愛しのジャクリーヌ

新しくバラが届きました。
「ジャクリーヌ・デュ・プレ」
私のフェイバリット・ローズです。ずっと大事にしていたのですが、ここ数年元気がなくて。
良かれと思って植えた場所でしたが、年々、側の桂の木が大きくなり、
太陽の光を遮るようになってしまったのがその原因かと。
一昨年の冬、一大決心で南側に移植したのですが、以前ほどの元気はなく、
ほとんど返り咲きしてくれなくなってしまいました。
今年の夏、もうダメかもしれない…と思い、村田バラ園に注文したのです。

来てびっくり。なんと大きな箱!
c0206047_2311239.jpg


さすが村田さん、とても立派な苗!花も付いている!(二つも)
c0206047_23114169.jpg


c0206047_23135746.jpg


この後一回り大きな鉢に植え直したのですが…。
少し小さ過ぎたようで思った以上に水の乾きが早くて!冬の本格植え付けまで我慢してね。
今ある子はこの冬もう一度鉢に植え直して、じっくり養生してもらおうと思っています。


その子の以前の姿を。
c0206047_2301816.jpg


もともと大の白花好きですが、この子は特別。
蕾の時はバニラクリームのような色。開くとなんて印象的な蕊!全てが美しい。そして香り!
c0206047_22501030.jpg


他にはあまりないような香りではないかしら?爽やかで高貴な。
唯一残念なのは、直ぐに散ってしまう事。それも花付きの良さがカバーしていますが。
[PR]
by r_gardenspace | 2009-10-17 23:02 | ガーデニング
<< 日本伝統工芸展/祖母の大島 クレマチス「ジングル・ベル」 >>