猛暑を乗り切った、秋の花たち

今日はちょっとだけ撮りためた写真をアップしようと思っていたのに、
夕食にワイン飲んだら爆睡。
見たかったテレビも結局見れずじまい。最近とみにお酒に弱くなってます(泣)

春に比べたら‥いや、春でもたいして花の数が多い訳ではない拙庭ですが、
秋は更に花は少なくお恥ずかしいほどです。
そんなショボい庭ですが、
最近やっと涼しくなってきて、パラパラと花が咲き始めました。




夏から咲いていましたが今の方が調子がいいみたい‥なルリマツリ。
c0206047_2281387.jpg

廻りが絵にならない場所なので引いて撮れません。
来年は場所を変えるつもりです。




暑い時期の花のイメージだったんですが、
今年は暑さのダメージか?付くツボミがことごとく咲く前にダメになりました。
こんなにちゃんと咲いたのは久しぶりです。
黄色のブッドレア(名前失念/また調べて記載します)
※名前「イエロー・マジック」でした(10/19記載)
c0206047_229870.jpg

しかし葉っぱはバッタの餌食に。これも年々酷くなってる気がします。
(↑にも左後ろに居ます)




バーバスカム・サザンチャームの黄色いのだけが
元気にかえり咲きしてます。
しかも徒長もせず、いくつも花穂を立てて春よりもずっといい感じ。
本来はこんな形で咲くものなんでしょうね。
c0206047_230213.jpg






バラも少し。
イングリッシュローズの2種類、
ザ・ナンと
c0206047_2375237.jpg

ティージング・ジョージア
c0206047_231498.jpg

ティージング・ジョージアはもうすぐ咲くな‥と、シャッターチャンスを狙っていたのに、
気が付いたらここまで開ききっていました。残念。
まだ暑い証拠ですね。




アメジストセージも咲き出しました。
光を求めて前へ倒れ込んで、
オレガノ ・ノートンズゴールドにかぶさってます。
c0206047_2315438.jpg

春から2度ほど切り戻ししても、毎年秋にはこんな感じになってしまいます。
やっぱりもっとちゃんと支柱を立てないといけませんね。
オレガノ ・ノートンズゴールドはここにいる子だけがきれいに発色しています。
少しの日照の差だと思うのですが、えらい違い。





秋明菊もやっと!咲いてきました。
まだ2〜3輪ですが、今年はかなりたくさんの花穂が出ていて期待です。
c0206047_2322526.jpg







昨日、気が付いたのですが
ワイヤープランツのスペード葉に花が!可愛いですね〜
c0206047_2325156.jpg

以前からある丸葉のは(元気は良いが)全く花を見せた事がありません。
しかしこの株はまだ2年目?なのに驚き。
行き場のない放浪の身でストレスの多い生活をしているから(?笑)






最後に黄色紋白蝶のサナギ。
c0206047_2335496.jpg

毎年ミモザで子供を産み育て‥
ここから毎年何十羽という黄色紋白が(^^;;;;
可愛くて好きなんですが、おかげでミモザの葉はボロボロ。
下の秋明菊はいつも葉っぱの粉をかぶっています。
[PR]
by r_gardenspace | 2010-10-17 02:34 | ガーデニング
<< 京都府立植物園にて 秋の作業 その3 >>