まとめ。2013のクリロー、チューリップなど。

もうすぐ梅雨も明けて夏がやってくるという時期ですが、
今年の早春の花(‥主にクリスマスローズとチューリップですが)
まとめておきます。



クリスマスローズ、
私は初導入が遅かったので、それほど数はありません。
最初に育てたニゲラは、地植えした場所が悪かったと見えて
すぐに消えてしまいましたので、
一番古い子はこのダブルファンタジー、
玄関近くで育てていましたが、昨秋、株分け移植しました。
c0206047_23562831.jpg

ボーダーと、ここ桂の樹の下に入れましたが、
初年度から元気。
この場所は(春から秋遅くまで完全日陰。加えて乾燥ぎみ)
何を育てても育たない不毛の地と思っていましたが、
クリスマスローズには最適地だったのかも!
これでうまく夏越ししてくれたら、ここはクリスマスローズ花壇にできそう。
c0206047_002981.jpg

塀に囲まれたこんな隅でも元気(^^)
あ、手前に緑の子が‥




割りと最近やってきた赤い子。
c0206047_012568.jpg

手前の黄色い葉はコリダリス・ベリーエキサイティング
寄せ植え教室(京阪園芸)で貰ったので、もともと良い株でした。
しかも、いい場所に定植したので邪魔なくらい(笑)大株になってきました。
この秋は桂の木の下に移動してもらおうかな。




みーさんのルーセブラックの素晴らしさに感化されて買ったルーセブラック。
c0206047_015454.jpg

表の花壇に入れて見せびらかそう(^^;;;;と思いましたが、
まだちょっと株が小さくて。早くこんもりしてくれないかなぁ。




我が家では特別扱いのセミダブル。
今も鉢に居ます。
c0206047_021419.jpg

でもそろそろ鉢が小さくなったのか、
去年と変わらない花つき。いや、縮小傾向かも。
この秋は植え替えるつもり。
この頃はまだ桂が芽吹いてなくて、中庭も明るいです。






去年一年は、庭に気持ちを持っていくことができなくて、
新たに導入した植物はほとんどありません。
消えてるものも沢山あるので、
この春はいつもにも増して寂しい花壇でした。

そんな中で、毎年健気に花をあげてくれる
原種に近いチューリップ。
一番大好きなこのアイスステイックはもう10年近い古株です。
c0206047_041450.jpg

最近は売ってるのを全く見かけなくて‥残念でなりません。
なんとか今の株を長生きさせないといけないのに、
今年も種を付けたままにしてしまった。いかん!!‥反省



アイススティックに似た
レディージェーンは今年も元気です。
c0206047_05666.jpg

この子はいっぱい売ってるので安心ですね(黄色い子はクリサンサ)

ボーダーと西側花壇にありますが、どちらも増えてます。
c0206047_054381.jpg

奥に見えるオレンジ色はシモツケ「レインボー」(だった‥と思います(^_^;)ゞ)




その同じ場所にあるユーフォルビアシルバースワン。二代目です。
c0206047_075129.jpg

今は花も終わり、切ってしまいましたが、
チューリップの咲くこの頃、ちょうど花芽が上がってきています。
短命なところがなんとも残念な、魅力的な植物ですね。




おまけ。
ボーダーになんとなく写ってる黄色い葉は、オレガノノートンズゴールドですが、
中にこんなのも居ます。
c0206047_095233.jpg

斑入りのよもぎ。綺麗でしょ(^^)
北海道の大森カントリーガーデンで買ったので、暑さに弱いか?と心配しましたが、
めっちゃ丈夫。さすが日本の在来種ですね。
日々増殖中です。
[PR]
by r_gardenspace | 2013-06-27 00:17 | ガーデニング
<< 春の京都府立植物園・1 今年二度目の植花夢!! >>