<   2010年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

またもや!

心配していた事が現実に…!
やっぱりもうちょっと早く手術をすれば良かったです!



こまめの発情期が再び…否、三度やって来ているんです。
まだピークには達していないので、心もち穏やかですが、
今週中旬が山でしょうね。
…とても憂鬱です。

だいたい獣医の先生が、出張で居ないとのことで延びた手術。
大きい病院なので、他の先生でも良かったんですけど…!
今更言ってもしかたないですね。
ただ今回は手術ができるという希望があるので、気分的にずいぶん違います。




これを書いてる今は眠っていてとても静か。
きっと、こっちが寝ようとする頃になき始めるんやろな… はぁ(大汗)
c0206047_21205176.jpg


[PR]
by r_gardenspace | 2010-02-21 21:22 | ペット

春の気配

ここのところ、foodブログみたいになってましたが、
本来のコンセプトはガーデニングと着物なのでした。
といってもあまり固執せずアップしていきたいですが。
(固執したらあっという間にネタ切れです)
でもここらでちょっと軌道修正。久しぶりのガーデニングのお話。




今日は東京でも朝から雪が降って、まだまだ冬という感じだったんですね。
こちら関西もきつい北風が吹き、北に向かっては自転車で進むのもシンドイほどでしたが、
日が差すと思いの外暖かく、春の気配を感じる一日でした。
我が家の庭にも確実に春の足音が・・・



サンシュユ。
我が家の西の1/2坪庭には少し前まで夏椿が植わっていたのですが、
温暖化の影響でしょう、夏を越えるたびに弱っていき、
去年の夏を過ぎた頃にとうとう、息絶えました。
大好きだった木でしたが、西に植えた私の責任でもあると思います。
そこで新たに植えたのがサンシュユ。
植木屋さんと相談して、これは「比較的強い」と、この冬に植えました。
植えた時もう既に蕾がいっぱい付いていましたので、剪定して部屋の中に。
植木屋さんの「咲くかも」の言葉に半信半疑でしたが、
咲きました!
さすがです、植木屋さん(南京ハゼは切られたけど(^^;;;←しつこい)
c0206047_2373559.jpg


c0206047_2381621.jpg


外の蕾はまだこんなに硬いのに。
c0206047_2384091.jpg






他にも、
全く植えた覚えがない(んな訳がないけど!)水仙
名前も判らないこの水仙が、毎年真っ先に咲いてくれますが今年も。
香りもあり、いち早く小さい春を連れてきてくれる子。
c0206047_239659.jpg





つい2〜3日前まで存在を全く忘れていた…(ごめん!)
といっても過言ではない雪割草。
何気なく見たら、切り忘れの古い葉の下にたくさんの蕾が。
そして今日、今年初めての花を咲かせました。
c0206047_23103562.jpg


アップでみたらこんなに可愛い。
c0206047_23105319.jpg






クレマチス・カートマニージョー(確か)
まだ二年目。これもほったらかし状態でしたが、よく見たら蕾がたくさん!
液肥やらないと!
c0206047_23111986.jpg






さてこれはなんでしょう?
山ユリの鉢に、こんなものが…!動物の毛のような(^^)
c0206047_23114429.jpg


正解はクレマチス・ジングルベルの綿毛(種)
冬中休みなく咲き、同時に種も生産しておりました。
クレマチスの種は可愛いのがたくさんありますね。ジングルベルもまた。
c0206047_23122610.jpg


写真の鉢の上の種は、夕方もう一度見たら姿がありませんでした。
今日は風が強かったしどこかへ飛んでいったんでしょうね。
冬中ずっと咲いていた事を思うと、
この冬だけでどれくらい飛んでいったのでしょう?
我が家の廻りがジングルベルだらけになっても楽しいかも…なんてね。
[PR]
by r_gardenspace | 2010-02-18 23:18 | ガーデニング

ワイン(宴)会

雨がそろそろ降り始めた昨日夜、
10年来のワイン友と、久しぶりのワイン会に行ってきました。
ワイン会といってもそこは生来の関西人。だれもウンチクを語る人などおりません。
相変わらずの飲み会、宴会とあいなるのですが。

京阪に乗って、行く先はいつもの隠れ家のごときお店。
タクシーに乗って行く途中、あまりに中央公会堂のライトアップがキレイだったのでパチリ。
(しかし信号が変わるまでにカメラをカバンから取り出せず、情けない結果デス)
c0206047_09685.jpg




お料理はフグ尽くし。
いつもながらここのフグは美味しい!
特に白子!!絶品!
c0206047_093717.jpg


この白子の照り焼きとは別に、シンプルに焼いたのがもう一つあるのですが、
食べる事先行で撮り忘れ!いつもの事デス‥




肝心のワインは以下のラインナップ。
c0206047_035153.jpg


泡3種、白2本、
赤(私の、こないだ飲んで気に入ったアロース・コルトンを入れ)3本。
それぞれが持ち込みするんですが、何故か今回は赤(ブルゴーニュ)率高く、
それぞれが「白が重なるのでは?」との配慮が裏目に。
でも揚げ物も多く、これもまた由かと(^^)




いつもながら、気心の知れた友人と飲むのは楽しいものです。
ただこのメンバー底なし。
今回も7人で8本。(これでもいつもに比べたら少ない方)
とても私は同じペースでは飲めません(たぶんボトル半分も無理)ので、
前もっての準備は怠れません。
今回は出町柳駅前薬局で仕入れたコレ↓
c0206047_044868.jpg


ヘパリーゼ・キング。(約900円)
今まで、黒丸、熊系(?!)ウコンの〜 と、色々試した結果、
最近はもっぱらへパリーゼ・ゴールドの錠剤を飲んでいました。
でもここんとこ効きが悪いな?と思い調べてみると、
なんと1年以上も前に賞味期限切れしているではないですか!効かないはずです。
薬局で聞くと、コレが一番効くとの話に二日酔い用に2本買い。
コレに付属してあったへパリーゼ・プラス錠剤2粒を足して、
店頭でグビグビして(間違いなくおっさんですな)での参戦でした。
結果は…効きました!
といっても、いつもの事ながら用心にも用心を重ねてのチビチビ飲み。
飲める人からしたら、そりゃ酔わないわな…てな量ですが、
それでも、こういったモノを飲んでおくと飲んでおかないではエライ違い。
今日も爽やかに過ごせましたし。


にしても、友人達の飲みっぷりは相変わらず凄いです。
みんなもうそこそこの年齢だし(病気を抱えてたり)
ちょっと自粛せんとあかんのですが…ねぇ。
[PR]
by r_gardenspace | 2010-02-12 00:14 | おいしい物

見てきました。

雪が降り続いていた昨日、久しぶりに映画に行ってきました。
話題の、「アバター」3Dで。
(まだ見てない方はどうか、ご注意下さい。 ネタバレありです)









初めはそれほど興味はなかったんですが、
朝の情報番組で、口コミで人気が出ていると聞き、
一気に見たくなって行ってきました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
映像は綺麗ですね!
特に舞台であるパンドラの情景、全てをCGで作った人々の才能と
その労力には頭が下がる思いです。そう、ひたすら美しい!!
でも、ストーリーや、細かな設定、世界観はどうなんでしょ?
見てる途中からやたらと気になり始めた共通点。そして
最後は確信に変わっていました。
これって、ジェームス・キャメロン版「もののけ姫」やんね?
…と言うか、
宮崎駿(と日本アニメ)のオマージュ。


確かに、
アメリカ人であるジェームス・キャメロンが、
「アメリカ流が全て」的な考え方を否定する映画を作ったのは、喜ばしいことですし、
素直に、彼が宮崎駿をリスペクトしている事が判り、日本人として嬉しいのですが。
でも、なんだかな〜
もっと別の、新しいものを期待していたので、がっかりしたのは否めません。




後は3Dの事。
ホントに飛び出して見えるんですね! 最初はかなり楽しみました。
でも途中からその効果があまり気にならないほどになっていきました。
ストーリーに入り込んでいったからでしょう。
逆に言えば、3Dである事自体、それほど重要じゃないように思います。
それよりも、眼鏡が重くて。(手で支えてないと直ぐずれる)
それに眼鏡のガラスがちょっとブルー?グレー?がかっていて、
肝心の画面が少し暗く見えました。
途中、眼鏡を外してみたら、画面がクリアで明るいことにビックリ。
今度見る機会があったら、次は絶対2Dがいいな。


〜なんて、すみません。
このブログでは、批判的な事を書かないと決めていたのに…!
あきませんね。初めての体験、どうしても話したくて・・・ 未熟者ですm(_ _)m
でも明日、誰かに会ったらまた話してしまうな、絶対。
もしかして、これ、
ジェームス・キャメロンの思うつぼにはまってる…?
[PR]
by r_gardenspace | 2010-02-07 23:02

ご心配をおかけしました

ここ10日近く、すっかりブログを放置しておりましたが、
やっと復活できました。
と、申しますのも、懸案となっておりましたこまめの避妊手術問題が
なんとか、解決しそうなんです!041.gif041.gif041.gif
やったーーーっ!!!



実は、こまめの血が止まらない、という性質。
これは行きつけの獣医さんが二年ほどまえから導入した検査で発覚したものです。
私が、こまめに手術を受けさせようと思い、病院で検査を受けたのが確か一年くらい前。
その時はこんな例は初めてだったようです。
それ故、先生はかなり慎重になられていたようです。
ところが、同じ症状の猫がもう一匹、現れたのです。
今度の猫は避妊手術ではなく、膀胱に腫瘍があるという、緊急を要する状態。
先生が言うには、しないと確実に死が待っている状況だったそうです。
もともとその猫、今回の問題発覚以前の若い頃に、避妊手術は(何の問題もなく!)済ませ、
最近、病気になって初めて、血の問題が判ったそうなんです。
若い頃、避妊手術を済ませられたのは、
その頃はまだ問題がなかったのか、あったとしても手術は大丈夫だったのか…?
は不明とのことでした。
しかし今回、直接命にかかわる病気だけに、飼い主さんは手術をする事を決断されました。
そして、
それが見事に成功したんだそうです!

それはちょうど、私がこまめの発情に悩んでいる頃。
発情期の始めのころ、一度相談に伺うと、
「これから手術をしますからその結果を待っていて下さい」と言われ、
数日後、発情に耐えかねて再度病院を訪れると、今度は朗報を聞かされたのです。
ほっとしました。
避妊手術は、膀胱の手術よりずっと出血の少ない、安全な手術だそうです。
と言っても、普通の猫ほど安心できるわけではありませんが。
手術予定は約一ヶ月後。
後はそれまでにもう一度、発情が来ない事を祈るばかりです。
(猫は犬のように、ハッキリと年2回と決まっている訳ではないそう。
特に春先は続けて来る可能性もなきにしもあらず…らしい)



それにしても、今回は皆様にご心配をおかけし、
また、たくさんの励ましのお言葉を頂いた事、
我が身のように考えて頂いたこと、
言い表せないくらい嬉しいことでした。
特に二度目の発情を乗り越えるのは辛く、
一瞬、鬱状態とはこんな風に入っていくのか…という
心境にまで追い込まれていましたが、
そんな時も、皆さんの励ましの言葉は、
心の支えとなっていました。
特に、
アンジェラさん、まきさん、Medalogさん、
ご心配をおかけしましたが、
なんとか良い方向に向かえそうです。
この場を借りて言う失礼をお許し下さい。
ありがとうございました。




発情が収まり、
普通の女の子に戻ったこまめ
c0206047_2113799.jpg


[PR]
by r_gardenspace | 2010-02-03 21:10 | ペット