<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

天神さん

伝統工芸展へ行った翌日、25日は北野天満宮「天神さん」へ行ってきました。
毎月25日に行われる天神さんは、21日の弘法さん(東寺)と並んで
京都では有名な「骨董市」です。
実は弘法さんは何度か行った事がありますが、天神さんは初めて。
正確には十年以上前に一度だけ行った事があるのですが、時間が遅く、
行った時にはほとんどのお店が終い支度をしていた…という残念な体験。
天神さんて、弘法さんに比べて会場が適度にコンパクトなので、見やすく、
商品の比較等もしやすいですね。弘法さんの場合は、ほんとうに広大で
店の数も半端ではないので、全部見ようとすると大変。
時間がたっぷりある時はすごく楽しめるんですけども。


さて、そんな天神さんの今回の目的は、パッチワーク用のキルトを買う事。
知り合いのアメリカ人の青年のお母さんがキルト作家ということで、
プレゼントに日本の端布を送りたいと頼まれてたのでした。
京都のお店で「どこにあるか調べとくわ」なんて軽く請け負ったのですが、判らず。
今回、25日が日曜日ということで、ここなら確実!と探索にきたのです。

c0206047_0484666.jpg


いかにも縁日!と言う感じですね。
ここにはそんな店しか写ってませんが、やはり骨董の店がメインです。
特に陶器、古民芸品、雑貨、それに着物。(あ、植木もありましたっけ)
そして、着物女子、着物男子、多いですね〜!外人さんに負けないくらい!
みんな高い着物は買えないから、古くて光るの捜してるんですね。
言葉を聞いてると京都以外の子もたくさん。
みんなそれぞれの個性を発揮しておしゃれしています!
特に着物男子なるものを初めて見ました。
習ってる和の稽古事の関係で、しっかり伝統的な装いの男性は多く見ているのですが、
あんな自由奔放な装いには思わず二度見(笑)
個人的にはオーソドックスな袴姿の男性が一番好きですけども、〜でも、おしゃれを
楽しんでるのがわかります。ファッションに血道を上げてた自分の若い頃を思い出してしまったりして!
(その頃は着物なんて選択肢は思いもつかなかったけど)
若人よ、今だけしかできないおしゃれ、楽しんでねぃ!



c0206047_0491080.jpg


結局、手に入れたキルトはこんな感じ。
どんなものが良いのか判らないので、いかにも外人さんが好きそうなのを片っぱっしから集めて。
私もまた今度ゆっくり宝探ししたい。特に陶器、家具。
今回も、ちょっとそそられるのがありましたが、衝動買いするまでには至りませんでした。
やはりああいう所には時間とお金!に余裕を持って出かけないと。カード効きませんもの!(爆)



今回は午前中だけの強行軍。11時には大あわてで家路に。
因みにこの日は洋服で。やはりこんな人混みへは洋服が一番です!




おまけ
今年は紅葉が早い。天神さんの木々ももうこんな。
c0206047_0493636.jpg


その分、発色が悪いかと思ってましたが、10月30日の現在、
少しずつ美しくなってきているように思えます。
京都へ来られる方、今年は急がれた方が良いかも。
[PR]
by r_gardenspace | 2009-10-30 18:12 | 京都でのこと

日本伝統工芸展/祖母の大島

せっかくの袷の季節だというのに、
ここの処ずっと、空いている時間は庭仕事。
土にまみれている間に季節は進んで帯付きでは歩けない!となる前に、
どうしても袷を着ておきたくて、
この週末、ちょっとガーデニングはお休みした。



出かけたのは、日本伝統工芸展(京都高島屋)
毎年の事だが、この展覧会、会期が短い!
今まで行こう行こうと思っている間に終わってしまっていた。
したがって、見るのは今回が初めて。
実を言うと、習っている陶芸の先生の作品が出品されている(毎年)
されているのに今までは行きもせず、失礼な生徒である(すみません)

しかし、
いやぁ〜  こんなに多いとは!
作品の八割方を見ても、先生の作品に行き当たらないので焦ったりして。
作品は主に陶芸、湿芸、金工、木竹工、染織、それに人形まである。
陶芸などは習っている事もあり、作り手の感覚に近い目で見てしまう。
アイデアの源流が垣間見えるもの、創造する苦労を感じさせるもの。
そして、製作の喜びが想像できる作品。それは湿芸や金工などもしかり。
でもこれを買う、あるいは使う方の気持ちはなかなかなれないもので。
これ、誰が買わはるのん?(先ずは売り物?)とか、
どこで使わはるのん?(美術館行き?やっぱりお茶会?)とか。
なのに、 染織になると、いきなり視線が変わる自分!
あ、これ、すてき〜!これならどんな帯(着物)があうかなぁ?
欲しいわぁ!…いや、年齢的に無理かな?…などなど。
金銭的に無理なんですけどね!



そんな、工芸品が絶対買えない私が着ていたのは
祖母の大島
相良刺繍が施された紬の袋帯(ヤフオク)
襦袢もこの日から袷。
帯揚げ、帯締めも袷に合わせて。
c0206047_20233361.jpg
裄が短いですね。

  


着付けを習った理由の一つに、この大島が着たいというのがあった。
ある程度着られるようになって直ぐに着だしたのだが、それでも、
今まで10回ほども着ただろうか。
先日袖を通した時、とうとう縫い目が裂けてしまった。
今回が最後のつもりで着たが、まだまだ着たかったのでとても悔しい。
もともと祖母が着倒していたらしいので、まさに天寿を全うした大島と
言えるのかもしれない。
↑の写真は昭明下で色が赤くなってしまったが、実際の色は、
黒に見える濃い焦げ茶ベースに、おーきなブルーの格子という
数十年もの月日を感じさせないモダンなデザイン。
c0206047_0162019.jpg


今、同じようなデザインの大島を捜しているが、
(値段的に可愛くてデザイン優秀…なのは)なかなか無い。



この日は工芸展鑑賞の後、
欲しかった羽織紐を求めて、高島屋含めて何軒かの店を物色。
結局、思ったようなのは見つからなかったが、
杵屋さんで一本購入。内容もここが一番充実していた。
その杵屋さんでさえ、今は数がない、と。  羽織紐を捜すのも難しい。
[PR]
by r_gardenspace | 2009-10-26 00:18 | キモノ

愛しのジャクリーヌ

新しくバラが届きました。
「ジャクリーヌ・デュ・プレ」
私のフェイバリット・ローズです。ずっと大事にしていたのですが、ここ数年元気がなくて。
良かれと思って植えた場所でしたが、年々、側の桂の木が大きくなり、
太陽の光を遮るようになってしまったのがその原因かと。
一昨年の冬、一大決心で南側に移植したのですが、以前ほどの元気はなく、
ほとんど返り咲きしてくれなくなってしまいました。
今年の夏、もうダメかもしれない…と思い、村田バラ園に注文したのです。

来てびっくり。なんと大きな箱!
c0206047_2311239.jpg


さすが村田さん、とても立派な苗!花も付いている!(二つも)
c0206047_23114169.jpg


c0206047_23135746.jpg


この後一回り大きな鉢に植え直したのですが…。
少し小さ過ぎたようで思った以上に水の乾きが早くて!冬の本格植え付けまで我慢してね。
今ある子はこの冬もう一度鉢に植え直して、じっくり養生してもらおうと思っています。


その子の以前の姿を。
c0206047_2301816.jpg


もともと大の白花好きですが、この子は特別。
蕾の時はバニラクリームのような色。開くとなんて印象的な蕊!全てが美しい。そして香り!
c0206047_22501030.jpg


他にはあまりないような香りではないかしら?爽やかで高貴な。
唯一残念なのは、直ぐに散ってしまう事。それも花付きの良さがカバーしていますが。
[PR]
by r_gardenspace | 2009-10-17 23:02 | ガーデニング

クレマチス「ジングル・ベル」

クレマチス続きで・・・

3年ほど前に我が家にやって来た冬咲きクレマチス「ジングルベル」
今年やっと、初めての花を付けてくれています。
三年間というもの全く花の気配がなく、やきもきしていたので
初めて蕾を見つけた時には嬉しかったものです。

これがその…
c0206047_11152144.jpg


分かりにくいですが、白い花が見えるでしょうか。
名前が名前なのでてっきり真冬に咲くのかと思っていたのですが、
今頃なんですね〜!同時に新芽もどんどん伸びています。

ただ、 アップにすると・・・
c0206047_11173133.jpg


なぜこんなに汚いのか…?


どうも犯人はこの子です。
c0206047_11394486.jpg


c0206047_11395940.jpg


蜜を吸いに来ているのかと思ったら、花びらを食べに来ているようです。
それともまだ暖かいので巣を作るための材料採取でしょうか?
この子が日本の子か、問題の西洋ミツバチか判らないですが、
このご時世、怒るに怒れない。


ま、もう少し季節が進んだら、
もっと綺麗な姿が見れる・・・と思って 
[PR]
by r_gardenspace | 2009-10-13 11:27 | ガーデニング

暴挙/クレマチス植え替え

夏の間中、暑さを理由にサボりまくってたガーデニング。
一時すっかりジャングルの様相を呈していた我が庭ですが、
虫(チュウレン蜂)の餌食となったバラが大幅に葉を無くしたりしたこともあって(爆)
ずいぶん涼しげな風景になってきました。
さすがの私も気温の下降と共に活動意欲がわいてきました。
と言うより、注文していた球根や種が届いては、活動せん訳にはいきません。
それに植え替え待ちの鉢が幾つか…。

先日のオンシジウムに続いて、ここ数日で
ブルーベリー(サンシャインブルー)・・・根切り虫にやられ瀕死状態
ブッドレア・・・鉢が小さくなって成長できず
シャクナゲ・・・縦長鉢に植えたのを後悔して一年半
と立て続けに終わらせました。

そして、
ここ数年、植え替えるか悩みに悩んでいたクレマチスをとうとう今日、植え替えてしまいました!

その場に植えて4年。本人も気に入ったようで着実に大きくなっていたのに、
どうしても(私が)気に入らない…。
まず色彩計画的に失敗だったのと、鉢植え時代の方が断然ステキだったのです。
でも…、
クレマチスって、地植えの移動は厳禁(根を切ると枯れる)なんですよね。
もしかしたら…ダメかもしれない。
c0206047_22262592.jpg


堀上げ前の様子(小さなオベリスクに這わせていたのを外した状態)


深く深く堀上げたかったが、横に植わっているバラの根も気になり、断念。
見事に根はブツ切れ(泣) 後でどこまで伸びていたのか掘ってみたら軽く50センチ以上!
思った以上に大きく育ってくれていたのだ!ごめんね!!


c0206047_22281549.jpg


それでも一縷の望みを持って作った用土。
赤玉(小粒)6:ピートモス2:バーミキュライト+パーライト=2
それに気休めだが、2掴みほどの根腐れ防止剤


植え替えた後の姿はこれ。
c0206047_11464444.jpg


今はまだ葉も青いが、徐々に枯れて行くでしょう。
元気なクレマでも冬の間は枯れたような状態になり心配させられますが、
この子の場合特に、来春、芽が出てくれるのか……



最後に 在りし日の… またこんな姿を見れる事を信じて!
彼女の名は「サロモン
c0206047_22305429.jpg



[PR]
by r_gardenspace | 2009-10-11 22:56 | ガーデニング