待望の山ゆり

またこんな話から入るのは嫌なのですが、
一応その後の経過を・・・

コメント欄に少し書きましたので、読んで下さった方もいらっしゃるかと思いますが、
先日のアガパンサス泥棒、ブログをアップした夜に、
さらに酷い事、あきれかえる事をしていきました。
白のアガパンサス(コモス・ジューンブライド)を根こそぎ抜いて行ったのです。
‥唖然。絶句。
見つけたとき、目が点になるとはこういう事を言うのね、と実感しました。
でもあわてて抜いて行ったのか、
根っこは残ってるし(よけいに可哀想!)
抜いた時の葉っぱは、ソヤツの家の方に向かって落ちていました。
誰かは判らないけど、どの辺の人間かという事だけでも判って、
誰も彼も疑う‥イヤな猜疑心からは解放されました。
あんな抜き方では、持ち帰ってもきっと根付かないでしょう。
(きっと最初のも駄目で、今回、残りを抜きにきたのでは?と)

逆に内には結構太い根が残っているので、再生を期待します。
強いアガパンサスのことですし、ひょっとして‥もしかしたら、
再生してくれるのでは?と淡い期待を。  ‥無理かなぁ
(再生してくれたら鉢植えにして、昼間だけ見せびらかすように
ディスプレィしてやる~~ なんて ←陰険(笑))




さて、そんなこんなで先週は暗~い気分でしたが、
今朝、嬉しいことが!
6年?越しでチャレンジしていた山ユリが、
今日初めて開花してくれたのです!!

c0206047_21235757.jpg


う、嬉しい~~。
今までの苦労がなんだったの?ていうほど軽く
すんなり咲いてくれたような気さえする今回ですが、
思えば今回は、
球根はケチらず、サカタから買い、
用度は専用土(でも自分で作った方も無事開花しました)
そして一番大きい違いは‥
とうとう農薬(オルトラン)を使ってしまった事です。
4月ころだったでしょうか、それまで順調に育っていたのに、
蕾が姿を現したとたん、奴らも出てきたんです、アブラムシ。
(足下に一鉢ナスタチウムを『置いて』はいましたが)
もう、迷いに迷いましたが、使用を決意。
少~しだけスプレーし、ほんのちょっとだけ足下に撒きました。
そんな、ほんの少しのことでものすごい違いですね。
蕾を一つ、駄目にしましたが、
その後はアブラムシを見る事はありませんでした。
逆に言えば、とても怖い事ですので、
他には使う気はありません。


それにしても蕾が膨らんでからずいぶん待たされました。
ほら、こんな風に裂け目が見えてからでも長いんです。
c0206047_21244330.jpg

 これはやっと明日くらいかな?


しかし咲いてみると想像以上に豪華で、ちょっと内の庭には不釣り合いかも。
でも今までの思い入れがあるので、嬉しさは格別です。
c0206047_21252172.jpg



今は、楽屋裏で咲いている山ユリ、
当初の予定では道路側に移動させ(て見せびらかせ・笑)ようと思っていましたが、
↑アガパンサスの件もあり、このまま奥に置いておこうと思っています。
c0206047_21264360.jpg

(と言っても入ろうと思えば入れる地点。ちょっと心配)
[PR]
by r_gardenspace | 2010-07-11 21:41 | ガーデニング
<< 大雨のなか アガパンサス事件その後 >>