信州旅行 “軽井沢へ”

長野旅行の続きです。

翌日(26日)は軽井沢へ移動です。
本当は一刻でも早く軽井沢に着いてゆっくりしたかったのですが、
私の我がままで、グリーン・マーケットさんに寄って行く事に(すみません!)
いやぁ前日に引き続いてのナーセリー巡り!たまりません(^o^)
実際、G・マーケットさんでは、サイトでしか見た事のない苗がワンサカあって、
目移りしまくり!でした。(そして案の定、写真の事は忘却(^^;;;;)
ただ、前日おぎはらさんで買った苗の事や、何より、
植える場所がどれだけ残ってるか?を考えると、どうしてもブレーキが。
なんとか片手以内でセーブしたワタシ、えらい。
購入を済ませた後は、G・マーケットさんのオープンガーデンを徘徊。
ホントはこちらを先に見るべきでした。

しかし、信州に来てからずっと気になっていた事でしたが、
なんて植物達が元気なんでしょう!関西とは歴然と違うのです。
例えば、ゲラニウム、花が付いているのは少なかったけど、
あんなにもりもりとした株見た事なかったです。(葉っぱが硬そうだなんて!)
例えば、三尺バーベナ。あんなにスックと立つ事の出来る植物とは知りませんでした。
もちろん↑これはグリーン・マーケットさんでの感想ですが、
最も目を見張ったのが、路地の秋明菊。
そういえば10年ほど前の秋に訪れた時も、
秋明菊の立派さに驚いた記憶がありました。
ちょうどその頃、秋明菊を購入した直後だったこともあり、
「こんな風に咲くんだ」と、イメージしたものですが、
関西で育てているとイメージ通りにいかないことが当たり前で、
それにすっかり慣れてしまっていました。
いや、関西でももちろんプロの方や、
上手な方の手にかかれば立派に育てられてるんでしょうけども。
でも信州では、普通のお宅の庭に、放任されてるがごときの秋明菊が、
息をのむほど素晴らしい!
こんなのを見ると、自分のショボイ画像をちまちまアップしていることが、
気恥ずかしくなります。やれやれ。
何が違うか?空気(気温)?土?人間の手?いや、全部でしょうか。
京都に帰ってから、知り合いの花屋さんにこの話をしたら、
「そうやねん。もうどうしようもない事やわ。悔しいけどな〜」と。
京都では亜熱帯の植物しか育てられなくなるのかも(悲)






さて、気を取り直して。
そんな事をしながらゆっくり軽井沢に向かったので、
ここでの目的地、軽井沢レイクガーデンに行くのがずいぶん遅くなりました。
入ったのは3時くらいだったでしょうか?
この頃になると、そろそろ天気が崩れてきて写真、全て暗いです(汗)


前述の秋明菊。綺麗ですね〜。
c0206047_23574753.jpg

こんな風に二種類の秋明菊を合わせて植えられてることが多かったですね。
これは広い場所があればこそ。




c0206047_23581368.jpg

アジサイもこんな風に綺麗に発色するんですね。
関西ではありえない(哀)元は何色だったんだろう。





c0206047_23584992.jpg

レイクガーデンなんですから、湖(池)が真ん中にあるんですね。
当たり前ですか。
この日はお客さんがほとんど居ず、貸し切り状態だったので、
晩秋の寂しさがより深く‥。
他の季節に来たら印象は違うんでしょうね。





パニカム?もいい雰囲気出してます
c0206047_23591981.jpg






ところでこのレイクガーデンの敷地の一部は別荘地として
分譲されてるんですね。まだ買われていない土地も幾つかあって。
ここに別荘を構えたらこのレイクガーデンが借景(と言うより自分の庭の一部)
となるのがミソ。
「そうねぇ。主人に相談してみるわ」なんて、本気で言いたい(笑)
これは、敷地の向こうにあったお宅のガーデンシェッド?チャイルドハウス?
夢のような暮らしですな〜(@o@)
c0206047_001188.jpg





そうそう、ガーデンには隣接したホテル・ルゼがありました。
c0206047_003761.jpg

次回はこちらに泊まる?‥  良かろうなぁ。




と、あっという間に軽井沢の一日は過ぎたのです。
そして早くも、この次の日は関西に帰ることになるのですが、
実はこの帰り道で、今回の旅行でもっとも美しい景色を目撃することになりました。
しかしこの日は自分のカメラはほとんどカバンの中。
主にお友達の一眼レフを借りて撮影していたので、
次は画像を頂いてからアップすることにします。
それにしても。

あ〜、本当に美しかった信州。
たった3日ほどでは全く満足出来ませんね!
近々、ぜひまた訪れたいです!
[PR]
by r_gardenspace | 2010-11-07 00:11 | ガーデニング
<< 2010最高の でなーしょう >>