「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

失敗

あぁ〜 せっかく今日は一日庭作業が出来るぞ!と思っていたのに。
久々にやっちゃいました。大失敗。


 和の習い事の京都市全体の勉強会。
 それが今日、朝9時から行われたのです。
 確かにね、私も8月頃これに申し込んだのは覚えていました。
 でもその頃のイメージのまま、まだまだ先の気がしてて〜(勝手に「確か10月?」なんて)
 だから朝、草取り中にあった「どうしたんだ?」の確認電話には正直、
 血の気がひきました。続いて久々に「ウロが来る※」も体験しちゃいました。
※慌てすぎて何やってるか自分でも解らなくなる事(関西弁?)
 着替えはままならない。現場に着いたら着いたでロッカーの前で入れたり出したり‥何やってんの!>私
 それにしても、この歳になってからの失敗は体に悪いです。
 今日の遅刻が帳消しになるよう(ならないけど)何時になくめいっぱい頑張ってしまったので、
 もう、ほんとに今、クタクタです。その上、
 「夜はせめて種まきくらいしよ」と思ってたのに、せずにこんなことしてます。
 だからいつまでたっても、作業が終わらないんですね。
 

明日は、少しだけでも庭に手をつけたいのですが、
明日は明日で来客ありで。先ずは部屋の掃除を優先せねばなりません。
これも、日ごろ綺麗にしておけば慌てなくて済むんですね。
全ては自分のせいなんですが‥
今日は中国問題も絡めて(なんのこっちゃ)殺伐とした気分なんで、
こんな写真を乗っけちゃったりして!


あ、でも注意して下さい。>嫌いな方
ムシ画像です。
あまりに『気持ち悪い+綺麗』だったもんで。

  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓ 
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
  ↓
 

 c0206047_22265668.jpg

8月の半ば、アミ・マジェス”クィーン・オブ・アフリカ”についてた‥蝶の幼虫でしょうか?
この後、蝶になる未来はなくしてしまいました(すんません)


↑こんなのを出してくる‥よっぽどネタ切れなのがバレバレですね。
せめて綺麗だったアミ・マジェスの写真でお茶を濁しておこう(爆)
c0206047_22272132.jpg
[PR]
by r_gardenspace | 2010-09-25 22:35 | その他

秋の作業/ジャーマン・アイリスの植え替え

やっと、少〜〜しだけ涼しくなって庭仕事もやる気が出てきました。
夏の間、見て見ぬフリをしていた庭は案の定もの凄い事に。
この三連休やりたい事は山積みで、
雑草取り、枝の整理、死にかけてた子の救出、植え替え 種まきなどなどなど。
しかし、いくら時間があっても足りないくらいなのに、
こういう時に限ってまた出かける用事もずらせなくて、
結局、庭はまだ夏のお疲れガーデン 荒れ地のままです。
なので写真もなし。 南無三。


唯一、
ホントは梅雨開け直ぐ!から適期のジャーマン・アイリスの植え替え作業、
抜いて新芽を乾かす、ところまでが出来ました。
ドウヤさんの冊子によると、ジャーマンアイリスの今のあるべき状態は、
新しい芽が大きくなって、新芽の取り外しも手でポキッと‥、なるはずなのに、
我が家の新芽はショボショボ。
一番マシ‥ドウヤさんの冊子に近い状態‥だったのが、タイムレス・モーメントのみで、
c0206047_2151158.jpg


他の二株は、かろうじて出ていた新芽を
ナイフで切らなければならないほどの小ささでした。悲しい



写真は切った新芽を窓際で乾かしちう。
右端のタイムレス・モーメントに比べて、真ん中(ソーシャル・グレイシス)の大きさの違い・・・
c0206047_20545677.jpg


同じ扱いをしていた訳ですから、
その種自体の力の違いだ(私の所為ではない)と思いたい(爆)
しかしこんな小さい子が、その内 花を見せてくれる・・・ように頑張らねば!




因に、以前書いたジャーマン・アイリスの記事ほこちら↓
2010/5/29 クレマ・ジャーマンアイリス・ムンディ
[PR]
by r_gardenspace | 2010-09-20 21:10 | ガーデニング

お米とお豆腐2010

一昨日は以前から楽しみにしていた、
茂山狂言と桂米朝一門のコラボ「お米とお豆腐」(落言=落語+狂言)に
行っていきました。
今回も、前回おつきあい頂いたお友達ご夫婦と一緒でした。
c0206047_1504652.jpg

プログラムは
①桂雀松さんの落語『磐若寺の陰謀』
②狂言『狐塚』
③そして落言『めーるの飛脚』
の三本仕立て。
前半の2作品、
古典的な作品の良さは変わらずあり、演者も慣れているので
安心して見ていられます。
一番の楽しみ、③の落言の今回の内容は、昨今のメール事情(若い男女の)。
去年よりはぶっ飛んでなくて(笑)ちょっとおとなしめ
(だって去年の作品が強烈過ぎ!(≧∇≦))でしたが(笑)
古典作品にはない、今の私たちが無理なく感じる可笑しさと、
この先どうなるのか?のワクワク感は、
初演特有の荒削りな側面を補って余りありました。
12月(東京)と、1月(大阪)の公演では
もっと完成されてるんだろうな?と羨ましくもあります。
これから行かれる方、楽しんできて下さい。
(前半の2作品、会場によっては違うものが上演されるようです)




さて、
前から着ると言っていた着物は当初の予定通り、
二度目の上布。
一時ちょっぴり涼しくなって、
さすがに上布を着るのはいかがなものか?と不安でしたが、
この日午後からまた暑さがぶり返し、上布にぴったりの気温‥
(喜んでいいのか?悲しむべきか(笑))
もう一つ、こういう席では着物に親しんでいる方が多く、
その方々の目も、気になる材料でしたが、
ここ最近(9月に入ってからも)夏物を着ている方を多く見かけて、
実際、全く違和感を感じていない自分もいて・・・
なので私も確信犯、素知らぬ顔で着て行きました。
もしや、あら!今頃薄物?と眉をヒソメてる方もいたかもしれませんけども。
c0206047_1554513.jpg

とは言え、着物が秋草柄なのが唯一の救いでしょうか。
以前と変えたのは帯。
某○臺屋の(今はなくなってしまったみたいですが)激安麻帯。
前回の、自作のものよりずっと透け感がなく、長いシーズン使えるので、
とても便利。おかげでもう、かなりクタクタです。
帯と同系色の帯揚げはススキ模様。
帯留めは5年ほど前に買ったウサギ(プラスティック)
ウサギは「&月」のイメージから、勝手に秋の物との固定観念デス。
半襟は最後まで迷いましたが結局、今回も麻で。
さすがに真っ白は気が引けて、まだ一度も使っていなかったアイボリーのものにしましたが、
単独で見たら白にしか見えず。(T_T)
買った時のイメージはベージュだったのですが‥
今度、もっと濃い色の物を見つけよう。

今日はまだ暑く、体感的には夏物がぴったりという感じですが、
来週からはやっと、少しは涼しくなるようですね。
気分的にももう秋単が着たいです。






ところで、
ここからは個人的な話です
―――――――――――――――――――――――――――――――――
この日、家に帰ると訃報が・・・
お友達のご家族に不幸があったのです。
ここ数週間、お友達が辛い看病をされていて、ずっと気になっていました。
しかしそんな大変な時期に、変にお友達の気を煩わせては‥と、
あまりご連絡しなかったのですが、
やはり、何かもっとお手伝いできる事があったのではないか?と、
今更ながら思えてきています。
いつもはいっぱいお世話になっているのに、
こんな時にお力になれなかった事、我ながら情けないです。
その一方で、
こんな事を思うこと事態、おこがましいかも‥と思う自分もいます。
・・・・
今はただ、
ご冥福を心よりお祈りしています。
[PR]
by r_gardenspace | 2010-09-12 15:11 | 京都でのこと

久々の

Jamiroquai

大好きです。
昔に比べればダンスの切れはなくなってしまったけど(泣)
ほんとは初期のJazzyな音のほが好きだけど。
久々のNEW ALBUM情報にワクワク。


[PR]
by r_gardenspace | 2010-09-03 21:36 | MUSIC

なくした子、そしてこの夏を過ごして思う事

長いことブログを放置してしまいました。
ガーデニング主体の拙ブログですが、
この暑さ、作業どころか外へ出る気力も湧きません。
庭は、ジャングルを通り越して砂漠化寸前(苦笑)
昨日もニュースで観測史上初めての暑さと言ってましたが、
こんな暑さがまだ続くようでは、
今はかろうじて耐えている植物達も、命の保証はないかもしれません。
思えば今までも、数々の植物達を☆にしてきてしまったワタクシです。
ざっと思い返せば・・・



以前アンジェラさんちでもこぼしていたフロックス。
c0206047_22121215.jpg


何年も鉢で過ごしていた時のイメージは頑強な子でしたが、
地に下ろした途端、夏を越せませんでした。
環境が合ってなかったのでしょうが、これといった原因は解りません。
夏、日陰過ぎたのかもしれません。




カマシア(名前失念)
c0206047_22144753.jpg


たった一年の命でした。
日向、湿り気のある場所が好きなのに、これも植える場所が合っていなかったと思います。




クレマチス(たぶん)マクロペタラ
c0206047_22213975.jpg


どこ探しても見つからない花の写真ですが、なにより印象的なのが種!
まるで妖精のチュチュのようでしょ?
大好きでもう一度育てたいと思ってましたが、それでなくても暑さの苦手なアトラゲネ系
これからの気候を考えるとどう考えても無理(涙)
諦める事も庭作りには必要な事だと、最近になってやっと思えてきました。




同じくクレマチス・プリムローズスター
c0206047_22235082.jpg


これも大好きでしたが、花を見せてくれたのは一度きり。
夏までは勢いよく蔓を伸ばしてましたが、覆って欲しかったフェンス周辺が暑すぎたのでしょう。
次の年に蔓が伸びてくる事はなかったです。
これもモンタナ系の性でしょうか‥




どんどん新しい魅力的な品種がでてくるヒューケラ。
c0206047_2226247.jpg


これは何年か前に初めて買った、ビューティフルなんとか?とか言う子。
大好きでしたが、西日が当たる場所がダメだったのか?水不足だったのか?
いつのまにか消えてしまいました。
これはどこかで見つけたらもう一度手に入れたい。




シャスターデージー・オールドコート
c0206047_1123884.jpg


自分のロゴ画像で使ってるくらい好きな子で、何年も健気に咲いてくれていましたが、
今年、とうとう出てきてくれませんでした。
初夏に売っているサイトを見つけ、二株入手しましたがこの暑さ、
どうもイカン雰囲気です(泣)この秋の間にもう一度探そうかしら。




最後に、これが一番悔しい
夏ツバキ
c0206047_22323393.jpg


当初は株立ちのとても立派な木で、素晴らしい花をいっぱい付けてくれていました。
しかしもともと暑さに弱い木。
西日ガンガンの場所はあまりに過酷でした。
そんな場所に植えたことが、今も申し訳なくてなりません。
もち直してくれるよう手を尽くしましたが、それ以前に、
やはり、その子に合った環境が大切だと思い知った事でした。
c0206047_22323821.jpg






写真がなかったのでアップできませんでしたが、
実はまだまだ☆にしてしまった植物達はたくさんあります。
私の無知から、最適な環境を作ってやれなかったことが一番の原因です。
日照不足、水不足、等々‥
しかし私の勉強不足以上に酷いのが、この年々暑くなる夏。
今年は、ユーフォルビア(シルバースワン)、頂いた石楠花、
そして(結局)ロサ・ムンディをなくしてしまいました。
幸い、日よけが効いて元気を保っている子もいます。
が、来年以降はどうでしょう?
気象庁は今年は異常気象、などと言っていますが、
この暑さ、地球温暖化の影響を強く!感じずにはおられません。
この調子でいくとこの先どうなるのでしょう。
亜熱帯から熱帯になり、熱帯植物しか育たない‥なんて単純なことではないはずです。
想像するだに恐ろしいです。
もっと自分自身で出来る事はないのでしょうか。
私たちだけではない、全ての命がかかっているのですから。
[PR]
by r_gardenspace | 2010-09-02 22:55 | ガーデニング