ユーコミス「スパークリング・バーガディー」‥のカマキリちゃん

やっと涼しくなって来ましたね。
今まで暑さを言い訳にして庭仕事も、ブログ更新もサボって来ましたが、
いよいよそんな戯言が言えなくなってきてしまいました。
夏の間は外に出るのも嫌で、ほとんど撮ってなかった写真ですが、
それでも少しは溜まってますのでボチボチアップします。


ユーコミス(パイナップルリリー)「スパークリング・バーガディー」
うちでも昨年秋に導入していました。
我が家に来た時は地上部もなく、冬の間は全く水もやるな‥との栽培情報に、
本当にこれで夏に花が咲くのか?とかなり疑いの眼差しで苗を見ていました。
というのも、手に入れた業者が(後から判ったことですが)あまり評判がよろしく無く、
こんなことなら、
後から発売された乙庭さんからも買っておけばよかったなぁ‥なんて、
諦めの悪いことを考えていました。
なので、春になって葉が出てきた時には正直ホっとしました。

で、待望の花芽が見えてきたのは7月上旬。
c0206047_0192049.jpg

ホントにこの頃はミニパイナップル(^^)可愛いです。


そして、花がここまで立ち上がってくるのに、半月以上待たされたのですが、
上がってきたこの穂のショボイこと。
c0206047_0194186.jpg

やっぱりB級苗か?とこの頃再度気落ちしていました。
やっと本来の姿になってくれたのが7月終わり。
c0206047_020119.jpg

しかしよく見ると、
せっかくの魅力的なバーガンディ色(ブルゴーニュの色)は緑に変化していくのですね。


ところで、
この頃この花芽を狩場としていた子がいます。
今年生まれたチビカマキリです。
c0206047_021371.jpg

ちょうど花芽が出てきた同じ日にチョコネムの葉の下にいたのを激写していました。
c0206047_0213029.jpg

ちっちゃすぎるので‥
c0206047_0215311.jpg

この頃たったの2センチ   ‥もない?
しかし一ヶ月後のこの頃には、倍ほどの大きさに成長していました。

昼間だけ、パイナップルリリーで過ごしているチビカマちゃん、
c0206047_0254858.jpg

じーっと、レンズ(私)をみています。
c0206047_02611100.jpg

花が終わりかけたら姿を見なくなりましたが、
最近ミモザの枝で発見した(茶色く大きな)子が、
この子が成長した姿だ、と勝手に想像しています。


結局パイナップルリリーの事をリポートしたのか、
カマキリの事を言いたかったのか、わからない記事になってしまいました(^^;;;
わはは‥ お許しを。。
[PR]
by r_gardenspace | 2012-09-27 00:44 | ガーデニング
<< 台風一過 美人侮りがたし >>