カテゴリ:ガーデニング( 166 )

春の楽しみ

秋のガーデニング作業がまだ半分も終わっていないところへ、新たに一作業。
家族が球根をいっぱいもらってきたのです。内容は、


日本水仙
遅咲き水仙
ラッパ水仙
ヒヤシンス
ムスカリ
フリージア
南米原産赤い花?…??


う〜〜〜ん、これでは何がなんだか?
一応、大きさで分けたところ。
c0206047_23592279.jpg



大きいのが、水仙。(ヒヤシンスも入ってる?)
小さいのが、ムスカリかな?
で、判らないのが、中くらいの大きさの物。
フリージアは植えた事ないので判らないのですが、こんなものなのでしょうか?


とにかく、出自が判らないでは、植えにくく、
それ以上に我が家の庭はもう植えるような場所は無し、ということで
鉢植えにすることに。
c0206047_23595449.jpg
鉢をどれにするか考え中。


結局右の白い鉢に、中くらいと、小さいののダブルデッカー。
大きいのは深さが必要かと、中央のちょっと和風なのに植える事に。


花が咲いたらまたここでアップしたいと思います。
春に花を見て、やっと何者かが判る… というのも面白いですね。
にしても、南米原産赤い花…って??? 037.gif041.gif037.gif
[PR]
by r_gardenspace | 2009-11-09 00:06 | ガーデニング

愛しのジャクリーヌ

新しくバラが届きました。
「ジャクリーヌ・デュ・プレ」
私のフェイバリット・ローズです。ずっと大事にしていたのですが、ここ数年元気がなくて。
良かれと思って植えた場所でしたが、年々、側の桂の木が大きくなり、
太陽の光を遮るようになってしまったのがその原因かと。
一昨年の冬、一大決心で南側に移植したのですが、以前ほどの元気はなく、
ほとんど返り咲きしてくれなくなってしまいました。
今年の夏、もうダメかもしれない…と思い、村田バラ園に注文したのです。

来てびっくり。なんと大きな箱!
c0206047_2311239.jpg


さすが村田さん、とても立派な苗!花も付いている!(二つも)
c0206047_23114169.jpg


c0206047_23135746.jpg


この後一回り大きな鉢に植え直したのですが…。
少し小さ過ぎたようで思った以上に水の乾きが早くて!冬の本格植え付けまで我慢してね。
今ある子はこの冬もう一度鉢に植え直して、じっくり養生してもらおうと思っています。


その子の以前の姿を。
c0206047_2301816.jpg


もともと大の白花好きですが、この子は特別。
蕾の時はバニラクリームのような色。開くとなんて印象的な蕊!全てが美しい。そして香り!
c0206047_22501030.jpg


他にはあまりないような香りではないかしら?爽やかで高貴な。
唯一残念なのは、直ぐに散ってしまう事。それも花付きの良さがカバーしていますが。
[PR]
by r_gardenspace | 2009-10-17 23:02 | ガーデニング

クレマチス「ジングル・ベル」

クレマチス続きで・・・

3年ほど前に我が家にやって来た冬咲きクレマチス「ジングルベル」
今年やっと、初めての花を付けてくれています。
三年間というもの全く花の気配がなく、やきもきしていたので
初めて蕾を見つけた時には嬉しかったものです。

これがその…
c0206047_11152144.jpg


分かりにくいですが、白い花が見えるでしょうか。
名前が名前なのでてっきり真冬に咲くのかと思っていたのですが、
今頃なんですね〜!同時に新芽もどんどん伸びています。

ただ、 アップにすると・・・
c0206047_11173133.jpg


なぜこんなに汚いのか…?


どうも犯人はこの子です。
c0206047_11394486.jpg


c0206047_11395940.jpg


蜜を吸いに来ているのかと思ったら、花びらを食べに来ているようです。
それともまだ暖かいので巣を作るための材料採取でしょうか?
この子が日本の子か、問題の西洋ミツバチか判らないですが、
このご時世、怒るに怒れない。


ま、もう少し季節が進んだら、
もっと綺麗な姿が見れる・・・と思って 042.gif
[PR]
by r_gardenspace | 2009-10-13 11:27 | ガーデニング

暴挙/クレマチス植え替え

夏の間中、暑さを理由にサボりまくってたガーデニング。
一時すっかりジャングルの様相を呈していた我が庭ですが、
虫(チュウレン蜂)の餌食となったバラが大幅に葉を無くしたりしたこともあって(爆)
ずいぶん涼しげな風景になってきました。
さすがの私も気温の下降と共に活動意欲がわいてきました。
と言うより、注文していた球根や種が届いては、活動せん訳にはいきません。
それに植え替え待ちの鉢が幾つか…。

先日のオンシジウムに続いて、ここ数日で
ブルーベリー(サンシャインブルー)・・・根切り虫にやられ瀕死状態
ブッドレア・・・鉢が小さくなって成長できず
シャクナゲ・・・縦長鉢に植えたのを後悔して一年半
と立て続けに終わらせました。

そして、
ここ数年、植え替えるか悩みに悩んでいたクレマチスをとうとう今日、植え替えてしまいました!

その場に植えて4年。本人も気に入ったようで着実に大きくなっていたのに、
どうしても(私が)気に入らない…。
まず色彩計画的に失敗だったのと、鉢植え時代の方が断然ステキだったのです。
でも…、
クレマチスって、地植えの移動は厳禁(根を切ると枯れる)なんですよね。
もしかしたら…ダメかもしれない。
c0206047_22262592.jpg


堀上げ前の様子(小さなオベリスクに這わせていたのを外した状態)


深く深く堀上げたかったが、横に植わっているバラの根も気になり、断念。
見事に根はブツ切れ(泣) 後でどこまで伸びていたのか掘ってみたら軽く50センチ以上!
思った以上に大きく育ってくれていたのだ!ごめんね!!007.gif


c0206047_22281549.jpg


それでも一縷の望みを持って作った用土。
赤玉(小粒)6:ピートモス2:バーミキュライト+パーライト=2
それに気休めだが、2掴みほどの根腐れ防止剤


植え替えた後の姿はこれ。
c0206047_11464444.jpg


今はまだ葉も青いが、徐々に枯れて行くでしょう。
元気なクレマでも冬の間は枯れたような状態になり心配させられますが、
この子の場合特に、来春、芽が出てくれるのか……



最後に 在りし日の… またこんな姿を見れる事を信じて!
彼女の名は「サロモン
c0206047_22305429.jpg



[PR]
by r_gardenspace | 2009-10-11 22:56 | ガーデニング

オンシジウム植え替え

ガーデニングは第一の趣味と言える私ですが、
主に育てているのはバラ、多年草、ベリー類などと落葉樹です。
特に冬、屋内に避難させなくてはいけない常夏を故郷とするような植物には一切手を出していません。
要はこの狭い室内に余分な植物は置きたくないし、季節の変わる度に室内と屋外との移動も面倒!
て言うのが本音なんですが…

そんな我が家に突然やって来たのがこのオンシジウム。
およそ5年ほど前、お祝いに頂きました。
その時の画像を取ってないのは失敗でした!
すーっごいハンサムガール!!(ネームカードにはDancing Ladyと。春咲きです)
こちらの趣味を考慮して頂いたと分かる渋い面持ちの彼女は、花穂を7本!も立て、
とても香しい香りとともに、堂々とした存在感を放っていました。
でもね、
先ほどもいいましたが、こういう暖かい国の植物はほとんど育てたことがありません!
だいたい水をやる頻度さえ分からないんですから。
もともと蘭類はそれほど好きな種類ではなく、
花が無い時期はハッキリ言ってただ水をやってるだけという低テンション。
ところがそんな私もひとたび花穂が見えてくると気持ちは高ぶります!
毎日観察して、開花を待つ始末。ゲンキンなもんです。
もちろんそんな育て方で上手く育つ訳がありません。
年々花は小さくなり、去年はそれなりの花穂3本、と散々な結果。
敗因の一番の理由は、昨年行った植え替えではないでしょうか。
オンシジウム本体に対して鉢が小さ過ぎるように感じて強行。
(なんせ頭が重くて倒れそうになっていましたから)
ちゃんとした時期に本を読んでやったまでは良かったのですが、
用意した次鉢が大きすぎました!

c0206047_22275981.jpg
これがその。
見た目優先で買った陶器鉢は一辺30センチほど、高さも30センチ。
この鉢にがさがさに植わっていた。



「鉢植え蘭、足元小さくギュウギュウ植え」という定説を知ったのは、
植え替えてから1ヵ月ほどもたった後。
もう植え換え適期から外れ、もう一年待つしかないと断念しました。
本体に対して足元が大きいので、水分が抜けきらず、過湿になる事を恐れて、
水やりは本に書いてあるよりも少なく、かなり控えました。
それでも夏場は毎日はやらないと怖くて…。
やはり過湿ぎみになってしまったように思います。

c0206047_22323186.jpg
単純に二つに株分け
見るからに元気なく、根っこはほとんど無い!
バルブはシオシオ・シワシワ!



c0206047_22333853.jpg
切ったシオシオバルブと古い水ゴケ。
この後、ゴミはさらに増え、倍ほどに…!



そうなんです!やり始めたら後先考えずにズンズンやってしまうのが悪い癖。
今回も古いバルブをザクザク切ってしまって。切りすぎたら腐り安…かったりしたらどうしよう(大汗)
結局、二つの株はかなり小さくなって新しい鉢に。


c0206047_22381926.jpg


c0206047_22383173.jpg


どっちも蘭らしく、頭でっかちぎみに。
ん〜〜、気持ち良い! …と思ってるのは今だけ?で、これでも鉢、大き過ぎる?
唯一、数本新芽が出てるのが嬉しい。


この後、数日は水はやらないで管理するそうです。
今回パンパンに張ったバルブが一つも無いので、来年の花は見られないかもしれません。
それでも腐らないで、なんとか再来年、
もう一度、私にあの花芽の出てきた時のドキドキ感を体験させて欲しいものです。
[PR]
by r_gardenspace | 2009-09-22 22:47 | ガーデニング

シレネ・スワンレイク


昨年、
その麗しくかあいいお花に一目惚れして、
早々ネットで手にれたシレネ・スワンレイク。
まだまだ小さかったその苗、
無謀にも地植えにしてしまって。
いやぁもう、あっという間でした、ドロのように溶けるまで。
タグには花壇もオーケーと書いてあったけど、
我が家のような地(夏 暑い!むちゃむちゃ蒸し暑い!)では無理だったのかも。

絶対リベンジするぞ!と誓うも、新しい苗を手に入れたのはつい最近。
今回はもちろん鉢植えにし、水やりや、暑くなりすぎないような置き場の設定にも
細心の注意を払って。
その甲斐あってか?一昨日やっと!一輪花を見せてくれた。


c0206047_0443864.jpg


結構大きな花。直径3センチくらい?

c0206047_0445799.jpg


このお尻、まるでドレスのよう。花びらはペチコート?

そして、なんと鮮烈な香り。少々個性的ではあるけれど。
この花が幾つも垂れ下がって、鉢をデコレーションしてくれるはいつかしら。
[PR]
by r_gardenspace | 2009-09-14 22:27 | ガーデニング