「ほっ」と。キャンペーン

ヤマユリ/二年目の植え替え

この週末、ヤマユリを植え替えました。
長年咲かせられなかったヤマユリ、
昨年やっと、咲かせる事が出来たのですが、
なんせ花後の世話をした事がなく(^^;;;全てが手探りでした。
きっと秋までに枯れてしまうんだろうな‥と
ネガティブな予想をしていたのですが、
去年のあの暑い夏を無事に乗り切ってくれて、
思いのほか元気そうな様子に、
もしかしたら今年も咲かせられるかも‥と、
欲がでてきました。

ただ、
2年目の場合、何時 植え替えをしたら良いのかが、
全くわかりません。
インターネットで調べてみると、
NHKの趣味の園芸のサイトで、
詳しい育て方が紹介されているのを見つけました。
↑によると、2~3月が植え替え適期だそうです。

c0206047_0101872.jpg

↑2鉢あるうち、小さい方。茎、こんな感じになってました。


2月に入って、すぐにでもやりたかったんですが、
(中の球根がどんな風になってるか気になって)
先ずはバラの植え替え等を済ませてから‥と、がまん
バラがほぼ終わった土曜日、満を持して取りかかりました。

ほんの2時間ほどで済むだろうと高をくくっていたのが、大間違い。
鉢の中がガチガチで全く歯が立ちません。
思った以上に生長して、根が張ってたんですね!
棒で上から徐々に土を崩していったら、途中、木子も発見したりして!
c0206047_001663.jpg

↑左の2本がユリの茎(木子が一個ずつ付いています)右は作業用の棒。
やっと抜けたらこんな感じで、根がビッシリ!↓
c0206047_005157.jpg

2球植えと1球植えの二鉢ある内、
苦労したのは2球植えの方。
1球植えの方は、意外に簡単に抜けました。↓これ
c0206047_04027.jpg

違いは何なんでしょう?
2球の方は専用土を使ったからでしょうか?
それとも深い、備前のような焼締めの鉢が良かったんでしょうか?




↓なんとか掘り上げた3球。
c0206047_051060.jpg

上根も下根も共に立派に生長してました。
しかし、ここで新たな悩みが。
上根が付いている古い茎、これがガッチリ球根から出ていて、
簡単には抜けそうにないのです。
ユリ、基本的に刃物で切ったらいけない‥というのが
頭にあって、抜けなかったらどうしよう?と思いましたが、
ねじって引っ張ってみたら、思いのほか簡単にとれました。よかった~
洗ってみたらこんな↓
c0206047_054276.jpg

二球植えの方の一個は分球してました!やった~!

c0206047_061669.jpg

↑木子もみんなで6つ。立派な根も生えています。

今年は専用土を用意してなかったので、
↑のサイトの配合で
桐生砂or赤玉(共に小粒)+軽石(小粒)+硬質鹿沼(小粒)7:腐葉土3
の割合で。(桐生砂がなかったので赤玉採用)
(木子も一緒に植え込みました)
今年はうまく咲いてくれるでしょうか?
分球してるのは花は咲かないかもしれませんね。

地味な画像ばかりでしたので、
去年の花の絵でお茶を濁しておきます~(^^
c0206047_084627.jpg



ちなみに今までの山ユリ関連の記事は‥
2009.11.22  今年こそ!
2010.04.27  新芽展開
2010.07.11  待望の山ゆり
[PR]
by r_gardenspace | 2011-02-22 00:23 | ガーデニング
<< ピメレアを主役に、寄植え ルーシー・リー展へ >>