梅小路公園

京都駅の西側に何年か前からある梅小路公園に行ってきました。
毎年、母の日の頃は、
「自然大好き」の母と一緒に植物園などを巡っています。
この梅小路公園も、以前から、主に私が行きたいと言っていたんですが、
今までいく機会を逃していました。
そうこうしている間に母はお友達などと共にすでに数回来園。
今回は私が母に案内してもらうカッコウになりました。



梅小路公園、
全体では広いですが、私たちガーデナーが行って楽しいのは特に
有料の「朱雀の森」と「いのちの森」でしょうか。
c0206047_0362918.gif


いのちの森は雑木林を再現したような空間に、木造のデッキ廊下(?)が
掛けられていて一周。
ずっとその遊歩道を歩くだけだったので、直接自然に触れる…と言う感じでは
ありませんが、この雑木林がよく出来ていて、
人工的に作られたものというのが信じられないほどでした。
直ぐ脇にはJRが通っているんですけども。
c0206047_072010.jpg

遊歩道の上から新緑を撮る。紅葉の新芽が目にも鮮やかで!





「朱雀の森」は一転。かなり人工的なお庭です。
敷地の半分は浅い池が占めていて、開放的なモダンな空間。
c0206047_0131416.jpg


樹木も少ないし、花類も少しだけ。
もちろん洋風ではないし、かといって和風な庭というのも違う。
いかにも今の京都らしいお庭なのではないでしょうか。
c0206047_0142492.jpg


こういった切り口は、京都に住む私の理想の形の一つでもあるのですが、
ちょっとでも気になる植物をみつけるとつい増やしてしまう…そんな
悲しい性を持つ小市民ガーデナーの庭としては、現実感ゼロです。
c0206047_0151782.jpg


でももし宝くじでもあたって大きな庭を持てたなら、半分は
こんなモダンな庭にしたいなぁ。



そんなモダンな庭の片隅には人口と思えないような滝が。
c0206047_0161770.jpg


その先には九輪草の鉢が流れに。
c0206047_0171886.jpg


クリンソウ(桜草類)が水分好きなのを体感納得。




小さな庭なのであっという間の散策でした。
敷地内にはこんな野良の一家が住んでいたりして(^^;;
c0206047_0242832.jpg


みんな野良と思えない美形!できるなら連れて帰りたかったけど(笑)
(カメラを向けるとみんな目をショボショボして、可愛い姿に撮れず)



帰りに見上げた駐車場のユリの木の花が満開!で素敵でした〜。
c0206047_0254664.jpg


ユリの木の葉っぱはおかしな形(笑)で大好きですが、
この花もニュアンスがあって美しいですね〜(^^)
[PR]
by r_gardenspace | 2010-05-12 00:44 | 京都でのこと
<< バラはまだかいな? リベンジ「長谷川等伯 展」 >>