<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

酷暑の過ごし方

お盆は過ぎたというのに暑さ、少しもマシになってくれませんね。
ただ昨晩、ちょっとだけ夜の空気が冷たくなったように感じたことで、
「夏もいつかは終わるんだ」と当たり前の事を教えてもらったような気がします。

でも昼間は酷い。
かろうじて濃い影を作ってくれていた桂が今年、コガネムシの異常発生から
かなりの葉っぱを食い尽くされ、スカスカ状態に!
せっかく桂の下で避暑していた日陰好きグループが最近、夏バテ状態になり、
より陰の濃い場所に移動しなくてはならなくなりました。
(もちろんコガネムシは見つけ次第捕殺。
見るに見かねてコガネ退治にのり出した日の記録は約50匹!←でも遅すぎた!(悔))
そんな訳で、庭はジャングルを通り越して、もう少しで枯れ林状態。
健気に花をつけ続けているERのザ・ナンなどありますが、写真を撮りに行く気力も無く‥。
人間にとっても植物達にとっても辛すぎる夏です。




家に居るもう一種類の生物、猫のこまめも辛い夏を送っています。
昼間、人間の居ない家はエアコンもついていず(もともとエアコン好きではない猫ですが)
どうしているのかと思ったら、こんなとこで寝ていました。
昔、友人が自分の猫が使わないから‥とくれたペット用の冷んやりボード。
以前居たうちの猫ももちろん寒すぎて使わない。
去年まではこまめからもシカトされていました。
それが今年は、自分から乗る! それだけ暑いんですね!
c0206047_1049063.jpg
こまめさん、気持ち良さそう。

c0206047_10483983.jpg
あ、失礼、起こしちゃいました?

c0206047_1048219.jpg
でもすぐ寝ちゃいました‥って、枕にしてるのは
私の脱ぎ散らかしていたスリッパ!(恥)


しかしここにもそんなに長くは乗っていません。
やはりこれは冷たすぎるのかな? ちょっとだけホッとしたりして。




最後に先日あった送り火の画像を。
c0206047_10493094.jpg


五山のなかでは最も北に位置する船山です。
我が家から歩いて2〜3分で見られるのはこれだけ。
もう少し歩けば大文字も見られますが、今年はワインを飲み過ぎてそこまで行くリキなし、でした。
[PR]
by r_gardenspace | 2010-08-19 10:55 | ペット

8月二回目

今日は朝からちょっと気分重めです。
というのも、毎年ある町会所の掃除、これの時間を間違えて私だけ掃除に参加できなかったんです。
あ〜〜、次回町内の皆さんに謝らないと!
しかし最初の年間スケジュールには9時。
「そんな訳ない」と7時に行き、まだだったので次8時に行ったら終了直後。ガーーン!
なにやってんだ!私!
ちゃんと連絡してよ!組長さん!
ま、私が悪いんです。すみません




そんなこんなでダメダメな私。
しかし遊ぶ事に関してはキッチリやってます。
8月に入ってからもう一度着たいと思っていた着物を着る為に(!)お友達と久々に食事に行ってきました。
その日は台風が(日本海を)通過した日。
もしや雨に降られるか?!と心配しましたが、
出かける夕刻には雨も上がり、傘も持たず行ってきました。


この日着たのは、初下ろしの上布。
実はお友達と二人、お揃いのように作った一着で、今夏中になんとしても着よう!と話し合っていたのです。
某型染め工房(丸分かり?)の訳あり品は、破格の値段でした。
お友達のは特に素晴らしい!もの。
上品な色目の茶屋辻は、付け下げ。良いなぁ〜!
c0206047_16191210.jpg


「訳あり」と行っても、傷がある訳ではなかったので、お得なお買い物だったのでは?と思います。
写真をとった場所の照明の加減や、私のカメラの所為でその素敵さが判りにくいですが、
Warm Greyの地に所々ある差し色が、軽やか かつ 華やか!
何よりほっそりされてる体系にドンピシャ似合ってらっしゃるのです!
こんな上品な、格のある着物をすんなり着こなされるお友達、さすがです。
※:左画像、せっかく撮ったのに、差し色の繊細な色が全く出ていません!まだ右の画像の方が、実物に近い色です



私のは、お友達のより更に(値段的に)お買い得品。
ちょっと大きな傷があったので、分からぬ場所に隠してもらいました。
少しグレーがかった茶(梅鼠?)地に葡萄茶色の柄は秋の七草(かな?)の付け下げ小紋。
c0206047_16193246.jpg


買った時の不安はこの柄、いつまで着られるかしらん?でした。
でも袖を通してみると、思ったよりは子供っぽくなく、
60代も着れるかな?着たいなぁ‥と思っています。
それにしても上布、初めての経験でしたが
着付け、とても難しかったです。
張りがあり、ツルツルしていてキマらない!
いつも気やすい紬ばかりきている弊害が出たようです。反省。
合わせたのは、・・・えー、実は自作(いつものごとく母と共同で)の麻帯。
京都では有名な○ムラ・テーラーで買った(たぶんタペストリーとかにする)麻生地(爆)
夏の帯と言えば、科布とか藤布とか芭蕉布とかとかトカ‥ですが、
一介の主婦がそんな高価なものに手がでるはずございません!
そんなとき、たまたま入った○ムラ・テーラーでこんな生地を見つけたのです。
見た目は、(画像でしか見た事ないけど)夏帯に近いやん!
幅は帯よりはちと広いけど、九寸仕立てにしたらできるかも?と。
何より値段が安い!
そんな訳で家で(ミシンで)仕立てました。ひっくり返すのが大変でしたが、
満足。なんせ福沢さん1人+?くらいだったかな。おほほ
しかし、
やっぱり!というか、とーても締めにくい。パリッパリですから。しゃーないですね。

c0206047_16105170.jpg


この写真は色が全然別物になってしまってます(^^;;;
着心地は、
さすがは上布、いつも着てる小千谷などよりもさらに涼しかったです。
でも着付けは、‥ご覧のように、なんとなく緩いです。
練習の為に、それと丸洗いをする前に、もう一回着たいので何か機会を作らねば。
もし、私を町で見かけて、
「あれ?この帯、内のランチョンマットにそっくり!」と思っても、
言わないで下さいね。
[PR]
by r_gardenspace | 2010-08-15 16:30 | キモノ

ギボウシなど、真夏の花達

以前、我家にはギボウシがあわない、花が咲かないと言っていましたが、
実はあれから咲き始めたのです。二種類も!

「ガカモール」
c0206047_1130388.jpg


シベの形がなんともかわい〜
周りがごちゃごちゃした場所で、どう撮ってもダサダサ。
なのでこんな写真しか‥(泣)
香りがすばらしいとの事ですが、鼻を近づけてもあんまり判りません。
まぁまだ若い株なので来年以降に期待です。
このガカモール、葉色が明るいのが気に入って、5年ほど前に初めて買ったギボウシでした。
しかし植えた桂の木の下では、水分を全て桂に取られて、ギボウシにとっては砂漠の地だったようです。
大きくなる力はなく、翌年出てきたヒョロヒョロの新芽は、あっという間にダンゴムシの餌食になり、
あえなく昇天‥
これが自然の摂理なのね、と学んだことでした。
c0206047_11294869.jpg


今回植えたのはサンシュユの根元ですが、
ここも室外機の温風の影響が少なからずあるところなので、
先日大工さんに温風がこないように、色々と小さい工事をしてもらいました。
その甲斐あって?の、一年目での開花。嬉しいです。
c0206047_11291429.jpg







もうひとつ、
これもまだ一年目の「ジューン」
c0206047_11311052.jpg


じつはギボウシは以前から幾つかチャレンジしていましたが、どれも失敗。
しばらく、ギボウシの顔を見るのも辛い、ちょっとしたトラウマ状態でした。
でも去年、久々に植えたフランシス・ウイリアムズが根付いてくれて、
気を良くして、の投入でした(^^)
葉色が季節に寄って変化する、というのが魅力のジューン、
本当は、夏はもうちょっと黄色くなるはずの葉は、まだ青いまま。
それよりこんな小株で花を咲かせてしまって良いのかしらん。
でも蕾が上がってきたらもう、あらがえないですね。
花はうっすら紫色でこれまた綺麗です。
c0206047_11312469.jpg





で、去年花を見せてくれたフランシスウイリアムズ、
葉は巨大になってきているのに、今年は花芽はあがってきません。
確かHCか何かで衝動買いしたのですが、
調べると株張り2〜3mとか!

・・・知らなかった!どうしよう(焦)







ギボウシとは似ても似つかないですが、今、咲いている花が
アスパラガス・スプレンゲリー
c0206047_11322743.jpg


もう、10年近く居るでしょうか。
一昨年くらいまでは室内で育てていたので、ただただ光を求めて徒長しただらしない姿でした。
でも、猫が何かの拍子に鉢を落として割ってしまったのを期に、
一度株分けして、一つは外で育てることにしました。
すると、俄然健康そうな表情に!今年初めて花を見ました!可愛い。
c0206047_1133616.jpg


ちっちゃくて判りにくいですが、2枝ほどに花芽がついて(^m^)
この調子なら‥と、もう一株も外で育てようかと考え中。
問題は冬の扱い。去年は玄関に置いておきましたが、
確か、ポール・スミザーさんが、
戸外ギリギリの処で使えるかもしれない‥みたいなことを言っていました。
一株は一度、戸外越冬させてみようかな‥
[PR]
by r_gardenspace | 2010-08-12 11:55 | ガーデニング

新たなアガパンサス、と

今日は一つ嬉しい報告を

先月、根こそぎ盗られた白いアガパンサス。
いつもお世話になっている方に、
シツコイほど?(すみません)グチっていたら、
先日、
わざわざ取り寄せてプレゼントして下さったのです!
う、嬉しい・・・!!

↓これ
c0206047_0222871.jpg


また盗られたらかなわないので、今は楽屋裏で充電中です

綺麗でしょう?(^^)
盗られたのとは違い、大きくなるタイプのようです。
ヒョロヒョロと花首が長いところも、
シベが黒いところも気に入ってます(^^)
花期もすこしずれているようですし、
真夏の花の少ない時期の貴重な子になってくれそう!



それと、こんなのまで頂いちゃいました!
c0206047_0224923.jpg


花が青黒いタイプ。
(と言っても鉢植えの状態だからか?今はそれほど濃い青ではないのですが)
今ある〝青い鳥〟が「色薄い」ってグチったかなぁ?
どちらにせよ、これは日向に植えて、黒い顔を見るのを楽しみにします。
この幅広で厚みのある葉が庭では存在感をだしてくれそう!

Cさん、ありがとうございました!大切に育てます。





〜実は、 もうひとつ。
盗られたコモス・ジューンブライト、根っこの一部が残っているのでもしかしたら?と
期待していたところ、
なんと!芽が出てきているのです!
やったーーっ!!

初めこんなだったのが、
c0206047_0231695.jpg

今やこんな感じに!
c0206047_0233318.jpg


うふふふふ


この暑さでダメージが出ないか少し心配ですが、
きっと復活してくれると信じています。
後はいつまでもこの場に置いておいていいか?です。
やはり鉢植えに戻した方が安全でしょうかしら?
同時に、頂いた白いアガパンサスの身の振り方も今、思案中です。
ん〜〜なんて贅沢な悩み(^^)
[PR]
by r_gardenspace | 2010-08-11 08:38 | ガーデニング

8月一回目!

久しぶりに着物を着ました。


実は7月は一度も着ず、ここ何年か続けていた、
「月一着物」の記録がとぎれたのでした。
7月に着られなかった分、
8月はなんとしても2回は着るぞ!と思っています。
にもかかわらず、
今日、いざ着だしてみるとあまりの暑さに気が遠くなる始末‥
もちろん「エアコン+扇風機」体制なのに!

真剣に、「着ていったら熱中症になるのでは?」と悩みましたが、
断念するのも悔しく、気合いを入れ直して・・・!!
でも着てしまうと、
いつも「それほど暑くない」てな気になるんですよね‥ 不思議です(笑)
今日に関しては、出かける頃には日も落ち、実際涼しくなっていました。
行ったのはホテルのバイキング。
和の習い事の定例夏の納涼会。
みんなで飲んでしゃべってええ気持ちになって帰ってきました。

c0206047_0113966.jpg

写真は帰ってから撮ったので、袖など特にヨレヨレです。
部屋の照明のせいで黄色く写ってますが、
白の小千谷縮に白の麻九寸。
私にとっては定番の組み合わせで、
毎年、ちょっと小物を変えるくらいで、おんなじよーな格好をしているような‥
そしてその分、クリーニングもしょちゅう。
着物は家で洗いますが、
帯、こうも頻繁にクリーニングに出さねばいけないとは!
しっかり手あか汚れがついて、もう2度ほどクリーニングに。
(着る前にもっとちゃんと手を洗わんとあきません!ですね)
白、大好きな夏の色ですがそれなりに‥大変です。
[PR]
by r_gardenspace | 2010-08-05 00:17 | キモノ

健気に咲く花たち

この異常な夏、
人間と共に、多くの植物はいつまで体力が持つか?の
瀬戸際のような所で暑さに耐えている感じですが(いや、冗談じゃなく)、
なかには、こんな暑さが好きな子もいるんですね〜!
って、こんな子ばかり植えといたら夏がもっと楽なんですが!



一番元気なのが、これ
サントリーの「フェアリーベル」(ニーレンベルギア)
c0206047_23543743.jpg


このクソ暑い(失礼!)中、一人めいっぱい元気!
春の間も、体力無くなるんじゃないか?と心配になるほどずっと花をつけていたので、
梅雨に入った頃に一度、チョンチョンに切り戻しました。
それが‥ほぼひと月半でこの復活!凄すぎます。
(しかし廻りが汚い!お目こぼしをm(_ _)m 横のクレマ・アラベラは色が薄くなってしまってます)
そういえば冬の間は葉も残り、寒さもモロともしない強健ぶりでした。その時の記事。
すごい。日本の大手ナーセリーの実力を見ました‥。






アミ・マジェス〝クィーン・オブ・アフリカ〟
c0206047_23551474.jpg


う〜〜ん、グリーンマーケットさんの画像とはえらい違いで、ちと しょぼいですが
でもまぁ元気に咲いとります。
なぜかハエ(と、ハエに似たアブ)に好かれてて必ずいます。(ここにも右下に)






ヘリオプシス・ヘリアントドイデス も(ちょっと木陰ですが)元気です。
c0206047_23554246.jpg


夏は絶対寒色!と思ってましたが、こんな色もいいもんです。
ちょっと元気になります。
しかしこれに合わせて植えたコリウスの方が元気が無い‥






同じく木陰で咲いています青色フジバカマ。
c0206047_2356129.jpg


でも地味で、ほとんど目立ってません。
来年以降はもうちょっと大きくなって存在感でるかしらん?






その近くでもちょっと存在感のある
バーバスカム・ビオレッタ
c0206047_23562549.jpg


この暑い中健気に咲いていますが、昼間見に行くと、もう花は萎れてしまってます(泣)
(この写真は朝早い時間に撮ったもの)
色もホントはずっと渋くて、スモーキー・パープル。
イメージしていたのはもっと濃い色でしたが、これはこれで大好きな色でした(嬉)
(にしてもこのカメラ!う〜〜ん(怒))






フェアリーベルを除いて、↑の植物達が居るのは全て南京ハゼの根元。
その南京ハゼ、今花が咲いています。
木によって時期がちょっとずつずれていて、
早くから咲いてこんなに長〜く花穂が伸びきったものと、
c0206047_23565897.jpg


まだ咲きかけのこんな感じのもの(この形のままの方がスタイリッシュなのにな)
c0206047_23572688.jpg


そして、上の写真から数日、
花穂の根元にはもう実がなり始めてます!(^-^)
c0206047_23574965.jpg


こんなの見るとますます秋冬が待ち遠しい。





さて、最後にコレこそ夏!な↓
c0206047_2358671.jpg


朝、気がついたら、庭の隅に立てかけていた竹箒に(@o@)
孵化?したてで蝉がまだ。アブラゼミでしょうか?
羽の脈?がグリーンで綺麗ですね。
しばらく後、見に行ったらもう姿はありませんでした。
恋の季節、精一杯生きてちょうだい!



そういえば、今年はまだ大好きなヒグラシの声を聞いてません。
いつも7月の早朝・夕方と、夏の終わりに聞くのですが‥
[PR]
by r_gardenspace | 2010-08-01 00:13 | ガーデニング