<   2010年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

桜情報

こまめは一昨日抜糸をしてもらい、
おあずけだったムチウチ・ネッカーも先ほどやっと外してもらって、
今はのびのびとしています。
ご心配おかけしていましたが、やっと名実とも飼い猫になれたように思います。
辛い時期に多くの励ましの言葉を頂いた事が、
とても気分を軽くし、心の支えになっていました(^^)
本当にありがとうございました。
また改めてこまめの様子はお伝えする事として・・・。


桜が咲きかけてます。
我が家の廻りもかなりの開き具合。昨日でこんな感じ。
c0206047_10144284.jpg

この場所は(賀茂川上賀茂橋のちょっと上)最近とみに桜の木が育ってきていて、
多くの人が写真を撮るようなったスポットです。
あともう少しといったところでしょうか。

でも中にはかなり開いている木も。
c0206047_10221742.jpg

やはり青空の下の桜は良いですね〜


その、上賀茂橋周辺ではもう一つ、目を見張る木が。
c0206047_10224872.jpg

この木。シルエットだけでは何のことか判らないでしょうか。

この山桜の古木。
幹の中心が腐って(?)無くなって外側の皮だけになっているのですが、
元気に生き続けているのです。
c0206047_10233866.jpg

毎年ちゃんと花を咲かせます。
今年はもう遅かったですね。


山桜は盛を過ぎ(秋に撮した鴨川沿いと同じ風景。山桜が赤く…)
c0206047_10241679.jpg


ソメイヨシノはいよいよ本番
c0206047_10273284.jpg

(一昨日から昨日に降った雪が比叡山にほんのり残っています)




我が家のすぐ近くの上賀茂神社の、古い方のしだれ桜は今、
満開を迎えようとしています。
c0206047_10311437.jpg

皆さん写真撮影に余念がありません(あ、私もか)
私の小さい頃はこの桜、堂々とした巨木で、
境内の中心で他を圧倒するような存在感を誇っていましたが、
年齢の所為でしょうか?
一時著しく樹勢が激減、とうとう命尽きるか?と思いました。
が、最近また元気になってきたようです。
c0206047_10493568.jpg

ずいぶん枝を切られ、とても小振りになってしまいましたが、
やはり垂れはたおやかですね。

隣には二代目と、三代目が育っています。
c0206047_1047772.jpg

(右端に二代目の端が。まだ蕾も硬くて)

しかしこの桜、
以前はソメイヨシノが満開の頃から少し遅れて満開になる、
という周期だったように記憶していますが、私の記憶違いかしら?
[PR]
by r_gardenspace | 2010-03-31 10:56 | 京都でのこと

きもの DE ワイン

昨日、
京都伝統産業の日2010のイベントの一つ、
「きもの DE ワイン&京料理パーティー」に行ってきました。
着物とワイン、私の好きな物二つが合体した、
まさに私の為にあるようなイベントです!笑

去年は行けなかったのですが、今年は
いつも着物のお仕立てをお願いしてる方が誘ってくださって、
急遽行く事になりました。
会場はウェスティン都ホテルの大宴会場、
たぶん500名くらい入っていたのでしょうか。
全員が着物。圧巻です。
今回はボージョレワインとのコラボということで、
フランス総領事館の方や、
ボージョレワイン組合(?)の方々も会場入り。
そのフランス人までもが着物姿でした!
c0206047_0324757.jpg

彼女がボージョレ組合(たぶん)の人。
しんどくなかったかしら?




お料理は、京都の老舗料亭(菊の井、木乃婦、瓢亭など)の花見弁当に、
ボージョレワインが数種類。
お弁当は入る時に手渡され、中味は開けてのお楽しみ
c0206047_035033.jpg


わたしのは 瓢亭さんのでした。
ワイン、
唯一の白「ボージョレ・ビラージュ/ルイ・ジャド」は
なかなか濃くしっかりとしていて、美味しかった!




イベントとしては、
ソムリエの方から、ボージョレのワインの説明や、
先斗町の舞妓さん、芸子さんによる踊りなどあって・・・
c0206047_0362860.jpg




実はこの後が今回のメインイベント。
会費は5000円ですが、
抽選によるプレゼントが沢山あるのです。
500人の内半分近くの方が当たるのではないでしょうか?
一等はペア海外旅行券。
2等以下は渡文さんの袋帯、名古屋、着尺… などなどなどと結構豪華。
かく言う私も今回、珍しく当たりました!
「関西日仏学館」より、お楽しみチケット。
会場では、コンサートのチケットなどです、と説明があったので、
なんのコンサート?と期待して開けてみたら…
なんと、フランス語講座受講無料チケット!え、え〜〜〜っ!!
c0206047_0375041.jpg


英語も満足に覚えられない私が…、そんなん無理〜〜!
どうしたらいいの?

パンフレットをよく見たら、
チーズ・セミナーや、フランスワイン・セミナーがあり、
これなら受けてみたいと思いますが、
頂いた紙にはハッキリと「フランス語講座 31000円 受講券」と。

半年後にはこのブログにフランス語版も出来ていたりして?! あほな!



この日着ていたのは、
c0206047_294733.jpg

久しぶりの柔らか物。 蛍ぼかしのような雪輪模様の小紋。
安かったので思わず衝動買いしたものの、光り具合が気に入らなくて、放置。
今回初めて手を通しました。
でも着てみると、安っぽく感じていた、
このテラテラ具合はそれほど気にならず。よかった。
帯は前も一度着けていた南風原花織り九寸。
柔らかい色なので、やはりこの季節が似合うかと。

そして、
朝氷点下まで下がったという花冷えの昨日、
またもや!いつもの羽織を引っ張り出しました。
これで体感的にはちょうど。
待ち合わせのラウンジで一人パチリ。
c0206047_0424986.jpg


[PR]
by r_gardenspace | 2010-03-28 00:53 | キモノ

こまめ胴衣変遷

一部、好評をいただいておりました(笑)こまめの胴衣姿ですが、
本人が元気になっていくと同時に運動量も増え、
体を舐める回数も増えていった結果、
どんどんボロボロになっていきました。
二重だったニットの生地も、表と裏はねじれてずれて見るも無惨。
一週間近く経ったある朝、半分以上が脱げた状態になっておりました。
(いつの間にあんなに上手に脱げるんでしょうか?)
しかしもう一度着させようとしてもうまく体が収まらない。
こまめもぎゃーぎゃー嫌がる(痛がる?)し。
再度、エリザベスカラーを付けさせる事にしたんですが、
足は短くどちらかと言うと小さいめのこまめ、
エリザベスが床に引きずり、身動きしにくそうで、
見るに見かねて結局、エリザベスは断念。自前のネッカーを作る事にしました。
と言いますのも、手術後、獣医の先生から
「自前のネッカーを作って来られる方もおられます」との話があったんです。
そしてその胴衣を利用して作った(母が)のがこれ。
c0206047_8582599.jpg

首はゴム。
でもそれだけでは外してしまいそうなのでゴムひもを付けて
タスキ掛けのように肩にかけてます。中に綿をいれているので、
なんだかムチウチ症の猫みたいですが(笑)




息が出来ず苦しそう…に見えますが、そんなことありません。
動きやすく食事も楽勝。けっこう本人も気に入ったようで、リラックスです。

c0206047_859176.jpg


これで2日ほど過ごしたでしょうか。
でもよく観察していると、身繕いし安過ぎて、顔がお腹の傷口まで到達しそう。
こらいかん!と一旦エリザベスを復活させました。
でも、ある程度元気になってからのエリザベスは、思った以上に辛そうでした。

そこで次に作ったのが…またもや母が…これ。(企画立案は私(^^ゞ)
c0206047_8592925.jpg


私の着なくなった肌着(キャミソール)を改造、
イメージは金太郎の前掛け?ホルダーネックのワンピース?
(裾はお腹がめくり上がらないようゴムひもで繋いでます
…うまく肛門が出るように)
これはこれで可愛かったんですが…



ちょっと大きくて後ろ足が服の中に入ってしまう…などの
欠点はありましたが、適当に作った作ってもらった割には
まぁいいんじゃないの?と自己満足しておりました。
ところが、「大きい」というのは大きな欠点でした。
猫は寝ている間にごろごろと姿勢をかえるので、
あっという間に体が服の中で泳いでしまい、
気が付けば首のホルダーネックは腰紐に変貌!
おーまいがっ!
しかもその、上半身脱げたスカート状を直した数時間後には、
首だけが残ったマント状態!などなどの変遷を辿り…
その都度、追いかけ捕まえ装着し直しをしたら・・・
そらいくら慣れた猫でも人間不信になりますわね(大汗)
さすがの私も諦めました。


今は再度↑のムチウチネッカー(命名)を装着させています。
手術から今日で10日、
もし糸を抜いてしまっても…まぁいいか(こら!)と。


飼い主の勝手でいろいろ弄ばれたこまめ。
結局、肝心の化膿止めは一度しかやれてません(爆)
[PR]
by r_gardenspace | 2010-03-26 09:11 | ペット

こまめその後

こまめの近況を。


強力な人間不信だったのですが、
徐々に元に戻ってきました。

c0206047_21543521.jpg
このころはまだ人間が怖くて
こっちを見てませんが。




食べなかった御飯も、少しですが食べるようになってきて、
今日は久しぶりに、朝夕二回の食事をとりました。



c0206047_21551215.jpg
病院の開いている時間は
このダンボールに入って
隠れているつもり。





でも未だお薬が飲ませられてません。
一度目は空腹で御飯をねだってきた時に、
以前お友達に教えて頂いたやりかた「スライスチーズに挟む」を
試してみたんですが、ぺろぺろなめるだけで口には入れてくれず。
二度目のチャレンジは、
粉薬を水に溶かし、病院からもらってきた小さな注射器で含ませようと、
イザ捕まえるぞ! としたとたん、来客ありで逃走。
それからは様子見が続いています。



c0206047_21555210.jpg

夜はやっと甘えます。
私の膝の上でまったり。



お腹の傷の状態は一度だけチェックできました。
結果は綺麗でホッと。(^^)
そろそろもう一回見せてくれない?…こまめさん。
c0206047_21562473.jpg


[PR]
by r_gardenspace | 2010-03-21 22:09 | ペット

早春の花達

こまめの問題に振り回されている間に、
春が来ちゃいましたね!
廻りのソメイヨシノももう今にも咲きそうです。
この早春の間に撮った我が家の植物達を・・・



ミモザ
c0206047_129044.jpg

去年の南京ハゼ強剪定事件の折、同時に剪定されてしまい(いやいや、頼んだのは私デス)
今年はとても花が少ないです。
もちろん花後直ぐに「強剪定」していますが、
一昨年、大雪(の重さ)で倒れかけ、
前に止めてある他所の車に覆い被さった事があったので、やむなく。
でもやはり寂しいですね。
内のはちょっと木の形が良くないみたいなので、整え直したいです。



クロッカス
この風景に憧れて↓(2007年・京都府立植物園にて)
c0206047_1293178.jpg

毎年増やし続けていますが、
クロッカスは個々の球根は年々力をなくしていくんですね。
今年も増やし方が足りなかったようでショボイ結果に
c0206047_1332616.jpg

c0206047_1335816.jpg




ムスカリ・アズレウム
c0206047_144296.jpg

あまりムスカリは好きな花ではないのですが、これだけは別。
以前もこれを買って植えたつもりだったのですが、
咲いたのは別のムスカリ。(たまにありますね〜こういう事)
今年リベンジしてやっと、お顔をみれました。
以前のは庭のそこここで増えているので、これも増えてくれると嬉しいのですが。
c0206047_1545983.jpg

同じ種類なのに、こんなに色幅があります。



シラー・シベリカ
c0206047_1462159.jpg

c0206047_14646100.jpg

大好きなブルーの花。これも増え続けています。
でも、ムスカリほどの固まりで増えてくれないのが…(哀)



プシキニア・リバノティカ と、ビオラ
c0206047_1501357.jpg

プシキニアはあまりに小さい花で、か弱いイメージなのですが、
春になったら健気に出てきてくれます。
今年は球根に気付かず植えたビオラの間からも。




先ずはミモザと球根達でした。
[PR]
by r_gardenspace | 2010-03-21 02:03 | ガーデニング

術後のこまめ

こまめのその後をご報告。

手術が無事に終わって帰宅できたのは良かったのですが、
今回の事はこまめに大変なショックを与えた様です。
家では甘えたのこまめですが、病院ではいつも固まったようになります。
先生のお話でも今回、麻酔から覚めてもずっと縮こまっていたようです。
私が昨日、最初に見たキャリーの中のこまめの目は、
ずっと泣いていたように濡れそぼっていました。
家に帰ってきたら少しは緊張も解けるかと思っていたのですが、
全くそんな様子もなくフリースしたまま。
夕方、せめて水だけでも飲ませようとエリザベスカラーを外したらやっと、
少しだけ緊張が解けたように動くようになりました。(結局水は飲みませんでしたが)
それでも、私を直視できないのです。
猫は、基本的に悪意のない相手とは目を合わせません。
逆に言えば、警戒を要する相手には、瞬きなしでじっと注視します。
そして「私は貴方に他意はないのよ」を表す時は瞬きを繰り返すか目を逸らします。
今のこまめは、私を見る時、目をほとんど閉じた様な状態で瞬きをし続けています。
もう私を苛めないで… と言ってるように。

昨日はそんな調子で、家に居ていても人間から身を隠すようなそぶりだったのですが、
昨日も夜遅く(病院へ連れて行かれる心配のない時間)になってやっと、
傍に寄ってきて私に甘えるようになりました。
夜もいつも通り呼ぶとやって来て、私の枕の横で寝てくれました。

それだけで、心底ホッとしたのですが、
もう一つ課題が。
全く物を食べないのです。
手術前からですのでもう2日以上、飲まず食わずの状態です。
今日も一度、フードを持って近づいてみましたが逃げました。
(陽のある間は病院の営業時間帯だから(^^;;;でしょう)
御飯を食べない、陽のある間は近づきもさせない、では
先生から毎日やるようにと言われている、化膿止めのお薬を飲ます事も、
お腹の傷の状態を調べる事もできません。
もうしばらくしたら食欲もでてくるかな?と、思いますが。
とにかく今は
「存在を気にしている」というそぶりを見せないようにするだけでしょうか。

早くリラックスして御飯お食べ。
c0206047_1131151.jpg

そっと盗み撮り。
でももうちょっとキレイなとこで
寝てくれよん(爆)
[PR]
by r_gardenspace | 2010-03-18 11:34 | ペット

今年のヘレボラス

こまめの手術は無事に終わったと、
獣医の先生から連絡がありました。
今晩一晩、先生の目が届くところで入院して、
明日(もう今日ですね)朝迎えに行って来ます。

野良みたいに警戒心強いくせに、甘えたでヒッツキ虫の猫が居ない間に
どんどん変化している庭の花を少しづつ…。



ヘレボラス。
結局今年の春はちゃんと咲いてくれたのは二種類。
どちらも玄関先の、
秋〜冬は日の良く当たる、エゴの木の陰に植えてある二株、だけが大きくなってきました。

12月にアップした八重ピコ。
確かダブルファンタジーの1年苗を植えたかと記憶しています。
年々大きくなって今年は幾つ花を付けているか分かりません。
c0206047_0361088.jpg

寒い時期はスポッツが入るようです。
c0206047_0364795.jpg

でも買った時はピコティも入るとは思ってなかった。
c0206047_037268.jpg





そのダブルファンタジーの奥に植えてあるグリーンの一重。
c0206047_038785.jpg

去年までは葉ばかりさんかと半ば諦めていましたが、
今年は良く咲いてくれました。
c0206047_0385353.jpg
植えた時に挿しておいた
ネームタグがかっちょ悪!
後日取りました(汗)

でも壁際で遠く、お顔を覗けない。
こうやって大写しにすると、ネクタリーが!
c0206047_03934100.jpg

初めて知りました。
来年はもう少し大きくなってくれそう。


そして今年は久しぶりに一目惚れで買っちゃいました。
植える場所は確保してありますが、
その場所はもしかしたら夏、暑すぎるかもしれないので、
植えるのは様子を見て秋に。それまでは鉢で楽しみます。
初めてのセミダブル。
リバーシブル(バイカラー)でちょっとだけベインが(^^)
c0206047_0405377.jpg



ところで、
庭の「半日陰」どころじゃない場所(全日陰)に植えた2株。
その内一株はもう完全に消滅した、と思っていたのですが、
よく見ると、蕾が!(確か原種のニガー)
c0206047_0414683.jpg

ほんとに小さいので、このまま咲かせてもいいのかしら?と
ちょっと不安です。これはもう少ししたら掘り上げようかと思ってます。




しかし毎年どんどん新しいのが出るクリスマスローズ。
色々なサイトで素敵なのを見てると、
もう大して植える場所もないくせに、欲しくなってきます。 
なんだかヤバイ展開です。
[PR]
by r_gardenspace | 2010-03-17 00:54 | ガーデニング

その後のオンシジウム

今日の午後はこまめの手術です。お昼前に連れて行くまでの間、
ちょっと時間が空いたので、
オンシジウムのその後をご報告。



去年の9月に株分けをした後、
家の中(の廊下)で管理していました。
一応枯れる事もなく越冬。今の姿が↓
c0206047_9514389.jpg

左から大・中・小 の三鉢。
あれ?三鉢もあったっけ?(笑) 実は一鉢増えたんです。
この「中」の鉢に植わってる一部がいつしか背が伸びたようになり、
鉢から浮き上がって倒れた状態になっていたので、
意を決して切り、小さい鉢に植え直しました。それが、小の鉢。
いずれも順調に育っているようです。



そして、
何日か前から花芽が現れ始めました。
と言ってもまだたった2本(中と小の鉢の新しいバルブから)
小さい鉢からの花芽は綺麗に一直線に伸びていますが、
c0206047_1029592.jpg


中の鉢のはこんな状態!
c0206047_10293780.jpg

以前も似たような形で花芽が伸び、
止せばいいのに私、引っ張り出してやろうとして見事に折ってしまったことが!(爆)
子離れできない母親が如し!


今年は手を貸したい衝動を抑え、静観しています。
何日か後の姿はこれ。もう一息!
c0206047_1030621.jpg



去年までは、冬の間からもっと多くの芽が出、
春になってから出た(ショボイ)芽も含めて4〜5本の花を見る事ができたのですが、
今年はこれ以上は期待できないような気がします。
よく見るとパンパンに張ったバルブもあるんですがねぇ。






さて。
手術前で絶食中のこまめ。
今日の朝御飯が抜きで、なぁなぁ言っていたのは最初だけで、
今は諦めたように寝ています。
(気が紛れば…と、遊んでやろうとしても気が乗らないよう)
うすうす感じているのかもしれません。

もうすぐキャリーに御案内する時間なんですが…。
[PR]
by r_gardenspace | 2010-03-16 10:35 | ガーデニング

寒桜

近くの小学校に、毎年とても早い時期に咲く桜があります。
たぶん寒桜?なのでしょうね。


今日夕方に前を通りかかったら、今年も咲きかけてきていました。
そうそう、カメラ持ってたんだ!

c0206047_23572261.jpg
よくよく見たらメジロがいます。
判ります?左下の方



ちょっとちょっと、動かないで〜
c0206047_2358956.jpg



c0206047_23585475.jpg
あ、蜜吸ってる!

しかし…これでは何を撮ってるんだか?
メジロもこちらの気配にどんどん遠い枝へ移動するし!



メジロよりも桜!
改めて花のアップを。
c0206047_01840.jpg

とは言え、自分でもどんな風に撮れているのか判らないまま、
シャッターを押している、相変わらずのダメダメ写真です。
やっぱり一眼欲しいです〜私も>Medalogさん
[PR]
by r_gardenspace | 2010-03-09 00:08 | ガーデニング

その後のジャクリーヌ

もう一つ、その後の経過を。
ジャクリーヌ・デュ・プレ


去年の10月に新たに手に入れた新しい苗を 鉢で育てていましたが、
今年に入っていよいよ地に下ろしました。
それがこの↓
c0206047_062320.jpg
順調に育って健康そのもの。


掘り上げてみると、白根もいっぱい出ていて、元気なのが判ります(左の写真)
逆に、地植えしていた古い苗を掘り上げてみたのが右の写真。
白根は全くといいほど見られず、こりゃ芽も吹かないはず!
c0206047_10273528.jpg


それでもそのままさよならする気にはなれず、
鉢に植え替えておきました。
その古い苗の今の姿がコレ↓
c0206047_085992.jpg

あきらかに以前より元気は戻っているようです。
下からシュートになりそうな芽も吹いてきましたし!
そのシュート。
c0206047_094823.jpg

でもよーく見てみると…(私の場合肉眼ではツライです(汗))
いるではないですか!アブラムシ!
まてよ? …あ!!
こっちにもこんなに〜〜〜っ!
c0206047_0101868.jpg


よく見たら最初の画像(上から3枚目)にもしっかり写ってました(^^;;;
もちろん全部天国に行って頂きました。
新芽が元気よく何本も出てきてくれたのは嬉しいのですが、
もう出てきてるんですね、にっくき奴らも047.gif




お口直しに最後は花の画像。これは3年ほど前の姿。
ここに写ってるヒラタアブにはどんどん来て欲しいんですけども。
c0206047_011235.jpg


[PR]
by r_gardenspace | 2010-03-07 00:24 | ガーデニング