新芽展開

いつまでも寒いので、バラなどの蕾は小さいままですが、
新芽は次々と上がってきました。
面白くない写真ばかりですが(^^;;;


斑入りのヤツデ

4月10日ころ
↓こんな、赤ちゃんの手?タイの仏様の手?のような葉が出てきたと思ったら
c0206047_19334581.jpg



4月23日ころ
もうこんなに手を広げて…
c0206047_19341467.jpg


白く美しい葉に変貌するのももうすぐ。

c0206047_19351136.jpg


今、家の裏口の目隠しに置いています。
西側の過酷な場所の上に、小さな鉢に植えているので、
4年?くらいたちますが、成長は普通より遅いようです。
しかし世話もかからず、文句も言わず、とってもお利口。
さすがに、目隠しという役目はまだ充分に果たせていませんが、
キレイな斑入りは、(私の)視線を捕らえて離しません。




巨峰。
実は昨年、枝という枝に(たぶん)コウモリ蛾が入ってしまい、
この冬に思いっきり強×強剪定しました。
どうも、早く成長して欲しくて毎年の剪定を省略したのが原因のよう。
なのでこの春は新芽が出てくれるのが待ち遠しかったのです。
c0206047_1921145.jpg
やった。

ワイン畑なんかの葡萄の木もみんな小さく剪定されてるので、
大丈夫なんですよね?




山ユリ
去年、植え付けたサカタ製ヤマユリ。
出てきました!
c0206047_19371351.jpg


なんだかいつもより早いし、芽も立派なような気が!(気のせいて?)
2本植えた方は、対角線状に植えたのにも拘わらず何故か同じ方向に出て。
(単独植えしたのも微妙に中心からずれてます)
太陽を求めてるのかなぁ?
さてこれに関してはアブラムシ対策がキモ。
薬か?コンパニオンプランツか?
或いはどちらも?と今、模索中です。




ところで、
こんなところに花が咲いているのに気が付きませんでした。
オーニソガラム(スタンス?…名前失念)
前のユーフォルビアが大きくなって、完全に存在を忘れていました。
この日、横のクレマチスの誘引をしようとして、初めて気がつくというテイタラク。
c0206047_19594585.jpg


この場所では可哀想ですね。来年は替えてやりましょう。
それにしても(この時に気がついたんですが)
ユーフォルビア・クラリスハワードって、強香なんですね!
でもあれ? もしかしてオーニソガラムも香ってたのかな?
[PR]
by r_gardenspace | 2010-04-27 20:10 | ガーデニング
<< 等伯展 顛末 春の花 と、虫達 >>