遅ればせながらのバラ

季節はどんどん移り変わっているというのに、
写真は全然追いついていません。
もうほぼバラは終わって、庭は初夏の様相なのに。
大急ぎでバラなど。

ナニワイバラです。
c0206047_01110.jpg

ナニワイバラというと清楚な、しかしもの凄い勢いを
持ったバラですが、
我家のは万年 鉢住まいでいじけてます。
地植えして、のびのびと生長させてやる事ができれば
いいのですが、そう言う訳にもいきませんし。
それでも現在の状況(小屋の屋根に被さって)は
あまりに不憫。
c0206047_01584.jpg

なんとかしてやりたいんですが‥



さて、
この前までティージング・ジョージアが満開だった
西側花壇には、あと2種類のイングリッシュローズが
あります。

ザ・ナン、
コンテ・ドゥ・シャンパーニュ の、
カップ咲き2株です。

ザ・ナンは古いERですよね。
c0206047_031357.jpg

こんな大きな木立性のバラだとは知らず、
(その頃は今以上に物知らず。その上ちゃんと調べずに)導入。
毎冬、短く剪定しますが、
お花が咲く頃にはもう人間の背ぐらいの高さになっています。
その後季節が進む毎に(剪定してても)ますます伸びて、
もうこんな風に蕊を覗く事もできません。
c0206047_034395.jpg

こんな大柄なナン姉ちゃん、
はっきりいって持て余し気味ですが、
お花は好きなんでむげには出来ず‥。悩みの種です。
c0206047_043222.jpg



コンテ・ドゥ・シャンパーニュは本来、
もの凄くニュアンスのある色彩のバラなのに、
今年は良い表情を撮る事ができませんでした。
c0206047_052549.jpg

ザ・ナンに頭から覆いかぶさられているのが
イカンのかしら‥?う〜〜ん。
[PR]
by r_gardenspace | 2011-06-11 00:15 | ガーデニング
<< 遅れてきた皇太子 単衣の時期のセミ・フォーマル >>