくり(本当は球果と言うんでしょうか)がいっぱい付いていて、目が釘付け(^^)
c0206047_0123798.jpg

c0206047_0112199.jpg

↑これは去年の花が実となったものなんですよね?
↓別の木には今年の花(つぼみ?)が付いていました。
c0206047_0244660.jpg

入り口近くの木にもこんなに沢山の球果が!これはもみの木でしょうか?
c0206047_0125520.jpg






さて、自分の庭の悩みは日陰部分。
何を植えても育たない場所があるので日陰に何が植わっているか興味があります。
今回気になったのがこれ。
c0206047_0133085.jpg

でも名前が判らなかったんですよね〜〜!
c0206047_0141780.jpg

白い花(黒くなる前の実?)と、黒い実が同時に見られるんですね。なんだろう。
c0206047_0143275.jpg

名前ご存知の方、教えて下さいませ。
でもこれ、乾燥している拙庭には無理そうな気もします。




そして、この日最もショックを受けたのがこれ。
c0206047_0145741.jpg

入り口すぐの常緑林の椎の木などに施されたこれは、
c0206047_0151694.jpg

だそうです。
私も以前ちょっと書いていましたが、
京都市をぐるりと囲う山の木の、多くが枯れているのです。
今でこそ、目立たなくなってきましたが、
夏の間は青々とした森の中に茶色の木が目立つ事!
それが半端な数ではないのです。
ニュースなどでも話題になってましたが、
やはり植物園としては手をこまねいている訳にはいかないのでしょうね。
しかし自然の中の木にも、何か解決策(根本的な)はないのでしょうか。
c0206047_015461.jpg

痛々しいです。



最後に、そんな常緑林の中の、
幹にシダがこんなに付いた(確か)楠。
c0206047_017229.jpg

こちらは何の看護もなしの健康そうな様子。
とても神秘的で美しく、思わずシャッターを押してしまいました。
[PR]
by r_gardenspace | 2010-10-19 00:27 | ガーデニング

猛暑を乗り切った、秋の花たち

今日はちょっとだけ撮りためた写真をアップしようと思っていたのに、
夕食にワイン飲んだら爆睡。
見たかったテレビも結局見れずじまい。最近とみにお酒に弱くなってます(泣)

春に比べたら‥いや、春でもたいして花の数が多い訳ではない拙庭ですが、
秋は更に花は少なくお恥ずかしいほどです。
そんなショボい庭ですが、
最近やっと涼しくなってきて、パラパラと花が咲き始めました。




夏から咲いていましたが今の方が調子がいいみたい‥なルリマツリ。
c0206047_2281387.jpg

廻りが絵にならない場所なので引いて撮れません。
来年は場所を変えるつもりです。




暑い時期の花のイメージだったんですが、
今年は暑さのダメージか?付くツボミがことごとく咲く前にダメになりました。
こんなにちゃんと咲いたのは久しぶりです。
黄色のブッドレア(名前失念/また調べて記載します)
※名前「イエロー・マジック」でした(10/19記載)
c0206047_229870.jpg

しかし葉っぱはバッタの餌食に。これも年々酷くなってる気がします。
(↑にも左後ろに居ます)




バーバスカム・サザンチャームの黄色いのだけが
元気にかえり咲きしてます。
しかも徒長もせず、いくつも花穂を立てて春よりもずっといい感じ。
本来はこんな形で咲くものなんでしょうね。
c0206047_230213.jpg






バラも少し。
イングリッシュローズの2種類、
ザ・ナンと
c0206047_2375237.jpg

ティージング・ジョージア
c0206047_231498.jpg

ティージング・ジョージアはもうすぐ咲くな‥と、シャッターチャンスを狙っていたのに、
気が付いたらここまで開ききっていました。残念。
まだ暑い証拠ですね。




アメジストセージも咲き出しました。
光を求めて前へ倒れ込んで、
オレガノ ・ノートンズゴールドにかぶさってます。
c0206047_2315438.jpg

春から2度ほど切り戻ししても、毎年秋にはこんな感じになってしまいます。
やっぱりもっとちゃんと支柱を立てないといけませんね。
オレガノ ・ノートンズゴールドはここにいる子だけがきれいに発色しています。
少しの日照の差だと思うのですが、えらい違い。





秋明菊もやっと!咲いてきました。
まだ2〜3輪ですが、今年はかなりたくさんの花穂が出ていて期待です。
c0206047_2322526.jpg







昨日、気が付いたのですが
ワイヤープランツのスペード葉に花が!可愛いですね〜
c0206047_2325156.jpg

以前からある丸葉のは(元気は良いが)全く花を見せた事がありません。
しかしこの株はまだ2年目?なのに驚き。
行き場のない放浪の身でストレスの多い生活をしているから(?笑)






最後に黄色紋白蝶のサナギ。
c0206047_2335496.jpg

毎年ミモザで子供を産み育て‥
ここから毎年何十羽という黄色紋白が(^^;;;;
可愛くて好きなんですが、おかげでミモザの葉はボロボロ。
下の秋明菊はいつも葉っぱの粉をかぶっています。
[PR]
by r_gardenspace | 2010-10-17 02:34 | ガーデニング

秋の作業 その3

今月の後半にはちょっとした旅行(^^)が控えているので
この9〜11日の三連休に、
秋の作業を一つでも多く済ませたかったのですが、
初日は外出(雨で心おきなく)、三日目は頭痛と、あまり成果は上がらずでした。
そんな中なんとか済ませられたのが、
(去年もやった)オンシジウムの植え替えや、
ギボウシの移動など。


去年の記録を見ると、オンシジウムの植え替えは9月でした。
その後春に、ツボミが伸びてきたレポートを書きましたが、
結局、花はお見せ出来るような状態にはならず終いでした。
一年経った今の姿は、というと、
オンシジウム本体は去年同様、生育良好とは言いがたい状態(;_;) な上、
夏の間ずっと外に置いてある為か?、水のやり過ぎか?
水苔の表面は緑になるし、
素焼きの鉢の表面はどんどん汚くなって、
もう見るに耐えない、
ここに載せるのなど言語道断なお姿(笑)

そんな訳で、鉢内部(根)がどうなってしまっているのか?
見るのがちょっと怖かったりしたのですが(^^;;;
だからと言って「じゃあ替わりに僕が」と言ってくれる夫が居る訳ではなく。
しようがないですよね。意を決してばらしてみました。

少し腐ったようなにおいが(かすかに)しますが、
元気そうな根が伸びて、去年に比べたら格段にいい感じ!
c0206047_20325273.jpg

3鉢の内の一つ。3つともだいたいこんな感じでした(嬉)


今年大発生しているバッタに葉を食べられてボロボロの部分もありますが、
これだけ白い根が伸びていたのなら大丈夫でしょう。
これからは室内に取り込むのでなんとか復活してくれるのでは?と思っています。
あまりに素焼きの鉢が汚なかったので、
作った3鉢の内、今年は一つだけプラ鉢に変更しました。
これだけ水やりを控えるように‥ 覚え書きです。
c0206047_20333039.jpg

プラ鉢のには大きい株と小さい株を詰め込んだのでなんとも不細工な格好です(^^;;;
それにしても蘭ってアジアンテイストですね。もう秋なのにここだけ夏(汗)





さて当初の計画では、三日目は、植え替えするつもりの物が2ツ3ツ‥。
ところが昨日は、久しぶりに頭痛で目が覚めるという最悪の日。
いつもなら、
薬を飲んで、なんとなく効いてきたところで庭で作業をすれば
いきなりスッキリ!と治るんですが、
何故か今回は芯の方の痛みがいつまでもだらだらと続いてしまいました。
痛みのある時の力仕事は堪えますが、
それでもやりたい気持ちが優先して、
結局小さい植えかえ一つと、
ホスタ「フランシス・ウイリアムズ」を植え替えることにしました。
それにしてもこのフランシス・ウイリアムズ、
以前にも書いていましたが、生長したら株幅2~3m(!?)にもなると言うのに、
調べもせず、狭い狭い場所に植えてしまって。
(バラ・アイスバーグの根元で2種類のアーチの脚が重なって刺さっている場所!)
初夏あたりから、どんどん大きくなる葉を見て、気を揉んでいました。
c0206047_20343945.jpg



そして、
苦労するだろう‥と思っていた掘り上げ作業、
案の定でした。
場所が場所なのでもう、少々根を切ってしまっても仕方ない、
とも思っていたのですが‥ 
‥やっぱりこれ、切り過ぎですね!どう見ても(大汗)
c0206047_20355216.jpg


ところで、
新たな植え場所は南京ハゼの足元ですが、
植え穴を開けるのもまた、大変でした。
もう何年も経って、何回も掘り返してるのに、未だにガラが出てくる!
(石ならまだしも瓦やコンクリートの塊が!)
業者の選定は、肝心です。


これで一応植え替え完了、ですが
c0206047_20362866.jpg

やっぱり時期が早過ぎたかしらん?とか
もうちょっと葉っぱ切っとかんとアカンかった?とか。
‥未だに悩んでます。




今年は、
秋は来るのが遅い‥と、今までのんびりしていましたが、
秋の作業、残りは後、
クレマチスの植え替え、球根の植え付け、
もちろんまだ残っている種播き→植え付けと。
あ、それに、移動したいのがあれ‥とあれ‥
とまだまだいっぱい。
そうこうしてる間、あっという間に冬が来て、
怒濤の年末年始の波が襲うんですよねぃ。

そんな、
いつものパターンが見えてしまっている今日この頃です。
[PR]
by r_gardenspace | 2010-10-12 21:28 | ガーデニング

ぐずぐず です

いつも帰りの遅い夫が、たまたま一日家に居たこともあり、
先日の敬老の日には、兄の家族と過ごした母への遅ればせながらの敬老祝い?に
昨日夜、家族で食事に行きました。

行ったのは京都コンサートホールの一階にある「La Muse
知らなかったんですが、
このレストラン、ワインの持ち込みが出来るそうなんです。
よくワイン一本2千円、などといったシステムで、
持ち込み可能なレストランはありますが、
ここはワイングラス一人一脚400円のシステム。
その上今回は、オープン15周年のチラシが手元にあって、
グラス代もただでした。
持っていったのはコレ↓
c0206047_2153182.jpg

ルフレーブのピュリニー・モンラッシェ2005
熟成感はまだ少なくて、ちょっとドライなのがもったいなかったですが、
育ちの良さは筋金入り。美味しかったです。
お料理も一人たった3200円(安っ!!)ですが、
年寄り三人には充分な量。もちろん、ワインとはバッチリ。
こんな値段で満足感が得られるんですから、これからもっと使おう。




さて、
そんなディナー、もちろん着物で行きました。
しかし急に降ってわいたように決まった事で、
こんなに、ぐずぐずな事になるとは‥(泣)

というは、この暑さ。
昨日は確か京都は最高気温27度でしたっけ。
夕方を過ぎても蒸し暑さが残っていて、
最初予定していた単衣の長襦袢、着てる途中に、もう暑さでギブ↑。
急遽、まだ麻の半襟が付いたままの綿麻の長襦袢(洗濯済み)に着替えました。
しかし、いくらなんでも麻の半襟のままでは‥と、
以前にも付けて四苦八苦した美容衿を再度登場させたのですが‥
それが裏目に。
いくつか安全ピンで止めたのですが、衿には結局添わず終い。
前はハダケるわ、後ろは着物の衿から飛び出るわ!で、
ほんとうに情けない着姿でした。
他のお客さんがほとんどいらっしゃらなかった事を思うと
開き直って麻のままの方が良かった、と今更の後悔です。
着物も、さすがにまだ袷を着る気にはなれず、紫のお召し。
帯はジャワ更紗(綿)の名古屋。(この帯も全く滑らず締めにくいこと!)
とにかく、もう、未だかつてないほどの‥知り合いの誰にも会いたくない‥
ヨレヨレぐずぐずの着付けでした。
c0206047_21542100.jpg

↑これは帰ってから、ちょっと手直しして撮っているのでマシですが、
本当はドエライ事になっておりました。
夜で色がでなかったので今日朝撮り直したのがこれ↓(でもあまり色変わらず(^^;;)
c0206047_2154313.jpg

猫が帯締めのボンボンにジャレつこうと狙っております。


当たり前の事ですが、
やはりちゃんとした事前準備の必要性を痛感しました。
まだ暑いんですから、夏の襦袢にも塩瀬の半襟は付けておくべきだったんですね。
もうこれからは要らないかもしれませんが‥
今度、庭仕事できない雨の日に付けようっと。
[PR]
by r_gardenspace | 2010-10-07 22:00 | キモノ

秋の作業 その2

先週の土曜日に草取りを中断して以来、
忙しくて庭仕事には全く手を着けられなかったこの一週間でしたが、
昨日は朝からめいっぱい庭仕事に没頭できました。
疲れた~!でも満足デス(^^)
とは言え、一日で出来たのは、南京ハゼの下の雑草取りと、
ずっと気になっていたミモザの剪定など。
ミモザは今頃剪定するものではありませんが、
何年か前からカイガラムシが付いていて、特に茂みの中心は
蒸れるからでしょうか?被害が酷い状態なんです。
陽の良く当たる外側は健康そのものなんですがねぃ。
かなりの枝を切ってちょっとスッキリしましたが、
カイガラムシは一時的に減っただけでしょうね。
ミモザ、お花は大好きなんですが、大きくなり過ぎる事や、雪や風に弱いこと‥
はっきり言って今、かなり持て余しています(^^;;;



さて、そんなミモザの写真は撮り忘れてるんですが、
今、庭で咲いている数少ない花の一つが、
斑入りカリガネ草
c0206047_161755100.jpg

涼しい場所にお住まいの方の開花情報は、もうずいぶん前に聞いていたのに、
内では花芽がなかなか上がってこなくて心配しました。
が、先日からやっと咲いてきました。
c0206047_16271863.jpg

植わってる所は目立たない場所。ちょっと可哀想かな。
ただ居心地は良さそうです(^^)
c0206047_16274044.jpg






今はもうピークは過ぎてしまいましたが、
ヤブランの白斑タイプ。
c0206047_16281036.jpg

こんなに淡~~い紫のお花が咲くんですね。
地味ぃな花ですが、こんなのも好きです。





また登場させてしまいました。
三尺バーベナ。
c0206047_16314398.jpg

奥に植えてしまったので光を求めて前へ出て、しかも倒れています。
でも強い。
この廻りの植物とうまくコラボしてくれました。





最後に、タカノハススキ。
c0206047_1633942.jpg

植木鉢栽培で、まだ3年?4年?めですが、
もうこの植木鉢の中はパンパン。
(しかし地に下ろしたら恐ろしい事になりそうですし‥)
秋だけ、玄関前に出してきています。
これ一鉢で秋の気配を演出してくれる貴重な素材ですが、
惜しむらくは、せっかくの斑が消えかかっている事。
先祖帰りなんでしょうか?
早くも代替わりさせないといけないかしらん?と思案中です。
c0206047_1636938.jpg

昨日から今日にかけて、稲の花のような花を一斉に咲かせました。
これからフワフワの穂になるまでずっと目が離せません。
c0206047_2285369.jpg
[PR]
by r_gardenspace | 2010-10-03 16:43 | ガーデニング