その後のサロモン(クレマチス)

ついこの間まで吹いてくる風の中に、梅の香りがあると喜んでいましたが、
最近は、沈丁花の爽やかな香りも混じり始めましたね!
我が家の植物たちも続々と新芽を吹き出し始めました。



その中でも、以前ここでアップしてその後の報告がまだだったものを。
クレマチス・サロモン
去年の10月に意を決して植え替えたものの、地植えは植え替え厳禁なクレマゆえ、
半分以上 復活は諦めていました。

が、幸いな事に、その後の様子を見ていると決して状態は悪くなく、
この分だといけるかな?と期待していたのです。
そして、ほぼ4ヵ月後の今日、何げに見てみると、こ〜んなに新芽が!
c0206047_21434139.jpg


他のどのクレマより、たくさん新芽が出ているといってもいいくらい!(喜)

地中からも続々とわき上がってくる模様(^^)
c0206047_21442738.jpg
赤くて分かりにくいですが
この中にもいくつもの新芽が(^^)
 〜っと、アレはカタバミの新芽かな?!


この調子だと、去年並み…いやもしかしたらそれ以上のお花が見られるかもしれません。



でもね、実を言うとこの冬、
もしかしたらもうお陀仏か?と思う事もあったんです。
1月の半ば、京都は一時とても寒い時期がありました。
そんな朝、いつものように鉢の様子を見に、庭に出ると…
おーまいがっ!
c0206047_21451471.jpg


中の水分が凍って(たぶん前から亀裂はあったと思う)
鉢が割れていたのです。
こんな寒い時期に植え替えを再度する訳にもいかず、
そのまま(割れた破片を元に戻し)一回り大きい鉢にすっぽり入れて、
割れた部分を押さえるような形にして(今も)しのいでいます(笑)
今ならもう植え替えしても良い時期だと思いますが、
ここまで新芽が出ていたらスケベ根性が出てきてしまいました。
一度花を見て、それから梅雨までの間には植え替えたいと思っています。




ところで、
今回のことで気を良くしたワタクシ、
もう一つ、日陰の身でツライ思いをしている子を植え替えようか?と
今、考え中です。
それは、大好きなロマンチカ。
株元日陰なのは良かったんですが、
傍の桂の木が大きくなりすぎて、延びて行きたい先までが日陰。
何年経っても大きな花を咲かせられないでいるのです。
といっても、サロモンと違って株自体が大きく育ってなくて、
体力なさそうなので、良い結果にはならないかもしれません。
やるとしても、暑い夏前は不利かもしれませんし…。
でも色彩に深みと陰影を与えてくれるクレマチス。なんとか復活させたいと思っています。
c0206047_21455953.jpg
これは4年前の花。
実際はもっと黒に近いですよね。
(この年はこんな色だったのか?)


[PR]
by r_gardenspace | 2010-03-05 21:51 | ガーデニング
<< その後のジャクリーヌ カン、働くんです >>