買い物 2


ガーデニングを趣味にしていると、季節の移り変わりに敏感になると同時に、
一年を通してやるべき事が多く、色々と計画をたてる必要が出てきます。

一定の時期にやるべき事があり、またその時期にしかできない事などもあります。
また、いつ肥料・水をやったか、剪定をいつしたか…などを覚えていて、
その後の作業を効率的に、また間違いの無いようにしないといけない、ということもあります。
そんな、自分の手で庭を管理する為に必要なのが、ガーデニング・ノートです。
私も初めのうちはノートなしでやっていたのですが、
前回肥料やってからもう数ヶ月。肥料切れしちゃって花も咲かない!…なんていう
失敗を繰り返すうち、いつからか作り出しました。
私が利用しているのは見開き一週間のダイアリー。
右のページにその時期のやるべき事を書き(「〜○月末までに」などと)、
そして、それを追いかけるように作業をこなしていきます。
終わった作業は、左のページの日付の部分に記録していきます。


いままでのを並べてみました。
最初の年は左の緑の。2001年でした。

c0206047_15739.jpg


いつもお正月のゆったりしたお昼に、色々な資料を参考にこれから一年の計画を練り、
ゆっくりと書き込んで行きます。こうなるであろう庭を頭の中で想像し…、
最も至福の時です。



ただ、
実際の作業となると、計画通りにはいきません。
春〜初夏まではたいがい楽しく、計画通りに進んで行きます。
が、梅雨のガーデニング閑休期を経て夏になるともう、暑さで外へ出る気もなくなって。
秋になり、ノートを再び開くとそこはできなかった作業のオンパレード。
庭はもちろん、忘れ去られたように草ボウボウ、管理人そのままの姿・・・008.gif
今年も「今年こそは!」とがんばりましたが、それでもノートの季節になかなか追いつけません。


毎年、この時期に新たな一冊を探す時、
来年こそは(自分自身が)変われるのではないか?との淡い期待が胸にあるのですが…

c0206047_1572946.jpg


いつもはもうちょっと早い時期に来年のダイアリーを買いに行くのですが、
今年は時期を逃し、ついでに寄ったD丸でやっと。
数が少なく、ムリヤリ決めたのがコレ。
表紙のエンブレムがイングリッシュ・ガーデンっぽい?(笑)
要は 中が使いやすそうか、
汚れた手で持つので表紙はビニールが○、
後は、値段(これ最も重要かも?)デス

[PR]
by r_gardenspace | 2009-11-29 15:08 | ガーデニング
<< 南京ハゼの実 買い物 1 >>